女に国籍や選挙権は必要か

もし女性が女性が男性によって差別されてきたと審判するならば、女性は選挙権や国籍を持つべきでない。女性は男女平等を求めてきたが、彼女らはなぜか女性の大局的な自立を求めてこなかった。これは卑怯であり、この卑怯さは悪い。

1:実際、男性は女性を必要としない。

1:人工子宮はいつか。

もし人工子宮が達成されるならば、男性は女性を必要としない。実際、女性の大部分は足でまといであるので、女性が明日滅ぶとしても、男性はこまらない。しかし、女性は出産機能を担うので、女性は男性にとって必要である。

人工子宮が完成されるだろうその後、男性と女性の本格的な自立が達成されるだろう。これは男性にとっても女性にとっても非常に素晴らしい。なぜなら、女性は男性によってもはや差別されない。

2:女性と男性が同じ国民である利益は存在するか。

おそらく、その利益はない。女性は女性のための国家を作り、女性のための国籍を想像すれば良い。男性にとっても女性だけの国家は素晴らしい。

女性は男性がつくりあげてきた国民や国籍に依存してきた。にもかかわらず、彼女らはその依存を差別と審判した。男性と女性とでは、審判の方法が異なる。

2:女性だけの街や国家を作れば良い。

1:差別?じゃあ、自分で国家を作りなよ。

もし女性が男性によって差別されてきたならば、女性は女性自身の国家を作れば良い。彼女らはそれを絶対に試みない。なぜなら、女性は日本人の学問的シャーマンと同じであり、男性が作った社会や文明に乞食したい。

彼女らは乞食して損害を他者に与えてきたにも関わらず、彼女らは被害者ぶり。彼女らは被害者でなく明確な加害者である。彼女らの認識能力の欠如のために、彼女らはそれを認識できない。

2:女性解放?

女性は家庭に縛り付けられてきたらしい。だから、女性は被害者であった。女性は男性によって差別されてきた。

もしこの種の妄想が本当であるならば、女性は独立する。女性は女性解放を求めるのではなく、女性の大局的な独立を求めれば良い。彼女らはそれに賛成しない。

なぜなら、この種の女性は本音では男性に甘えたい。男性が社会を維持して文明を作って欲しい。依存の中での与えた女性解放。

3:女性の本音

1:男性に依存したい

男性が社会や国家や文明を作り、会社を作って欲しい。女性は後からそこに入ってきて平等を求める。もし平等が達成されないならば、それは差別で、私たちは常に被害者。

もしフィリピン人男性がこの種の行為を繰り返すならば、彼らはたかり行為に関して虐殺される。しかし、女性は甘やかされてきたので、この種の行為が許されている。彼女らはこの種の単純なことすら認識できない。

2:愛情を確認したい。不安は嫌。

彼女らにとって、平等とは愛情の確認である。その種の男女平等は永遠に達成されないだろう。なぜなら、彼女らは愛情を確認し続けたい。

4:解決案

1:男女の大局的な自立

もし女性が差別されたと主張するならば、女性はいますぐにでも大局的に自立する。女性の大局的な自立はすべての男性によって歓迎されるだろう。なぜなら、男性は女性のうんこの後始末をする必要がない。

2:国籍や選挙権を分ける。

男性と女性が同じ選挙権や国民である必要はない。女性は女性用国民、男性は男性用国民であれば良い。実際、男性は女性が同じ国民であることに価値を感じない。

彼女らはボケ老人や中年のおじさん無職と同じである。彼らの両親は彼らが家庭にいることをよしとしない。彼らは家庭からの独立を求める。

広告

君がアイキャッチの女性と以下で会えるだろう。

 グーペ

BD>清瀬汐希:Love me (<ブルーレイディスク>) [ 清瀬汐希 ]

タイトルとURLをコピーしました