なぜノーベル賞の天才大栗博司は博士号を重視するか その理由

大和民族
https://ja.wikipedia.org/wiki/大栗博司
広告
「Spiritual Interview with the Guardian Spirit of Donald Trump」(「ドナルド・トランプの守護霊霊言」)【CM動画】

その答えとは彼自身がちやほやされたい。この種の心理は大栗博司以外の日本人の学問的シャーマンにも頻繁に散見される。この信仰の場では、その原因について探ろう。

なお、この文章の目的は歴史的なものであり、彼への批判的なものでない。日本人の学者は彼ら自身の歴史すら書けないので、俺が代わりに書く。また、俺は大栗やその他の大学教員との面識を持っていないので、彼らは個人的に恨まれていると考えなくて良い。

広告

1:なぜ大栗は博士号を重視するか

1-1:まず彼らの発言を思い出そう

大栗を含む日本人の大学教員はアメリカの現在の状態を引用してこう言ってきた。

「アメリカでは〜博士号が重視されている。それに対して、日本では〜。」

要するに、この種の発言の本音とは彼ら自身が評価されたいである。俺の憶測によると、彼らは彼らの自己評価と他人からの評価が一致しないことに不満げである。また、大栗は契約の概念を理解できないので、彼らはアメリカのイタコ芸を繰り返してきた。

俺の憶測によると、この種の発言の本音は乞食行為や承認欲求や白人コンプからの現実逃避であるように見える。俺が彼らの発言を見る時、彼らは契約の概念を持っていないので、雇用契約や金銭契約すら認識できないように思える。

1-2:彼らの行為を思い出そう

彼らは博士号の官僚や政治家の数を増加させようとしてきた。また、彼らは博士号持ちの人間を企業に採用させ、彼らの給料を上昇させようとしてきた。そのとき、彼らはメルケル独首相やグーグルなどの電子情報企業を頻繁に引用してきた。

それに対して、日本人の日本国民の大部分は博士号の価値を非常に疑ってきた。だから、日本国におけるトヨタ自動車では、高卒ですら役員になれたりする。官僚も日本人の大部分も博士号の価値それ自体を疑ってきた。

俺の憶測によると、この種の行為の本音とは、彼らは白人扱いされたいである。これは自称スペイン系フィリピン人や西側の白人と結婚した日本人女性の行動に似ている。日本人女性は白人の名前を名乗ることによって、白人扱いされちやほやされたい。

1-3:博士号の重視の理由は白人コンプか

彼らは重度の白人コンプレックスであり、彼らは白人気分を味わいたかった。だから、彼は博士号や科学や数学を重視してきた。日本人の学者や自称エリートの大部分は白人コンプであるが、そのため、日本人の日本国民は彼らをかなり軽蔑してきた。

大栗は日本人に金銭的に依存しつつ、彼らは日本人を白人みたいにしようとする。その時、大栗は白人コンプから解消されて、白人になった気分を味わえる。大栗による博士号の重視もまた白人コンプの延長線上に存在する。

日本人の日本国民は大栗の本音を本能的に嗅ぎ取っているので、日本国における博士号も大学も知のキャバクラ化してきた。

2:小保方における大栗の本音〜小倉vs大栗〜

2-1:なぜ大栗は博士号の剥奪を求めた?

大栗はアメリカの状態や国際基準を持ち出して、小保方の博士号の剥奪を求めた。なぜなら、もし小保方の博士号が剥奪されないならば、大栗は西側の白人の科学的な社会でのけものにされるかも。彼はこう考えた。

日本人の日本国民は彼の本音をよく理解しているが、大栗はそれに気づいていないように見える。要するに、日本人の日本国民は大栗は彼が白人からどうみられるかしか気にしていないと感じている。日本人の日本国民が彼の本音に接する時、日本人側もまた博士号に対するある種の胡散臭さを覚える。

大栗にとっての博士号とは白人の仲間入りを果たす為の手段である。たとえ大栗が彼の本音を国際基準や真理といった単語でごまかすとしても、日本人の日本国民は彼の本音と彼の博士号の意味を的確に見抜く。法律の運用者 小倉秀夫も大栗の本音を見抜いたので、小倉は大栗の発言や行為をツイッターで批判した。

2-2:大栗は博士号の「信用」を理解できない

科学者は身分でなく職業であり、博士号は免許や身分でなく知的信用状である。しかし、彼らは信用の概念を理解できない。そのため、何が社会問題が生じる時、彼らは彼らが感じた「真理」を主張して「白人様の零言」を繰り出して、日本国民を彼らの思い通りに動かそうとする。

大学や博士号は日本国における知的な何かに関する独占事業であるのにも関わらず、日本人の日本国民は博士号や大学を一切評価してこなかった。この事実は大学や博士号がよほど馬鹿げたものであってきたことを暗示している。なぜなら、大学や博士号はジンバブエドルと同じであり、誰も大学や博士号を信用してこなかった。

また、大栗は信用や契約やお金の概念をどうしても理解できない。だから、彼は納得できないことに接する時、彼は国際基準や彼特有の真理を持ち出して、契約相手を彼の思い通りに動かそうとする。たとえ彼がこの種の行為を繰り返すとしても、博士号や大学は信用を持たない。

2-3:大栗は日本国民への損害を賠償しないのか?

小保方における最大の問題とは契約相手たる日本国民に対する損害である。しかし、大栗は契約や損害を理解してこなかったので、彼は白人からどうみられるかしか気にしてこなかった。本来であれば、大栗を始めとする学者は契約相手に対する損害を賠償すべき。

さらに、大栗を含む科学者は失った信用を取り戻す政策を彼ら自身で実行すべきであった。しかし、彼らは博士号の剥奪や文部科学省の政策や競争的資金ばかりを気にしてきた。そのため、日本人の日本国民は彼らを行動を見て、完全に呆れてしまった。

なぜなら、大栗は契約相手のことを微塵も考えていなかった。日本人の日本国民は彼らの未開さに非常に驚いた。契約相手は日本人の学者はもともとろくでもなかったと結論を下した。

3:日本神話と大栗博司

3-1:ヤマタノオロチに気に入られるためならば、、、

大栗は博士号を重視してきたが、その制度を作ったのは西側の白人である。もし日本人やその他の東洋人が白人が作った制度を通過できないならば、彼らは先住地である東洋地域で出世できない。これは明確な家畜政策や奴隷化政策である。

大栗は日本人や東洋人やその他の色付きを白人に無自覚的に捧げている。なぜなら、彼らは彼自身がちやほやされたい。この種の心理は非常に恐ろしく、彼の本音はきちんと歴史に記録されるべき。

たとえ俺らが大栗を家畜化政策に関して批判するとしても、大栗は俺らの発言の「意味」を「認識」できない。彼らはとんちんかんな返答(国際化や時代を持ち出す)を繰り返してきた。

3-2:実体のない天才性

日本人の学者や大栗の同級生は彼を天才と呼んできた。しかし、日本人の日本国民の大部分は彼の天才性の「実体」を認識できない。彼は日本国における問題はもちろんのこと、彼自身の文化も歴史も文明も言葉も服も料理も商慣習も教育制度も、そして彼ら自身の肉体のデザインすら彼自身で作ることができない。

大栗は博士号や大学の重要性を主張してきたが、その結果、日本国は少子化になり、日本国民への教育費の負担による貧困化や経済的な衰退が進んだ。もし大栗が本当に天才であるならば、彼はなぜ大学や博士号を重視したのか。俺の憶測によると、彼の発言の逆、つまり博士号を重視せずに大学の数を減少させる、が正解であるように見える。

俺が日本人の学者を見る時、俺は気功師や合気道の達人を思い浮かべる。彼らの周りには、多くの弟子がいて、その弟子たちは達人を崇めている。しかし、気功師や合気道の達人は白人の格闘家の前で無力であり、彼らは白人との対峙を避けようとする。

3-3:借りたお金を返そうか?

俺が上記の発言を提示する時、大栗の信者は典型的にこう返答してきた。

「大栗先生は、フンボルト賞を受賞された国際的な物理学者である。白人の学者も認めた!」

この種の発言は大栗やその周りの幼児性から出てくる。彼らの知的能力の発達は未熟であり、まるで彼らは学校からもらった賞状を喜ぶ子供のようである。大栗は彼自身が白人から褒められたので、大栗は優秀であると錯覚してきたが、これは完全なる間違いである。

大栗は世の中には様々な人間は存在してきて、優秀さのあり方も人々の視点によって様々であることを認識できない。日本人の日本国民の視点から見ると、大栗博司や超弦理論は赤字であるが、白人種は大栗のためにお金を支払ってこなかったので、白人は彼を優秀な労働力(実際は都合のよい家畜)とみなす。

日本人の日本国民と大栗との関係はパパと子供の関係でない。幼児的な大栗はそれをどうしても認識できない。日本人の日本国民の視点は彼の存在を単なる赤字とみなすので、彼らは大栗は優秀でないと審判する。

シックスコアグーペ

タイトルとURLをコピーしました