文章の構造と書き方〜文の分類〜

商い
https://en.wikipedia.org/wiki/Goseibai_Shikimoku

1:文章体の基本的構造

・書籍(人体)→部(器官)→章(臓器)→節(組織)→ブロック?(細胞)→文(蛋白質)→単語(分子)→文字(原子)

2:文の基本的な種類

定義文(約束文、合意形成文)

  • 君が文を書くとき、君は単語を使用する。
  • 書く前に、君は単語の意味や使い方を他人と約束する。
  • その約束に関する文が定義文である。
  • 例えば、男性とは男性器を持った人間である。
  • これが定義文の一例である。

具体例に関する文(具体文)

  • 単語の意味が約束された後、君はその単語の具体例を提示する。
  • 男性とは男性器を持った人間である。
  • 例えば、安倍晋三は男性である。

現象や行為に関する文(現象文、行為文)

  • 君は定義された文を使用して、現象や行為を記述する
  • 数学や物理では、これは定理に対応するかも
  • 現象は意志を持たない。行為は意志を持つ
  • 例えば、次の文が存在する
  • 男性が走った。
  • これは行為文である。
  • 現象文には、さらに存在文や状態文や運動文が存在する。
  • 存在文とは存在に関する文であり、状態文とは状態に関する文であり、運動文とは運動に関する文である。
  • 例えば、「人種は存在する」が存在文、「日本の大学にはお金がない」が状態文、「雷が落ちた」が運動文である。

結論文

  • 結論文には、2種類存在する
  • 一番目は自動的結論文である。
  • 二番目は審判的結論文である。
  • 自動的結論文では、君がハンドルを捻れば、結論が自動的に機械的にぽんっと落ちてくる。
  • しかし、審判的結論文では、君は審判行為を人為的にしなければいけない。
  • 審判対する映像は球蹴り試合における審判者であり、彼は選手の運動に対してメタ的な立場から審判する。

応用文

  • 結論文が製造された後、君はその結論を既存の問題に応用する。

3:文の応用的な種類

事実文

  • 事実は「実際に」生じた、または生じている現象及び行為に関する文である。
  • 例えば、個人的な経験や体験に関する文は事実文である。
  • 例えば、「雷が俺の家の前に落ちた」が事実文である。
  • 証拠文は事実を確定させるための文である。
  • 証拠文も事実文である。
  • 例えば、ある人間が殺人を犯したと仮定すると、その人間が血の付いた包丁を所有していたが証拠文である。

仮定文

  • 仮定文とは仮定された現象や行為に関する文である。
  • 例えば、「もし君がこの道を進むならば、君は死ぬ」が仮定文である。
  • 仮定文は現実に存在しない。

現実文と未来文

  • 現実文とは現実に存在した、または現実に存在する現象や行為に関する文である。
  • 未来文とは未来における現象や行為に関する文である。
  • 一般的に、未来は現実に存在しない。

真実文

  • 真実文とは真実の現象や行為に関する文である。
  • 真実は知覚でなく認識に関係する。
  • 例えば、「日本人の大学教員は被害者でなく加害者である」が真実文である。
  • 真実文は現実を基盤にして製造される。
  • 証拠文とはある人間が実際に経験していない事実を確定させるための文である。
  • しかし、たとえある人間はある行為を実際に体験するとしても、真実は認識に関係するので、真実文は人間の認識に依存する。
  • 例えば、ある人間が美男子かどうかは人に依存する。
  • 例えば、日本人の大学教員が幼児的であるかは人に依存する。
  • なぜなら、対象に対する認識は人間の認識に依存する。

真理文

  • 真理文とは真理の現象や行為に関する文である。
  • 例えば、男女公平は男女平等よりも優れている。
  • この文は自然界に存在しない。
  • 善悪の判断に関する文のほとんどは真理文に属する。
  • なぜなら、善悪の判断は自然界には存在しない。

4:文章を書くときの流れ(文の順序や手続き)

