高瀬慶rikuoharuo Mark Waterman は神を本当に信じてるか

大和民族
https://en.wikipedia.org/wiki/Bernie_Sanders
広告

高瀬の別名はmark watermanである。彼は白人でなく東洋人である。彼のブログによると、彼はユダヤ教徒の東洋人であるらしい(珍しい!)。

俺はキリスト教徒やユダヤ教徒やイスラム教の東洋人や彼らとの中間種を見るとき、強烈な違和感を覚える。その違和感とは、彼らは神を本当に信じているのか、である。彼は「神」でなく、キリスト教徒の「白人」やユダヤ教徒の「白人」を信じているように思える。

彼の人種はアメリカ先住民と同じモンゴロイド人種である。俺が彼らを見る時、スペイン人を白い神を崇拝した馬鹿者を連想させる。彼らが宗教を信じたふりをするのは、彼らが白人になりたいだけでは?

https://oreranitsuite.com/2019/06/18/小柳敦史と深井智朗カール・レーフラー〜キリス/

広告

1:たとえユダヤ教徒の白人がユダヤ教徒であることをやめても、高瀬はユダヤ教徒であり続けるだろうか?

1-1:彼らの人種は白人種⊂コーカサス人種

ユダヤ教徒の白人の人種は白人種である。すくなくとも、彼らはモンゴロイド人種やサブサハラ人種でなく、コーカサス人種である。コーカサス人種、特に白人種は主語に対する鋭敏な感覚を持たない、または人工的な何か(宗教や言語)が生物的な事実を超越してしまうので、ユダヤ教徒の白人は白人種とみなされてこなかったように思える。

さらに、白人種は生物的な事実(人種や民族や性別)と人工的な概念(宗教、国民、職業)を区別できないので、〜教徒であることが人種的何かであると認識?されてきた。俺の憶測によると、高瀬は東洋小人種⊂モンゴロイド大人種であるので、彼らが白人であるという事実を「認識」している。

イスラエルは「ユダヤ教徒」のための宗教国家であり、ユダヤ教徒の「白人」のための国家でない。なぜなら、白人種があの緯度にいることは不自然である。白人種の思考形式は対象のみに注目する分析的思考であり、対象それ自体と土地との関係を考える関係的思考でないので、あの種の不自然な人工国家が生成される。

高瀬は白人種がアメリカ大陸や中東にいることは自然でないとわかっているように思える。その不自然さはホッキョクグマがインド大陸にいる不自然さである。しかし、白人種はその不自然さを認識できないので、アメリカやイスラエルのような非常に白人的な人工国家が生まれる。

1-2:西洋文明の衰退後

俺が欧州の没落を見るとき、俺は欧州も北米もローマやギリシアのように消失するだろうと予想した。ユダヤ教徒の白人の人種はあくまでも白人種である。だから、彼らは次の自由な選択に悩むだろう。

  1. 白人種を優先する
  2. 宗教を優先する

もし彼らが1を選択するならば、高瀬は彼らと人種的に対峙しなければいけない。彼はその勇気を持っているのか、俺はそう思わない。彼が最も恐れることは神との契約に関するものでなく、白人種との真剣な対峙である。

たとえ彼らが2を優先するとしても、彼らは長期的に滅亡するだろう。なぜなら、彼らの優秀さは人種的なものであり、彼らが白人種であることからきている。白人種は人工と自然を区別できない、かつ彼らの順序の概念は希薄であるので、彼らは初めに生物的な基盤があり、次に人工的な基盤が存在することをいまいち認識できないように思える。

1-3:たとえ彼らの肌の色が黒人になっても、、、

たとえユダヤ教徒の白人の人種が変わってサブサハラ人種になるとしても、高瀬はユダヤ教の神を信じ続けることができるだろうか。俺はそう思わない。この種の違和感はキリスト教徒やイスラム教徒の東洋人にも感じる。

フィリピン人は彼ら自身をスペイン系を呼び、東洋人を見下す。また、フィリピン人はキリスト教徒を名乗り、無宗教の東洋人を見下す。なぜなら、彼らは白人に遺伝的に文化的に近いことを誇る。

俺が高瀬を見るとき、フィリピン人のこの種の行為に対する違和感に似たものを覚える。宗教の背後に隠された人種的な不純さは白人の夫や白人ハーフの子供を求める日本人女性を連想させる。日本人女性が実は白人好きでない(注1)ように、高瀬もユダヤ教それ自体を好んでないように思える。

注1:日本人女性は白人好きでない。彼女らは白人の夫や中間種の子供を見せびらかしたいだけである。もし日本人女性が白人を本当に好むならば、彼女らは白人種を交雑させるべきでなく、白人の遺伝子の保護に努めるべきである。

2:学問やっても、白人にはなれない

2-1:大栗博司との共通点

高瀬の心理は物理学者大栗博司に似ている。大栗は深刻な白人コンプレックスであり続けてきた。だから、大栗は科学を通じてイケメン白人との一体感を感じたかった。

高瀬もこれに似ている。彼もまた宗教を通じて白人との一体感を感じたかったように思える。高瀬も大栗も彼らの自尊心や生に対する真剣さを持っていない。

彼女の1/4は朝鮮人であるが、彼女も日本人の本質を的確に見抜いているように思える。

さて、上記のつぶやきを解釈しよう。問題とは何か、その問題の解決法とは何か。

  • 彼らの問題:高瀬や大栗が白人でなく、彼らの容姿が醜いことである。
  • 彼らの問題の解決法:学問や白人の宗教をやる。

2-2:彼がすべきこと

彼は彼の宗教を止める必要がないが、彼は彼の肉体のデザインを彼の意志で整えるべき。彼の問題のすべては彼が彼自身を醜いとみなすことからきている。神との契約は白人コンプを解消するための道具でなく、それは非常に真剣なものである。

  • 人間の本質は肉体のデザインでないと認識せよ
  • 人間は肉体のデザインを長期的に変更できるので、白人ごっこは不要
  • 通過儀礼を果たせ。それは白人種との対峙である。

https://oreranitsuite.com/2019/05/13/日本人は不細工で醜いのか-2/

広告

タイトルとURLをコピーしました