自由民主主義の意味とは何だったか?自由意志と民主制

人間について
https://www.instagram.com/manami84808/

これは「https://oreranitsuite.com/2019/07/03/自由主義(リベラル)の意味は?人の本質は自由/」の続きである。

西側の西洋人は人間の本質を自由意志をみなす。彼らは彼らの肉体を彼らの意志で操縦する。彼らはその結果生じた人為的現象に責任を持つ。

もし君の肌の色を明るくしたいならば、君は君の肉体を君の自由意志で操縦して、直射日光を避ければ良い。長期的には、君は君の肌の色を変化させることができるだろう。なぜなら、君は機械的な世界の奴隷でない。

これは自由意志の考え方であった。この考え方は自由民主主義にも応用された。この信仰的な場で、俺は自由民主主義の意味について述べるつもりである。

1:自由民主主義の本質は自由意志である。

自由民主主義の本質とは選挙でなく自由意志である。選挙の意味とは自由意志による統治者の自由な選択である。選挙の本質もまた選挙でなく自由意志である。

君が君の肉体を車体とみなす時、君は自由意志の意味を想像できる。君の肉体はまた動く庭のようでもある。

1-1:肉体の操縦は自由→義務→責任である。

君は君の肉体を君の意志で操縦する。君は操縦の結果として生じた人為的現象(交通事故)と対峙して、その後始末を行う。俺の印象によると、西洋における責任とは交通事故に対する応答義務である。

しかし、君が肉体を操縦する時、君は君の肉体の操縦に関する取り決めを作成する必要がある。もし肉体の操縦に関する取り決めが存在しないならば、交通事故がとめどなく発生する。この状態は非常に悪い。

さらに、その取り決めは君の操縦行為の善悪を決定する。だから、君はその取り決めに関する正当性に注意を払う。では、誰がどこでその取り決めを決定するか。

1-2:肉体の操縦や行為の正当性は誰が決定するか

その答えは政治家が議会でである。

君が肉体を操縦する時、君はその操縦に関する取り決めを決定する。その後、ある行為が良いか悪いかが決定される。

政治家が国民の自由意志によって選択される。その行為は選挙行為と呼ばれる。自由意志によって選択された政治家が国民の肉体の操縦に関する取り決めを決定する。

1-3:法律の正当性(legitimacy?)

その取り決めは正当性を持つ。なぜなら、操縦行為の善悪を決定する政治家は国民の自由意志によって選択される。政治家や彼らが決定する取り決めは自由意志の表現である。

人間の本質は自由意志である。国民は自由意志を持ち、政治家を選択する。そして、選択された政治家は国民の肉体の操縦行為に関する取り決めを決定する。

この流れは人間の本質である自由意志を否定しない。だから、もし人間の本質が自由意志であるならば、そこから導かれた法律も自由民主主義も正当性を持つと考えられてきた。つまり、法律も自由民主主義も正しい

2:自由意志は契約と合意を導く

契約や合意も自由意志から導かれる。自由民主主義における契約は白人や政治家からから与えられるものでなく、君がそれに合意するものである。その後、契約が結ばれる。

自由意志→合意→契約(法律)→行為の正しさの決定→違反行為→罪→罰

2-1:法律とは従うものでなく合意契約するもの

君はある契約を結ぶ、または結ばないという自由な選択肢を持つ。もし君はその契約を他者と結ぶならば、君はその契約の締結に関する責任を負う。君はそれによって発生した人為的現象の後始末を行う義務を持つ。

法律は君が従う何かでなく、他者との契約である。君は政治家が作り上げた法律に間接的に合意している。なぜなら、その政治家は君の自由意志によって選択された代理者である。

法律は学者や政治家が叫ぶ呪文や真理でない。それらは単なる契約である。君がある契約に合意した後、その契約は実際の契約として成立する。

2-2:正しい行為とは法律と照合する行為である

白人種は彼らの行為と法律との一致を正しいをみなす。俺はこれを照合的正当性と便宜的に呼ぶ。彼らは文字との一致で正当性を考えように見える。

人間の本質は自由意志であり、その自由意志が行為の善悪を判断する能力をもつ。法律は自由意志によって選択された政治家によって作られる。だから、政治家が作る法律は善悪の判断能力をもつ自由意志の間接的な表現である(注1)。

