阿片戦争の本当の意味〜白人種の知性とは〜

歴史
橋本マナミ インスタグラム

アヘン戦争では、イギリス人は阿片を中国人に売りつけた。その結果、中国人は阿片漬けになって、社会秩序が崩壊した。イギリス人はお金を儲けた。一部の東洋人はこのように考えてきた。

イギリス人は極悪非道である。イギリス人は鬼畜であった。中国人はかわいそうであった。東洋人は白人によって苦しめられてきた。

この考えは間違いでない。しかし、アヘン戦争における東洋人に対する白人の考えが明らかにされていない。この信仰的場で、それを明らかにしよう。

1:東洋人に対する白人の見方〜農業から見よう〜

1-1:東洋人は人間でなく微生物〜家畜以下〜

農業と投資は似ている。土地がありその上に作物(商品)がある。作物が成長する条件がある。作物は微生物(東洋人)の働きによって製造される。作物が製造された後、人々は作物を道具(軍事)で刈り取る。

微生物は東洋人である。作物は商品である。作物の原料は商品の原料である。車では、それは金属類である。そして、作物を刈り取る道具は軍事である。

白人にとって、東洋人とは植物を製造するための微生物と同じである。微生物は家畜よりも下等な存在である。

「日本人の平均水準は高い。」

「日本人は「労働資源」として優秀である。」

一部の白人は日本人をこう評する。日本人や東洋人は人間であり資源でない。資源は家畜や微生物よりも下等である。資源は単なる物体でしかない。

1-2:白人はトヨタ社員をこう見る

要するに、白人はトヨタ車やトヨタ社員をこう見る。

トヨタ車は作物でありトヨタ社員はその作物を作るための微生物である。トヨタ社員は人間でない。彼らは単なる微生物である。だから、彼らは白人様によって所有される。

日本人の大部分は人間の意味や株式の「意味」を理解できない。色付きが会社は株主の所有物という時、白人は爆笑しているのでは。

彼らはキッズアイドルと同じである。彼らは「歴史の意味」や「家畜の意味」や「奴隷の意味」や「所有の意味」を認識できない。

日本人は白人がトヨタの株を持つことの意味を理解できない。

2:では、なぜ白人は家畜と取引するか。

もし東洋人が家畜であるならば、なぜ彼らは家畜と取引して貿易するか。なぜ白人はお金を人間でない東洋人に流すのか。(current?させるのか)

この行為はおかしいのでは。もし東洋人がお金を持つならば、白人は東洋人を人間と認めたことになるのでは。

一部の人間はこう考えるかも。しかし、この考えもまた間違い。実際、彼らはこう考える。

その答えはこうである。

東洋人は歩く畑や貯蔵庫と同じである。リスは蓄えを地面に隠す。地面の中に埋める。同様に、白人は彼らの金を東洋人の中に埋める。

適切な時期が来る時、リスはその蓄えを掘り出す。同様に、適切な時期が来る時、白人も歩く畑に埋めた金銭を取り出す。必要ならば、軍事能力で。

保険と同じ。富を分散させる時、富の損失可能性が減少する。

白人様
白人様

白人は日本人や東洋人を人間とみなさない。しかし、日本人はこの意味を認識できない。俺がこれを何回も繰り返しても、彼らはわからない。まるでキッズアイドルのように。

3:白人の法律観〜ジャップは永遠にわからない〜

日本人の学問的シャーマンや法律の運用者は法律の意味を理解できない。彼らはそれを「真理」とみなしてきた。しかし、それは正当な認識できない。

法律は他人を束縛するものである。法律は富を奪うためのもの。法律は破壊を正当化するものである。

3-1:法律が何が人間かを決定する。

白人は正しさをこう考える。制定された法律と行為との照合が白人にとっての正しさである。だから、もし東洋人は法律上人間でないならば、白人は彼らの肉体を武器によって耕す。そして、彼らは富を奪う。

当然、この行為は殺人行為でない。なぜなら、東洋人は人間でない。だから、白人によるこの行為は正当である。彼らは法律をこう考える。

3-2:法律の制定までの流れ

・土地を用意する。土地の上に材料を置く。

・材料から商品を自動的に製造する製造者を置く

・商品が製造される条件を整える。

・製造者が商品を自動的に製造する。

・製造後、白人は製造者が製造した商品を奪う。

・もし製造者が人間であるならば、奪う時に、殺人行為が発生するかも。そのとき、殺人罪が適用される。これは問題である。

・法律上で製造者は人間とみなされないとする。

・強奪が可能になる。

以上が法律の本当の使い方である。

でんぴょん

https://oreranitsuite.com/2019/04/12/英国における純粋な知的好奇心はその植物園(キ/

広告

アイキャッチ画像の女性の名前は橋本マナミである。以下の書籍で、君は彼女と出会えるだろう。

橋本マナミ写真集『あいのしずく』【電子書籍】[ 橋本マナミ ]

タイトルとURLをコピーしました