5chまとめサイト保守速報やハム速が朝日新聞を超えた理由

大和民族について
https://twitter.com/panties_watchin

なぜなら、まとめサイトは白人視点でない。

・まとめサイト保守速報やハム速は日本人視点や東洋人視点やモンゴロイド人視点や色付き視点である。一方、朝日新聞はなぜか白人視点である。保守速報やハム速の品質は低いが、正しい視点である。

1:朝日新聞は僕なしライダーか?

グーペ

・僕なしライダーとは視点の狂った情報を製造し続ける人々である。例えば、日本人の学問的シャーマンは僕なしライダーである。なぜか彼らの視点は白人視点である。

・以下では、典型的な僕なしライダーの例をあげよう。

1-1:多様性?君は白人なのか?

南北アメリカの多様性は我々モンゴロイド人種の絶滅の結果である。だから、朝日は白人はその多様性を賛美すべきでないと主張しなければいけない。しかし、朝日新聞はなぜか多様性を賛美する。

なぜなら、朝日は白人との対峙を恐れ、かつ白人コンプである。だから、彼らは白人になった気分を味わいたいので、彼らは白人視点に立って報道する。そして、なぜか彼らは日本人を見下して、日本人に説教しようとする。

一方、まとめサイト保守速報は多様性に反対する。なぜなら、保守速報の視点はモンゴロイド人視点である。その結果、朝日新聞は保守速報に敗北した。

1-2:朝鮮人や黒人に優しく?

・朝鮮人は日本人と同じ東洋人である。モンゴロイド人種は黒人奴隷を採用していない。だから、朝日新聞は彼らを弱者やマイノリティを扱う必要はない。

・しかし、朝日新聞は白人視点に立って彼らを弱者と扱い続けてきた。なぜなら、そのとき、朝日新聞は白人気分を味わえる。朝日新聞が朝鮮人や黒人を白砂として扱うとき、彼らは黒人や朝鮮人よりも優れた人間であるような気分を味わえる。

一方、保守速報やハム速やまとめサイトは朝鮮人も黒人も平気で批判する。なぜなら、彼らは黒人や朝鮮人を対等な立場としてみなしてきた。だから、彼らは黒人や朝鮮人を日本人にするように批判する。

1-3:人権?君はキリスト教徒?

朝日は人権を掲げて日本人のみを批判してきた。しかし、人権はキリスト教の概念である。彼らはキリスト教徒であるか。

なぜ朝日新聞は人権を掲げるのか。第一に、彼らは白人と対峙しなくない。第二に、彼らは白人気分を味わって、マウンティングしたい。

一方、保守速報やハム速、その他のまとめサイトは人権を下らないものとみなしてきた。これは日本人のほとんどがキリスト教徒でないという事実に反しない。

グーペ

2:この問題は日本メディアだけの問題でない

「Spiritual Interview with the Guardian Spirit of Donald Trump」(「ドナルド・トランプの守護霊霊言」)【CM動画】
グーペ

・日本国におけるメディアの問題は日本人の経営的祈祷師や学問的祈祷師にも応用される。

2-1:朝日は白人の価値観の消費者やイタコである

・日本国におけるエリートの問題はイタコ芸である。彼らは大川隆法のようにイタコ芸を繰り返す。日本人の学問的祈祷師も彼ら自身の意見を何も持っていない。彼らはまるで白人を神として、神のことばを聞く司祭のようである。

・日本人のエリートや学問的祈祷師は白人の価値観を消費して、それを日本列島や東洋地域で引用して見せびらかし日本人を見下す。。

・一方、保守速報は稚拙であるが、彼ら自身の視点から行動して、彼ら自身の意見を提示する。保守速報やまとめサイトは白人との対峙者である。

2-2:自分で何もできない。

・その結果、日本人のエリートや学問的祈祷師は何も彼ら自身で出来ない。なぜなら、白人は日本人のエリート自身のことをやってくれない。例えば、日本人自身の文化や名前や組織や日本人の顔のデザインなどがそれらである。

・何か問題が生じるとき、彼らはアメリカの白人を引用する。そして、彼らは日本人が彼らの引用に従って行動すると期待する。もし彼らの期待が叶わないとき、彼らは愚痴や不平を垂れ流す。

・彼らは「他人との対峙」を認識できないので、彼らは白人様の霊言をイタコしてきた。日本国におけるエリートはイタコに近く、幸福の科学の大川隆法は日本人のエリートの象徴である。白人との対峙が必要になるとき、日本人やその他の東洋人は白人の意見や価値観を真似するわけにはいかない。

2-3:朝日は切支丹大名か、日本神話の村人か

俺が朝日新聞を見るとき、朝日は左翼でもリベラルでも進歩的でもなく、キリシタン大名を思い出す。悪く言うと、彼らは日本神話における村人、その意味は土人やsubhumanである。朝日は日本人(娘)を白人(ヤマタノオロチ)に捧げる村人と同じである。

村人はヤマタノオロチの機嫌を損ねるのが怖い。だから、彼らはヤマタノオロチの機嫌を損ねないように振る舞い、ヤマタノオロチに都合の良い意見(人権)や行動を必死に取ろうとする。

一方、保守速報やハム速やまとめサイトはヤマタノオロチと戦うスサノオである。

グーペ

3:言論の自由は必要か

グーペ

・朝日新聞や日本のマスメディは言論の自由の意味を認識できない。まるでキッズアイドルが彼ら自身の行為の意味を認識できないように、朝日新聞は言論の自由の意味を認識できない。このとき、日本人の日本国民は言論の自由は不要であると判断せざるを得ない。

