京都大学学長山極壽一と古井貞興の愚かな発言 週刊東洋経済

大和民族について
https://ja.wikipedia.org/wiki/チンパンジー

工事中

俺が山極と古井の発言を見る時、彼らは社会性を持っていないと俺は判断する。彼らの発言のすべては未開であるけれども、彼らはその未開さを認識できない。この信仰の場で、俺は彼らの発言の問題点について語る。

1:社会性のなさ〜宗教的な問題か〜

The Ascent of Money: A Financial History of The World by Niall Ferguson Epsd 1 5 Full Documentary

1-1:契約概念とお金の概念の欠如

日本人の学者は契約やお金の概念を持っていないので、彼らは真理を主張してお金を借りようとする。しかし、この種の行為は異常であり、未開である。彼らがお金を借りるとき、契約相手に損害を与えないようにしなければいけない。

彼らは契約相手が彼らの想い通りにならないと、彼らは被害者ぶって嘆く。彼らはどのような契約を結びたいかを意思表示できない。なぜなら、彼らは契約やお金の概念を理解できない。

彼らはお金を日本国民から借りるとき、彼らは結婚契約を思い浮かべるべきである。たとえ日本人の学者が結婚相手を批判したり真理を相手にぶつけても、結婚契約は結ばれない。これは科学事業でも同じである。

1-2:官僚は交渉相手

日本人の学者は官僚を彼らの政策に関して強く侮辱してきた。しかし、官僚は日本人の学者の交渉相手である。日本人の日本国民が日本人の学者が官僚を批判しているのを見る時、日本人の日本国民は日本人の学者は「交渉」という行為を認識できないと審判する。

官僚組織と大学組織は異なる組織であり、それは韓国と日本国や米国と日本国の関係に似ている。日本人の学者は組織の概念や交渉の行為を認識できないので、彼らは官僚や彼らの政策を批判してきた。

1-3:国民は契約相手

日本国民は学者や大学組織の契約相手である。日本国民は彼らの生徒や学生でなく、彼らのパパやママでない。しかし、日本人の学者はこの事実すら認識できない。

だから、日本人の学者は日本国民を電網上で侮辱したり、彼らは知らないくせに批判していると日本国民を侮辱する。なぜなら、彼らの行為は彼らが日本国民を契約相手を認識できないことを暗示する。銀行の預金者とお金を借りたい企業の関係を思い浮かべれば良い。

さらに悪いことに、日本人の学者は俺の発言を確認できない。彼らは俺の発言を論破しようとする。だから、彼らはいつまでも未開であり続けるだろう。

2:意味や認識の欠如〜なぜ大学は衰退?〜

2-1:お金がないから?衰退?

日本人の大学教員はお金を他人から借りる能力を持っていない。だから、大学は没落してきた。それは彼らの責任である。

日本人の大学教員はお金がないので、衰退したと被害者ぶってきた。この種の発言は企業経営者が銀行がお金を貸してくれなかったので衰退したと発言したことに等しい。要するに、日本国民も銀行も彼らが不良債権であり、赤字であり、益虫でなく害虫であると審判してしまった。

たとえ俺がこれを指摘するとしても、彼らは俺の発言の意味を認識できない。

2-2:大学の自治や学問の自由の意味

日本人の大学教員は学問の自由や大学の自治の下で生きてきた。だから、大学や学問に関するもののすべては彼らの責任である。衰退は文部科学省の政策のせいでなく、彼らの交渉の能力の低さである。

お金が大学にないのは、彼らはお金を借りる能力を持たないからである。大学や学問の没落のすべては大学組織と日本人の学者や研究者にある。なぜなら、彼らは大学の自治や学問の自由を主張してきた。

2-3:食い逃げ上等?

日本人の学者は税金を借りながら、それを返さずに被害者ぶってアメリカへと旅立とうとする。彼らは職業選択の自由を掲げるけれども。しかし、この種の行為は単なる食い逃げである。

誰もお金を彼らにかしたいと思わないだろう。彼らは日本国民用税金をお小遣いやご褒美やお恵みや愛情か何かであると錯覚しているように思える。だから、彼らは愛情を日本人の日本国民から確認できなくなると、彼らは被害者ぶって白人様の下へと行こうとする。

彼らの行動や言動や心理は戦後のパンパンと同じである。これは非常に悪い。彼らは契約相手に借りたお金を返してこなかったという損害を与えてきた。

3:応答が狂っている。

3-1:脅迫

彼らがお金を借りれないとき、彼らは日本の科学がどうなっても良いのかと脅迫する。俺の憶測によると、彼らは彼ら自身の発言の意味を理解できない。彼らはこう発言すれば、お金が降ってくると錯覚している。

この種の行為は脅迫行為である。日本人の学者は未開すぎるので、契約相手を脅迫してきた。その結果、契約相手は脅迫者との契約を打ち切った。しかし、彼らはなぜ契約が打ち切られたのかすら認識できてこなかった。

  • 定理1:もし学者が契約相手たる日本国民を脅迫するならば、日本国民は彼らとの契約を打ち切る。

もし日本人の学者がお金を借りたいならば、彼らは上記の定理を理解すべきである。

3-2:不吉な予言

彼らがお金を借りれないとき、彼らは日本の科学は衰退するだろう、日本人の科学は没落すだろうと不吉な予言を繰り出す。しかし、この種の発言は不適切である。なぜなら、この種の行為はカルト宗教を連想させる。

カルト宗教では、教祖は不吉な予言を繰り返して、信者を洗脳しようとする。まともな人間はこの種の行為を非常に失礼で気持ち悪い行為とみなす。日本人の学者は契約相手や交渉相手にこの種の行為を繰り返してきた。

彼らの行為は呪術的であり、彼らの行為はまさに未開であってきた。

3-3:論破癖

日本人の学者は批判されると知らなくせに批判していると応答する。このとき、日本国民は彼らは未開であると審判する。なぜなら、日本国民は彼らの契約相手であり、彼らは契約相手に対する説明義務を負う。

しかし、彼らは社会における職業義務を一切理解できない。だから、日本人の日本国民は彼らを馬鹿にする。

さらに、彼らは論破癖を持つので、他人の発言を確認できない。彼らは批判されると何かを言い返してくるが、彼らは他人の批判の意味を理解していないように見える。なぜなら、彼らは「確認」行為が苦手である。

おまけ:なぜ日本人の大学教員は無能か

4-1:次の問題を解決せよ。

日本人の学者は日本国民からの信用を完全に失った。信用の失墜の後、その種の人間はお金を彼らから借りるのは困難である。さて、ここで問題が生じた。

  • 日本人の学者はお金を借りたい。しかし、信用の失墜のために借りれない。

もし日本人の学者が大学の自治を主張するならば、彼らはこの問題を彼ら自身で解決しなければいけない。しかし、日本人の日本国民の大部分はこの問題を彼ら自身で解決できないと感じている。なぜなら、彼らは「無能」である。

広告

タイトルとURLをコピーしました