日本人に信仰の自由は必要であるか

大和民族について
ビゴー wikipedia

 日本人と信仰の自由:日本人には、信仰の自由は不要である。

 日本人(大和民族)のごく一部はキリスト教徒やユダヤ教徒やイスラム教徒やモルモン教徒である。しかし、彼らに対する日本人や東洋人の違和感が長く存在してきた。

なぜ彼らはその種の宗教を好むのか。なぜなら、彼らの顔のデザインが悪いからでは?これがその違和感の本質である。要するに、彼らは「ファッション」でやっているように見える。多くの日本人は彼らから宗教的な「真剣さ」を感じ取ってこなかった。

フィリピン人のように、白人気分を味わいたいだけなのでは。要するに、彼らはイケメンの白人気分やイケメンのアラブ人気分やその他の優越感を味わいたい。だから、彼らはその種の宗教を信仰してきた「ふり」をしてきた。彼らの宗教はコーカサス人種や白人小人種に密接に関係してきたように見える。

俺は宗教的な真剣さをモンゴロイド人種の中に見いだすことができない。

 日本人の本音:日本人はキリスト教やユダヤ教やイスラム教を悪用して、イケメン気分を味わいたい。彼らにとっての宗教とはその程度である。己の不細工さから逃避のために、彼らは信仰を持ってきた。

次の例を例示しよう。

現在、西洋文明は没落しつつある。その時、白人種は彼らの心の中でこう感じるだろう。

我々白人種はキリスト教やユダヤ教をこのまま信仰し続けるべきなのか。それとも、白人種は白人種の保護を優先すべきなのか?

たとえ白人が彼らの宗教をやめたとしても、君らは信仰を維持し続けることができる?彼らが彼らの宗教をやめる、または新しい宗教を作り上げる時、君らは彼らと対峙しなければいけない。彼らは君らを虐殺するかもしれない。その時、君らは彼らと対峙できるのか。彼らと戦えるのか。

もしできるならば、信仰の自由は君らにとって必要である。しかし、俺はそう思わない。俺は信仰に対する彼らの真剣さを見いだすことができない。

彼らが彼らの宗教をやめて新たな宗教を作り上げる時、彼らはその新宗教を信じようとするだろう。なぜなら、彼らは白人になりたい。だって、不細工。彼らは白人気分を味わいたい。だって、不細工。なぜなら、彼らは白人によって嫌われるのが怖い。なぜなら、、、

 日本人の大部分は白人種やその他のコーカサス人種の宗教に無知である。したがって、彼らはそれらを書籍で学ぶことができる。俺は以下の書籍をおすすめる。

プロテスタンティズム 宗教改革から現代政治まで【電子書籍】[ 深井智朗 ]
イスラム教の論理 (新潮新書) [ 飯山 陽 ]
イスラム教の論理(新潮新書)【電子書籍】[ 飯山陽 ]

 俺は上記の速報(ニュース)を見た時、大笑いした。彼の行動はまさに宗教的な「ファッション」である。彼の行動は実に「日本人らしい」。この種の「ファッション性」は宗教だけでなく科学や数学や歴史や民主制度にも散見される。彼らの行動を真剣に受け取る事それ自体が馬鹿馬鹿しい。

ちなみに、俺は上記の書籍「プロテスタンティズム」を真面目におすすめする。この書籍は俺にとって非常に興味深かった。

 信仰の自由の条件:信仰の自由が認められる条件は以下である。

 1:信仰が人種に無関係である。

 2:自由を人間の本質と認識するか

 信仰の自由は西洋由来である。なぜなら、西洋は自由を人間の本質としてきた。一方、イスラム教は人間の本質を神への服従と認識するので、彼らは信仰の自由の自由をまったく解さない。別に、彼らが悪いわけでない。

タイトルとURLをコピーしました