・関連→「報道の自由は必要か

3-1:白人崇拝が酷い

・たとえ朝日や学問的祈祷師が自由を持つとしても、白人を崇拝するならば、自由は不要である。朝日や学術祈祷師は日本人に依存して、日本人に保護されながら白人崇拝を繰り返す。彼らが白人と対峙しなければいけない状況になるとき、彼らは日本人の陰に隠れようとする。

・朝日は政権批判ばかりするが、彼らは言い返してくる白人を批判しない。なぜなら、彼らは他人との対峙を異常に恐れる。例えば、朝日がロシアを北方領土に関して批判するとき、ロシアは言い返してくる。そのとき、彼らはロシア人と対峙しなければいけない。

・さらに悪いことに、朝日新聞は言論の自由の意味を認識できない。彼らは批判されると、言論の自由という単語をいたこ芸するが、彼らは自由意志の意味を認識できないように見える。結局、朝日新聞にとって言論の自由とは猿が服を着ているようなものである。

・関連→「ビゴーの風刺画

3-2:大局的な自立の拒否

・もしある人間やある組織が大局的に自立できないならば、彼らは自由を持つべきでない。なぜなら、彼らは無職の中年と同じである。もしこの種の人間が両親の家庭に依存しながら家庭に影響力を持つならば、そのとき、その家庭は破壊される。

・実際、日本人の報道関係者は日本しか批判しない。彼らは政権批判しかしない。この現象は無職のおっさんやおばさんが両親ばかり批判することに似ている。彼らは近所の人々を絶対に批判しない。

・なぜなら、無職が近所の人間を批判するとき、近所の人間は言い返してくる。そのとき、その無職は近所の人間と対峙して、彼ら自身の意見を述べなければいけない。無職はそれを何よりも恐れる。

3-3:自由は対峙を恐れる人間に不要である

もし朝日が白人と対峙しないならば、彼らの存在価値はなく、彼ら代替可能である。俺らは白人でなく、東洋人である。東洋人は東洋人視点や東洋人としての自己認識や東洋人の肉体のデザインを持っている。

だから、東洋人は生存する価値がある。だから、東洋人は生きている意味がある。誰かとの対峙が存在するという事実は東洋人としての価値や尊厳を暗示する。

もし白人との対峙が存在しないならば、俺らは生きている意味を持っているのか。朝日新聞は遺伝子操作で白人の遺伝子を取り込めば良いのでは?朝日新聞は生きてる意味あるのか?

グーペ

おまけ:朝日新聞は白人のイタコなのか

朝日新聞はフィリピン人やスペイン系フィリピン人に近い。朝日新聞はキッズアイドルと同じで、彼ら自身が何をやってるかを認識できない。以下では、朝日新聞のフィリピン性が書き出される。

同性婚

・同性婚はキリスト教徒の白人由来である。

・日本人は白人でなく東洋人である。

・東洋人は罪の文明でなく、また同性愛者を罪としない。

多様性

・アメリカ大陸の多様性はモンゴロイド人種の虐殺の結果である。

・それは白人から見たら素晴らしいが、モンゴロイド人種から見たら悲劇である。

・しかし、朝日新聞はなぜかそれを素晴らしいと賛美する。

寛容や受け入れ

・寛容はキリスト教徒の概念である。

・難民の受け入れもキリスト教徒の概念である。

・なぜか朝日新聞は寛容や受け入れを日本人に押し付ける。

人道や人権

・人権も人道もキリスト教徒の概念である。

・朝日新聞は中国や日本人を人権侵害に関して批判する。

イヌイットの虐殺

 カナダでは、現在もイヌイットの虐殺が続いている。彼らの人種は俺らと同じモンゴロイド人種である。にも関わらず、日本の報道はそれをまるでひとごとように報道する、または報道しない。

なぜか日本人の報道関係者は同胞を救助せずに、彼らは白人視点で物事をみようとする。それに対して、5chねらーは彼ら自身をモンゴロイド人種と正確に認識しているので、5chはイヌイットの虐殺をかなり問題にしている。日本人の学者気取りや報道関係者は彼ら自身をモンゴロイド人種とみなさないので、彼らはこのような報道姿勢を貫く。

学者の大栗博司ですらなぜか白人視点であり、この種の虐殺に無関心である。彼らは現代の切支丹大名であり、からゆきさんの輸出者である。彼らは日本人や日本国を廃仏毀釈している。

カナダの「先住民女性殺し」はなぜ止まない? | 浮き彫りになる「建国」来の根深い問題
カナダ全土で相次ぐ先住民女性の失踪と殺害事件をうけ、カナダ国家警察は報告書を出し、トルドー政権も調査委員会を立ち上げたが、問題解明の道は前途多難のようだ。だがなぜなのか。そこにはカナダ「建国」以来の問題があった──。前編 ▶︎ カナダの闇 はびこる女性蔑視の殺人と暴力2014年初め、カナダ国家警察は先住民女性の失踪と…
カナダの大虐殺(4) - 修行中
TheInternationalCommonLawCourt:GenocideinCanada訳のつもり(1:11:29)第二犯罪:断種さて、被告が罪を犯している二番目の大量虐殺行為は、寄宿学校と地域社会内の病院の両方で、インディアン間の出生、受胎を防ぐ措置を課していることです。寄宿学校を含む受刑者のすべての実業学校の...

 彼らは自己をモンゴロイド人種と認識しないので、多文化共生や多様性を賛美する。多文化共生の結果がイヌイットの虐殺やアメリカ先住民の虐殺である。なぜ俺らモンゴロイド人種がそれを賛美するか?

本来であれば、マスメディアがそのおかしさをモンゴロイド人種視点から追求すべきである。しかし、彼らはキッズアイドルと同じであり、アメリカ大陸の多様性の意味を認識できない。

グーペ
タイトルとURLをコピーしました