背景

  • 君は現在の状態や過去の状態に関する情報を製造する。
  • 過去や現在の状態に対する人間の感情や審判
  • 例えば、君が日本国における会社組織や教育・大学組織について書きたい。
  • 君は大学の現在の状態やそれに対する契約相手の感情を書き出す
  • 例えば、日本人の日本国民は大学や学者もどきを嫌ってる。

観察や報告や分析

  • 大学の現在の状態を書き出す。
  • 大学教員の行為や応答行為を書き出す。
  • ただし、観察だけでは不十分である。
  • だから何?だからなんなのか?と返答される。
  • 君は問題点とその解決案を提示する。

違和感やなぜの発見

  • 君がある対象を観察する時、君は違和感をその対象に抱く
  • 例えば、君が日本人の学者の行動を観察した時、なぜ彼らの視点は白人視点であるか

問題の発見

  • 君は問題を発見する。
  • 例えば、大学では、老人が解雇されない。
  • 例えば、大学教員は契約の概念を持っていない。
  • 例えば、大学が独占産業である。

解決案の提示

  • 君は問題を解決するための案を提示する。
  • 例えば、大学の独占を廃止する。

肉体の操縦法の提示

  • 君は行為を設計して肉体の操縦法を提示する。
  • その時、君は根拠を提示する。
  • 例えば、大学は独占である。
  • 独占的状態は悪い。
  • だから、その状態は廃止される。
  • 廃止行為とは〜である。
  • その行為は正当である。
  • なぜなら、〜。

5:記述される1次的対象

  • 記述される対象には、1次的対象と二次的対象が存在する。
  • 一次的対象とは自然現象や人間の行為であり、二次的対象とは一次的対象に対する応答である。
  • 1次的対象には、存在や状態や現象(行為)がある。

単なる自然現象

  • 自然現象には、過去及び現在、未来の自然現象が存在する
  • 例えば、雷が落下した。

車体の運動

  • 君は人間の行為を車体の運動とみなす
  • その時、車体の運動には、過去及び現在、未来の行為が存在する。
  • 例えば、俺は会社に遅れた。

車体からの排ガス

  • 君が君の肉体を車体とみなす時、君の発言は車体からの排ガスである。
  • 例えば、君は「日本人の学者は醜い」と言った(「」の部分)。

心理

  • 人間は心理的状態を持つ。
  • 外部の人間はその心理的状態を憶測する(察する)。
  • 官僚の計画も心理に含める。

6:記述される2次的対象

  • 二次的対象とは一次的対象に対する応答である。
  • 応答行為には、行動行為?と言動行為が存在する。
  • 日本人の学問的シャーマンはこの二次的応答能力を持たないので、バカに見える。

自然現象に対する応答

  • 自然災害に対する応答がこの代表的な例である。
  • もしこの応答能力が低いならば、政府は無能であるとみなされる。
  • 幸い、日本政府は自然災害に対する高い応答能力を持つ。

行為に対する応答

  • たかり行為や殺人行為や戦争行為に対する応答がこの代表的な例である。
  • 日本人は行為に対する高い応答能力を持たないように見える。
  • だから、日本人は経営や劇的な産業変化(人為的行為)に乗り遅れる。

排ガス(行為)に対する応答

  • 日本人の学問的シャーマンはこの応答能力を持たない。
  • 排ガスに対する彼らの応答が狂っている。
  • 例えば、彼らは批判された後、彼らは知らないくせに批判していると契約相手に応答する。
  • この時、契約相手は彼らはバカであると審判する。

心理や意図や悪意に対する応答

  • 日本人の大学教員は官僚の計画や心理に応答する。
  • 例えば、彼らは官僚の計画や彼らの心理を察して、このままでは日本の科学が衰退すると怒鳴る。
  • 契約相手はこの様子を見て、日本人の学問的シャーマンは未開であり交渉や契約の概念を持っていないと審判する。

 

タイトルとURLをコピーしました