なぜメルケルはシリア難民を受け入れたか〜ドイツの難民危機〜

広告

難民危機の前、メルケルは難民の受け入れに反対していた。しかし、ドイツのメディアが波打ちぎわに捨てられた子供の死体を報道した後、彼女はシリア難民を受け入れた。なぜ彼女は難民を受け入れる決断を下したか。

広告

1:メルケルはドイツ人でなくポーランド人

メルケルはポーランド人のドイツ国民である。だから、彼女はドイツに過剰適応した。彼女はドイツ人よりもドイツ的であろうとした。

この種の現象は比較的散見される。中間種や移民の一部、例えばインド人のイギリス国民はイギリス人のイギリス国民よりもイギリス的であろうとする。これは過剰適応と呼ばれる。

メルケルは非常に真面目な女性であった。だから、彼女も過剰にドイツ的であろうとした。それが裏目にでた。

2:嫌われるのが怖かった

彼女はドイツ人でないので、彼女はドイツ人に嫌われることを恐れた。だから、彼女は難民に受け入れに反対していたのに、彼女は難民の受け入れを決定した。この種の心理は実に女性的である。

メルケルの役割はドイツ国民の統治であり、ドイツ人の言うことに従うことでない。しかし、彼女はドイツ人に嫌われるという不安を回避しようとした。だから、彼女はドイツ人の動物的衝動に従った。

この種の現象は日本人女性や中間種や日本人の学者やメディアにも見られる。彼らは白人に嫌われることを恐れるので、白人と対峙せずに白人に都合の良い歴史や意見を述べようとしてきた。メルケルの心理もこれにそっくり。

日本猿
日本猿

俺は東洋人であるので、メルケルの気持ちを察する。痛いほどわかる。彼女はスラブ民族。ドイツ人とスラブ民族との関係は白人と色つきの関係ににている。

3:真面目すぎ

メルケルの本性は臆病で非常に真面目である。彼女は落ち着いているように見えるが、それは表面的なもの。彼女はよきキリスト教徒、よきドイツ国民であろうとした。そして、彼女は民主制度をドイツ国民の誰よりも愛した。

だから、真面目な彼女はドイツ人の声を聞いた。彼女の行為は異民族の悲哀を連想させる。たとえ彼女がドイツ人の声に従うとしても、ドイツ人はその恩を返さない。彼らはメルケルをひどく憎むだろう。

もし彼女がドイツ人のためを本当に考えていたならば、彼女は難民を一切受け入れるべきでなかった。その場合、ドイツ人はメルケルを非人道的であると批判しただろう。彼女はそれに耐えるべきであったが、彼女は嫌われる不安を恐れてしまった。

広告〜ドイツリスク〜

ドイツはおそらく爆発するか、滅亡するだろう。以下の書籍にはその理由が凝縮されている。三好はどんな日本人のドイツ研究者よりもドイツ人の性質を捉えている。

エックスサーバーグーペ

ドイツリスク 「夢見る政治」が引き起こす混乱 (光文社新書) [ 三好範英 ]ドイツリスク~「夢見る政治」が引き起こす混乱~【電子書籍】[ 三好範英 ]

でんぴょん

https://oreranitsuite.com/2019/06/10/なぜドイツはシリア難民を受け入れたか/

タイトルとURLをコピーしました