定義とは何か:契約と合意と法律から見る定義

0. 背景:定義って何?

・行為:数学や物理では、定義が重要視されてきた。

・状態:しかし、日本人の学者は定義の意味を認識できないできた。

・状態:その結果、定義や法律が呪文化、気功の達人化してきた。

・目的:俺は定義の意味を提示するつもり。

1. 定義とは他者との約束や契約である

・君の認識:定義とは他人との約束や契約である。

・具体例:例えば、それとは神との契約である。

・目的:定義の目的とは機械に読み込ませれる文を作成することである。

・定義(契約)と正当性:ある行為の正当性は定義(契約)との正当性で判断される。

・応用:定義(約束や契約)の概念は法律にも応用されてきた。

2. 定義(約束や契約)までの流れ

約束や契約の提示→合意→契約の成立→行為の正当性の発生→契約と行為の不一致(矛盾)→違反行為→罰

・人間aと人間bが存在して、人間aは約束や契約を人間bに提示する。もし人間bがそれに合意するならば、契約は成立する。

・合意には人間bの自由意志が関係する。その意志はbの外部によって妨害や強制されてはいけない。

・契約が成立した後、行為の正当性が発生する。

・もし君が契約の中の行為に反した行為をとるならば、君の行為は悪い行為である。君の行為は契約に一致しない悪い行為(矛盾した行為)である。

・違反行為が行われた後、契約相手は罰を与える。

3. 実演:日本人の定義を巡る争い〜東洋人vs西洋人〜

白人の思考の流れ

白人は日本人の定義を与える→日本人がその定義に従わない→定義に対する違反→日本人はレイシスト!

・白人は定義を次のように考える。

・例えば、白人が日本人を日本国民を所有する人間と定義する。その後、ある日本人がダルヴィッシュ有は日本人でなく、中央アジア的中間種の日本国民であると指摘する。その時、白人はその日本人を差別主義者と侮辱して暴力を振るってくる。

・なぜなら、その日本人の発言は日本人の定義に違反した。だから、その日本人の行為は悪い。

・それに対して、日本人を含む東洋人はその白人の行動をおかしいとみなす。なぜなら、東洋人は定義でなく現実に対する認識を非常に重視してきた。東洋人にとって重要なのは現実に対する正しい認識である。

・現実に対して、白人はnon nativeであってきた。だから、白人が日本国籍を所有した後、白人は日本人がその白人を日本人とみなすと期待する。その期待が叶わない時、白人は日本列島の先住民たる日本人を差別主義者と侮辱する。

・なぜなら、日本人は日本人の定義に従わなかった。日本人や東洋人の大部分は日本人の定義でなく、日本人の認識を重視する。だから、日本人や東洋人はその白人を日本国民とみなすが、日本人とみなさない。

定義に対する東洋人の適切な応答

Mr. Zed – (The Robotic Comic) – stereo
グーペ

認識>定義

・白人の思考は機械的である。彼らの思考はロボットダンス的である。東洋人は定義や機械でなく、自然な思考や人間らしい思考を求めるべき。

・なぜなら、その思考は俺らの最も重要な自己認識の一つである。

 最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

 

タイトルとURLをコピーしました