だから、白人は悪い行為を自由意志の間接的な表現である法律に一致しない行為とみなす。白人は良い行為を自由意志の間接的な表現である法律に一致する行為とみなす。

注1:たとえ人間が自由意志をもつとしても、その種の人間が善悪の判断を正しく下す能力を持っているかはわからない。だから、西側の白人は聖書を重視するかも。自由民主主義の隠された前提は自由意志をもつ人間は善悪を下す能力を持っている事である。しかし、俺はこれをかなり疑っている。もし人間が善悪の判断を下す能力を生得的にもつならば、その生得性は遺伝子に依存する。つまり、正しい判断を下す事ができる人種が存在する。その人種は当然世界の支配者になるべきである。善悪の判断が生得的か、後天的かは非常に深刻な問題に関係する。

2-3:自由意志が何が正しいかを間接的に決定する

人間は自由意志を持っているので、物事の善悪を判断できる。その結果、人間は彼ら自身の行為に責任を負わなければいけなくなった。

自由民主主義制度では、法律は自由意志の間接的な表現である。なぜなら、法律を作る政治は国民の自由意志によって間接的に選択された。だから、もし人間の自由意志が物事の善悪を判断できるならば、その間接的な表現である法律もまた物事の善悪を表現する。

だから、国家や国債における法律も正しい。白人はこう考えてきた。

【参考】エックスサーバーhttps://togetter.com/li/1198915グーペ

3:自由民主主義における自由意志という前提が揺らぐ

自由民主主義も完璧でない。プーチンは自由主義は時代遅れと述べた。なぜ彼はこう考えたのか。

人間の本質は本当に自由意志であるか。21世紀の現在、この前提が揺らいでいる。だから、自由民主主制度は聞き的な状況にある。

3-1:自由意志は人間の本質か

イスラム教徒は人間の本質を自由意志に見出さない。彼らは人間の本質を世界の造り主への服従とみなす。同様に、東洋人、特に大陸東洋人も人間の本質を自由意志に見出さない。

日本人を含む東洋人は社会的な秩序や安定や維持や継続をより重視してきた。さらに、彼らは物事の正当性を歴史の中に見い出してきた。

21世紀における大問題はイスラム教徒も東洋人も自由意志を人間の本質とみなさないことである。この時、西洋における自由民主主義の根本原理が崩れるだろう。

もし自由意志が人間の本質でないならば、そのとき、自由意志による政治家の選択も政治家による法律の制定も合意も契約も、そして正しい行為すら否定されるかもしれない。法律に対する正当性も無くなるだろう。そのとき、西側の白人は正しい行為とは何かすらわからなくなるだろう。なぜなら、白人は正しい行為を法律や文字との一致とみなす。

実際、彼らは正しさに関する正当性を失ったので、彼らは迷走している。その迷走の表現がフェミニズムであり多文化主義であり、大規模な移民政策である。

3-2:不自然な制度

白人種の思考は非常に人工的であり、自然でない。例えば、白人種がアジア地域でアジア人と一緒に民主制度の下で生きようとする。東洋人はこの状態を生物的に不自然であるとみなす。

しかし、白人種は自由意志を持ち出して、アジア地域やアメリカ大陸で民主制度を採用して法律を制定しようとする。たとえ白人が自由意志という単語をもちだし、アジア地域で法律を作成しても、誰もそれに従おうとしないだろう。なぜなら、東洋人は歴史や自然さの中に正当性を見る。

白人種の現住地は欧州であるので、彼らがアジア地域やアメリカ大陸で法律を制定することは(東洋人にとっては)生物的かつ歴史的に不自然である。東洋人は東洋地域を今まで維持してきたのに、なぜ維持や継続を怠ってきた白人が法律を作る能力をもち、東洋人はそれに従わなければいけないのか。

東洋人はおそらくこう考えるだろう。

3-3:歴史と感情の欠如

白人は非常に機械的な人種であり、彼らは他人の歴史や感情を軽視してきた。例えば、白人種は黒人種を奴隷にして、虐殺してきた。白人種は3つのモンゴロイド人種のうちのひとつを絶滅させた。

黒人やその他の有色人種は彼らの自由意志や民意を好まない。朝鮮人による拉致被害者は朝鮮人の自由意志や日本国における民意の表現を嫌う。黒人は殺人鬼の子孫が作った法律に従う事を当然嫌うだろう。

白人種が作る社会制度は非常に機械的であり、その制度は人間の素朴な感情を否定する。だから、彼らの制度はうまくいっていない。

【お金】【出口】

広告

題目画像は橋本マナミである。君は彼女と以下で会えるだろう。

上記の中に君が購入したいものが存在しないとき、君は以下から購入したいものを見つける。

【出口】【こちら】から

タイトルとURLをコピーしました