シュメル人やフェニキア人の人種は何であった?

歴史
https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0726e13175/

 日本人の一部はシュメル人の人種やフェニキア人の人種を知りたい。電網上には、彼らの人種に関する情報は豊富に存在してこなかった。ここで、俺はそれを「憶測する」。

0:君との前提

 ホモサピエンスの分類:主要なホモサピエンスは次のように分類される。

  1. コーカサス大人種(中東小人種、地中海小人種、白(欧州)小人種)
  2. モンゴロイド大人種(東洋小人種、東南アジア小人種、アメリカ小人種)
  3. サブサハラ大人種(西サブサハラ小人種、中部サブサハラ小人種、東サブサハラ小人種)

 ホモサピエンスの分析法:ホモサピエンスの分類は大局から局所へと分類する(君はこれを大局的把握法と便宜的に呼ぶ)。

 白人種は人間を局所から大局へと分類する。その結果、彼らはシュメル人やフェニキア人の立ち位置を把握できてこなかった。そこで、東洋人は人間を大局から局所へと捉える。

君がシュメル人やフェニキア人を捉えるとき、君は次のように思考する。

ホモ・サピエンス→コーカサス人種またはモンゴロイド人種またネグロイド人種、またはその他→白人種や地中海人種や中東人種→イギリス民族→アイルランド人。

白人種の思考は局所から大局であるので、彼らはいつまでもフェニキア人が誰であるか、シュメル人が誰であるかを把握できない。

1:シュメル人

 シュメル人の人種:シュメル人の人種は不明である。

 これは不明である。コーカサス人種(中東人種か地中海人種)や南インド人っぽい人種や未知の人種であったかも。南方の人間はより文明的である。北方の人間は軍事的により強く、皇帝や王様にふさわしい。シュメル人は中東「文明」の創造に深く貢献した。この過去の事実から、俺は彼らは南方の人間であったかもと憶測してきた。

 経験則:南方の人間は商業と文明に強い。北方の民は製造と軍事に強い。だから、もしxが商業や文明に強い民であるならば、xは南方の人間である。

 シュメル人は商業や文明に強かった。上記の経験則を用いるとき、君はシュメル人を南方の人間と見なせる。では、南方の人間でかつ高い知能指数を持った人間は誰であったか?

その候補は「南インド人(彼らはコーカサス人種でない)」か「南方の東洋人(シュメル人のモンゴロイド人種説)」である。俺はシュメル人を個人的に南インド人と憶測してきた。

実際、大陸東洋人も福建省出身者は商売上手であり、高い言語能力を持ち、テレンス・タオのような学者が排出される。しかし、彼らは軍事的に弱小であるので、彼らは鮮卑やモンゴル人に敗北してきた。

2:フェニキア人

 フェニキア人の人種:フェニキアの人種は中東人種か地中海人種である(またはその混血)。

 アナトリア半島から南下してきた地中海人種、または北上した中東人種。当然、その中間種の可能性もあったかも。俺はフェニキア人をコーカサス人種と推測する。

ただし、彼らは白人種でなかったはず。彼らはゴーン社長のような容姿をもっていたかも。ローマ人もトルコ人もギリシア人も同じ地中海人種である。

フェニキア人の文化的性質は商売上手と文明(アルファベット)であった。上記の経験則を適用すると、彼らは南方のコーカサス人種であったはず。一方、ヒッタイト人は鉄器を作成したが、この行為は製造行為であった。

 この事実はヒッタイトが北方のコーカサス人種(地中海人種)であったことを暗示する。一方、フェニキア人は商売上手であったので、この事実は南方の性質であった。

3:なぜ彼らの人種が重要であるか

 人種の重要:インド・ヨーロッパ語族は主語を認識できない。一方、東洋人は主語を正確に認識できる。歴史における主語の記述は東洋人の役目である。

 なぜなら、インドヨーロッパ語族は主語に弱く、動詞に強い。彼らの歴史は主語が狂った歴史である。彼らの歴史は真実でない。

一方、東洋人は主語に対する高い認識能力を持つ。歴史に関する情報製造において、東洋人は主導権を握ることができる。東洋人は歴史に関するより正確な情報を製造できるだろう。

タイトルとURLをコピーしました