なぜドイツはシリア難民を受け入れたか

人間について
https://www.rakuten.co.jp

 2015年、ドイツはシリア難民を衝動的に受け入れた。日本国、特に電網上の日本人はこれに驚いた。日本人の一部は彼らを馬鹿にした。

なぜドイツはシリア難民を受け入れたのか。この信仰の場では、生物的な理由と宗教的な理由から、ドイツによるシリア難民の受け入れについて述べよう。

生物学的な理由とは、ドイツ人の危機察知能力の欠如である。一方、宗教的な理由とはキリスト教的な理由である。

1:生物学的な理由

1:危機察知能力の欠如

 白人、特にドイツ人は危機察知能力を持っていない。だから、彼らはシリア難民を受け入れた。彼らはその結果、ドイツがどうなるかを予想できなかった。ドイツ人は高い未来予想能力や危機察知能力を持っていない。

2 衝動性

 ドイツ人は衝動的である。だから、彼らは衝動的にシリア難民を受け入れた。彼らは将来を考えずに、彼らはなんの計画性もなくシリア難民を受け入れた。

3 文字や音声に弱い。

 ドイツ人は文字や音声に弱い。そのため、彼らはプロパガンダに弱い。シリア難民の受け入れでは、マスメディアは重要な役割を演じた。

なぜなら、ドイツ人は音声や文字をそのまま受け取る。このプロパガンダへの弱さはナチスや共産主義にはまることにつながる。

他者が製造する文字や音声は地面の上の地雷に似ている。正常な人はなぜその地雷はそこに置かれたのかを考える。それに対して、ドイツ人は地雷の仕組みを調べようとする。

地雷がcoherent整合性を持つとき、彼らはそれに納得する。太陽の運動には、意志が存在しないが、俺らは人間の行為の中に意志、ときに悪意を見出す。しかし、ドイツ人は太陽の運動も人間による文字の製造も同じ現象として認識?する。

2:宗教的な理由

 日本人は猿と同じで、宗教を認識できない。彼らは豊富な知識を持つが、彼らは宗教の意味を把握できない。その結果、彼らはドイツの行為のほとんどがキリスト教の精神に基づいていることを認識できない。

そのため、日本人は意味もわからず、白人の物真似をしようとしてきた。以下で、俺はドイツの行為を憶測する。俺は宗教的な知識を持っていないが、意味を憶測できる。

人道

 ドイツが難民を受け入れるのはキリスト教における人道的な理由である。

寛容

 ドイツ人が難民を批判しないのはキリスト教的な寛容である。

死生観の違い

 ドイツ人は東洋人と異なる死生観を持つ。俺が彼らを見た後、俺はドイツ人は彼らの子孫のことを考えないのかと感じた。おそらく、ドイツ人は死んだら天国に行けるので、現世で良いことをして、天国に行きたいと考えた。

だから、彼らはシリア難民を受け入れた。たとえそれがドイツ人や彼らの子孫を苦しめるとしても、彼らは天国へと行ければ良いので、彼らは何も気にしない。

3 白人は歴史よりも宗教を優先する

 人道や人権や寛容や多様性や共生はキリスト教の概念である。彼らは宗教に非常に忠実であってきた。彼らは宗教書に書かれている文字をそのまま受け取る。

そして、彼らはその通りに行動しようとする。おそらく、ドイツ人はキリスト教の精神に従ってシリア難民を受け入れた。そのあと、一部の日本人はこう発言しただろう。

「ローマ帝国はゲルマン人によって滅ぼされた。なぜドイツ人は難民を受け入れたのか。彼らは自殺願望があるのか。彼らは馬鹿なのか。」

 ドイツ人は馬鹿でない。彼らは宗教に忠実であり、彼らはキリスト教の精神によって動いただけである。彼らは歴史原則でなく宗教原理によって動く。なぜ東洋人は難民の受け入れに違和感を抱いたのか。

なぜなら、東洋人は高い危機察知能力を持ち、原則を重視する。それに対して、ドイツ人は高い危機察知能力を持たず、彼らは宗教原理によって動く。

誘導

 おそらく、欧州は滅亡するだろう。欧州なき北米も存在しない。なぜなら、西洋文明の中心は欧州であり、北米でない。北米は欧州の発展者であるが、西洋文明の創造者でない。北米からは、ニュートンもアインシュタインもガリレオもジョンロックもうまれてこなかった。

ドイツによるシリア難民の受け入れは欧州史だけでなく世界史に残り続けるだろう出来事である。もし君が以下の書籍を読むならば、君は歴史の証人になる。君は歴史の傍観者でなく、主人である。

もし君がメルケルの宗教的な心理を知りたいならば、君は上記の書籍を購入できる。左の書籍は宗教的な書籍である。右の書籍は日本人から見たドイツの問題である。

タイトルとURLをコピーしました