報道の自由と学問の自由は必要であるか

制度
https://geinoutime.com/arakiyuko-koufukunokagaku-kareshi-keiou-6332 新木優子

 回答

答えはいいえ。それらはもはや不要である。

 現在、西洋文明はひどい勢いで衰退している。俺の印象によると、白人種も欧州も、そしてアメリカも滅亡するだろう。その結果、学問の自由や報道の自由の概念は見直されるだろう。

 そのとき、東洋人は報道の自由や学問の自由を見直さなければいけない。

0:報道の自由や学問の自由の自由とは何であるか?

 報道の自由や学問の自由の自由とはそもそも何であるか?君がそれを見直す前に、君はまず初めに自由の意味を振り返ろう。日本人の知の肉便器を見るとわかるように、彼らは自由の意味を理解していないので、彼らにとっての自由とは単なる白人ごっこや白人気取りの延長戦でしかない。

1:西洋人は自由を人間の本質とみなした。

 西側の白人が自由を重視するのはそれが人間の本質であった。西洋人とっての自由とは菊池誠や日本人の知の肉便器が唱えるようなファッションや白人気分でない。イスラム教徒のコーカソイド人種が

 人間の本質とは奴隷と人間や家畜と人間、胎児と人間を区別するものであった。だから、もしある対象が人間の本質xを持たないならば、たとえ君がその対象を破壊するとしても、その行為は殺人行為にならない。なぜなら、その対象は人間の本質xを持たないので、その人間は人間でない。

 西洋人にとって、自由が重要であったのはそれが人間の本質を意味するからである。

1:報道の自由や学問の自由に関する問題点

 人々の一部はマスゴミや知のキャバクラを強く批判してきた。その批判は的確であった。しかし、そもそも報道の自由や学問の自由が間違っているように見える。正しく批判するという行為それ自体が時間の無駄である。

 制度的な問題と心理的な問題が存在する。

1:媒介や依存者には、自由は不要である。

 彼らは政府や法律の保護を受けながら、彼らは政府と戦っている。彼らは政府に依存しながら説教をかます。また、彼らは依存してきたので、何かあると被害者ぶる。

2:マスゴミや学問的シャーマンは白人との対峙を恐れる。

 彼ら白人との意見対立を嫌がる。その結果、彼らの速報の程度は低くなり、5chやまとめサイトが繁栄する。

上記の理由から、21世におけるアジア地域にはそれらの種類の自由は不要である。以下でその詳細をみよう。

2:媒介者や依存者に自由は必要無い

 そもそも、媒介者や依存者には、自由は不要である。もし俺らの両手が自由意志を持ち勝手に動くならば、その状態は深刻で解決すべき病気である。無職のおっさんが家庭に関する主導権を彼の両親から奪えば、家庭は確実に崩壊する。

 媒介者とは、お金、言語、学問や教育、報道、出産能力、両手、紹介業、流通、交換業、ミツバチ、その他。

 依存者とは、子供、老人、日本人の学者、拉致問題を解決しない朝鮮民族の日本国民、なぜか被害者ぶる中間種(特に、西側の白人との中間種は大和民族を含む色付きに対して加害者側であって被害者で無い。彼らは白人との共犯者であった)、多重国籍者。彼らは大局的に自立できない。依存者である。

 媒介者や依存者が権力を持つと、社会の維持能力が低下して、社会が滅びるだろう。なぜなら、彼らは社会を維持しない。等速直線運動は人間社会では成立しない。維持の重要性が軽視される。これは資本主義社会でも同様である。企業は生産者であり、金融は媒介かつ依存者である。彼らは維持者で無い。

3:対峙を恐れる人々に自由は必要ない

 対峙を恐れる人々に自由は必要ない。彼らは外国人特に西側の白人との対峙を恐れるので、反論してこない日本人や日本国の政治家ばかりを批判してきた。これもまた、無職のおっさんが彼の両親ばかりを批判する事に似ている。無職のおっさんはご近所さんを直接的に批判しない。

 たとえ自由が与えられたとしても、彼らは不安をまず始めに回避しようとする。彼らは白人に媚びへつらい「多様性は素晴らしい」と言う。アメリカ大陸における多様性は我々モンゴロイド人種の虐殺の結果であるので、モンゴロイド人種はそれを賛美すべきでない。彼らは彼ら自身の歴史を語れない。白人と対峙するのが怖いから。これが自由の結果である。

 さらに悪い事に、彼らは白人の価値観や意見を以って説教や馬乗り(マウント)してくる。なぜなら、

 ・西側の白人の価値観を以って、他の色付きよりも優位に立ちたい。 

 ・架空の白人の口を借りれば、彼らはその発言の責任を白人に押し付けれる。彼らは発言の責任を取りたくない。これも自由の結果である。

 日本国において、5chやまとめサイトが影響力をもつのは当然である。メディアや学問的シャーマンは色付きの政治や歴史を西側の白人視点で語ってきた。明治維新後の日本国の町のデザインみたいな顔で。その顔で白人視点っておかしくない?

 俺らは白人種でない。たとえ俺らが自由を彼らに与えても、彼らは真っ先に彼らが不安を回避できるような定位置(ポジション)に立とうとする。その定位置とは、大和民族に依存しつつ白人の意見をしゃべることである。

 彼らは西側の白人と一緒になって、日本人の日本国民を侮辱する。これが知的な土人による不安という問題の解決方法である。

 朝鮮人の韓国国民も韓国政府と連動して福島県民を侮辱してきた。菊池は合理主義を認識できない未開人であるので、他人を怒らせないように振る舞う。しかし、それは解決案でない。日本人の知の肉便器は彼ら自身が他人と対峙しないように、相手を怒らせないように、

3 『解決案 条件を設定せよ』

 ⇆『詳細は後日

 1 依存者と媒介者に自由を与えるな。義務を与えよ。

 2 大局的な自立を促せ。大局的に自立できない人々は自由を持つな。

 3 対峙者たれ。自己認識の形成者であれ。

 4 社会の維持層を重視せよ。中流層を維持者と呼べ。

 5 エックスサーバー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトルとURLをコピーしました