なぜ韓国や朝鮮のサッカーはテコンドーサッカーになる?〜ファール多い〜

人間について

 俺はサッカーに対する興味を持っていないが、彼らの違反行為(テコンドー)は少し奇妙に見える。彼らの行為は借りたお金を返さないフィリピン人を想起させる。

 また、韓国や北朝鮮は国際条約すら守らないので、日本人は彼らを深く軽蔑してきた。

 なぜ朝鮮人はああなのか?

1:ルール(約束)の概念がない

 朝鮮人はルールの概念を認識できない。その結果、彼らのサッカーはテコンドーになる。

1:真理や事実の主張はしばしば契約違反になる。

 彼らは彼ら自身が真理を主張していると錯覚している。彼らが取り決め(ルール)や約束を破る時、彼らはその理由ややむにやまれぬ事情を必死で説明しようとする。だから、俺らは彼らと会話できない。

彼らは真理を常に主張しようとする。彼らは義務に従って動かない。その結果、彼らは日本人から借りたお金を返してこなかった。彼らは人間社会が取り決めに従って動いてきたことを認識できない。

たとえ彼らが真理を私たちに主張するとしても、私たちとの約束は破棄されない

 食事は食事の作法に従って進む。会話は会話の作法に従って。これは運動競技も同様である。商いも同様である。商業的な契約に従って進む。自然界は自然のお作法に従って進む。人間社会も法律というお作法に従って進む。

2:類似例はフィリピン人と日本人の知の肉便器

 フィリピン人もジャップの知の肉便器も借りたお金を返さない。なぜなら、彼らはルールの概念を認識できない。彼らは義務の概念を認識できない。

「日本人はお金持ち(だから、借りたお金を返さなくともいいでしょ)」

 「雑用が忙しかった」

「文部科学省の政策のせいで、お金が足りなくなった。」

 フィリピン人やジャップの知の肉便器はこの種のごまかしを繰り返す。なぜなら、彼らもまたルールの概念を認識できない。

2:解決案 

 さて、俺は解決案を提示しよう。

1:取り決め優先を重視させよ。

取り決め優先定理

 もし事実及び真理と契約が存在するならば、契約に沿った行為が常に優先される。

2:罰や軍事能力の重要性を認識せよ

 朝鮮人が約束を守らないのは、彼らに対する罰が不足している。朝鮮人は罰を受けないと、彼らは学ばないように見える。彼らは衝動的であり、批判されると、彼らは感情の制御能力を失う。

 フィリピン人もジャップの知の肉便器も罰を受けないと高をくくっているので、彼らはいつまでもゴネようとする。この行為の意味は彼らは許しを乞うて安心感を得たいである。

 この種の行為は罰や軍事能力によってのみ解決されるだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました