完全食のIT技術者・笠原元輝は人間の尊厳を持つか〜効率性と技術者〜

俺は「https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00010012-abema-soci」の記事を読んだ後、効率性という流行の単語に違和感を覚えた。その違和感には、二つある。

  1. 彼は白人コンプにならないか
  2. 彼は善悪の判断を下せるか

この信仰的な場では、俺は彼の発言や行為に対する違和感について述べよう。

1:笠原は白人コンプにならないか

1-1:効率性の追求は白人の猿まねでは?

俺の印象によると、彼の発言の大部分は白人の猿まねである。彼の発言は白人様の霊言であり、それは大川隆法のそれに近い。

実際、日本国における労働効率性は非常に悪く、それは改善されるべきかも。しかし、彼が主張する効率性は日本国における労働の不効率性の改善に結びつかないように思える。

なぜなら、彼の効率性は桑田の息子matt的な何かである。彼の効率性は白人ハーフ風メイクと同じである。たとえ我々モンゴロイド人種が白人ハーフ風メイクをするとしても、我々は白人になれない。

なぜなら、モンゴロイド人種とコーカサス人種とでは、彼らの骨格が完全に異なっている。表面的な猿まねは俺らを幸福にしない。同様に、彼の主張する効率性も白人の表面的な猿まねであり、彼の効率性は誰も幸福にしない。

1-2:もし和食や和服が存在しないならば、、、

もし日本国における和食や和服が存在しないならば、笠原の白人コンプや自尊心の欠如はより深刻になるように見える。

俺らの先祖が他人の文化や遺伝子にたかることなく彼ら自身の文化や文明を創造してきた。この事実は健全な自尊心を俺らに与えるだろう。しかし、笠原はそれすら否定しているように思える。

もし笠原が彼の文化や文明や歴史を必要としないならば、彼は彼自身の名前や漢字や言語を捨て去れば良い。今すぐに。黒人のように英語を話し、英語名を白人に与えて貰えば良い。

1-3:黒人の米国民の苦しみとは

黒人の米国民は強烈な白人コンプと自尊心の欠如に苦しんできた。たとえ彼らがおお金持ちになるとしても、そのお金は彼らの白人コンプや自尊心の欠如を解消してこなかった。

なぜなら、彼らは彼ら自身の言語や社会制度や食文化や服装文化を持ってこなかった。彼らは彼ら自身の意志で自分だけの何かを達成することができてこなかった。この事実が何よりも黒人たちを苦しめてきた(注1)。

彼らはまるで歩くALS患者のように苦しんできた。

これは中間種にも言える。白人との中間種は日本人や純粋な東洋人よりも白人コンプである。なぜなら、彼らは彼ら自身の文化や文明や言語を持たず、彼らの意志で何かをすることができない。

だから、彼らは苦しんできた。彼らは途方にくれてきた。なぜなら、彼らは彼ら自身は何をして彼らの人生を過ごして良いかわからない。

注1:黒人の米国民が彼ら自身の文化を持たない。この責任は西側の白人にある。なぜなら、白人は文明化の名の下に彼らの文化や言語や歴史、その他のすべてを破壊してきた。

2:彼は善悪の判断を下せるか

2-1:白人の遺伝子にかたり、日本人をイケメンに!

もし笠原が効率を本当に求めるならば、彼は白人の遺伝子にたかり、彼の肉体のデザインをよりよくすれば良い。色つきのすべてがイケメンの白人になれば、人種問題は存在しなくなるだろう。目の保養にもなる。

これは効率的でないか?

さらに、教育費も削減すれば良い。教育費を人間に与えるよりも、高い知的能力を持った人間を工場で生産させて、全体の知的能力を高めれば良い。

もし人間が効率性を本当に求めるならば、そもそも教育費は必要であるか。俺はそう思わない。

2-2:フィリピン人化する日本人

フィリピン人は彼ら自身の文化や文明を彼ら自身で創造しようとしない。彼らは白人の遺伝子に手っ取り早くたかって、それを見せびらかそうとする。彼らは働いて、お金を稼ごうとしない。

彼らは白人の遺伝子に集れば、彼らは彼ら自身が東洋人よりも裕福になれると錯覚する。これがフィリピン人にとっての効率性である。

笠原は効率性という単語を好んで使用するが、彼の行動はこの種のフィリピン人に非常ににている。

「白人の文化にたかった方が効率的である。」

2-3:なぜ笠原は日本人に依存するか

もし笠原が文化や文明を必要としないならば、彼は日本人や日本文化や東洋文明(漢字)に依存すべきでない。この種の日本人は日本文化や東洋文明に依存しながら、彼らは効率性や国際化を主張しようとする。

笠原は日本人や東洋人から金銭的軍事的に大局的に自立した後、彼らは効率性を追求すべき。もし彼が大局的に自立するならば、彼は黒人や白人と対峙するる。その時、彼は彼自身の何かを白人や黒人に披露して意思疎通しなければいけない。

もし彼が彼自身の文化や文明を否定するならば、彼は誰とも外交できないだろう。

3:人間の尊厳とは何だろうか?

・工事中:アクセス数やクリック数で続きを書くか考える。

人間の尊厳:俺らの意志で俺らの肉体を操縦して、俺ら自身の肉体や文化や文明を俺ら自身で作る。そして、俺らが俺ら自身の肉体や文化や文明に対して、健全な自尊心を持つ。あるいは、他人の遺伝子や文明に集らない。大局的な自立や分岐。白人や黒人に対して、対峙者であること。

タイトルとURLをコピーしました