東洋人は出生地主義と血統主義のどちらを選択すべきか?

東洋国
広告

 国籍の付与には、出生地主義と血統主義の2種類が存在する。米国やその他のアメリカ大陸では、西側白人は出生地主義を選択してきた。それに対して、日本国や韓国やおそらく中国は出生地主義でなく、血統主義を採用している。以下で、俺は出生地主義の意味を提示した後、東洋文明はどちらを選択すべきであるかを提示する。

広告

1章 出生地主義の意味

 出生地主義の意味 出生地主義の意味とは、西側白人が色付きのホモ・サピエンスの自然な生息地を奪い、彼らがそこに住む正当性を獲得するための主義である。

 出生地主義の意味とは、西側白人が色付きのホモ・サピエンスの自然な生息地を奪い、彼らがそこに住む正当性を獲得するための主義である。当然であるが、西側白人の自然な生息地とは、欧州大陸である。だから、彼らは欧州大陸に住んでいるのが自然である。

西側白人はアメリカモンゴロイド人やイヌイットからアメリカ大陸を強奪したかった。だから、彼らは出生地主義を採用している。もし彼らが出生地主義を採用しないならば、彼らはアメリカ大陸に住む正当性を獲得できない。

2章 東洋文明の選択

 東洋文明の選択 東洋文明は出生地主義でなく、血統主義を採用せよ。

 東洋文明やインド人や中東人は出生地主義でなく、血統主義を採用せよ。土着の先住民の大部分は出生地主義でなく、血統主義を採用するべきである。東洋人が出生地主義を採用することの意味とは、白人によるアメリカモンゴロイド人の虐殺と侵略を歴史的に認めることである。

もし君が東洋人でその虐殺を肯定しないならば、君は出生地主義を認めるべきでない。最悪の場合、白人によるあの虐殺が繰り返されるだろう。出生地主義は白人による侵略やモンゴロイド人種の虐殺の間接的肯定である。もし東洋人が出生地主義を採用するならば、それを間接的に肯定したことになる。

 東洋人は歴史的に東洋地域に生息してきた。もっと言うと、東洋小人種は東洋地域でモンゴロイド大人種から分岐した。もし君や東洋人が血統主義を放棄して出生地主義を採用するならば、その行為は東洋地域における東洋人の歴史の間接的否定である。

もし東洋人が出生地主義を採用するならば、最悪の場合、西側の白人はモンゴロイド人種の土地を東洋人や東南アジア人からまた奪うかもしれない。さらに、彼らは出生地主義を悪用して東洋地域の先住権を主張するかもしれない。

もし東洋人が西側の白人によるアメリカ大陸の強奪を悪いとみなすならば、君は白人による東洋地域の強奪(の可能性の上昇)も悪いと見なせ。君は強奪の可能性を減少させなければいけない。出生地主義は強奪の可能性を上昇させる。君はその出生地主義に反対する。

3章 西洋の歴史と東洋の歴史の比較

 西洋では、人工的概念(市民権や国籍や文字による定義)が重視されてきた。その帰結が出生地主義である。その結果、彼らの世界では、インド大陸における白熊の存在が肯定されてきた。つまり、世界の不自然な動物園化である。

言い換えると、西側の白人はインド大陸やアフリカ大陸で土地の所有権を主張してきた。しかし、その緯度(紫外線量)には、白人は存在しないので、彼らは欧州大陸以外で先住民を押しのけて土地の所有権や永住権を主張するのはおかしい。

もし白熊が彼らの土地の先住権や永住権をインド大陸やアフリカ大陸で主張するならば、東洋人はそれはおかしいと判断する。東洋人はそれは自然でないと判断する。

 一方、東洋では、自然な概念(血統やその環境に適応した先住民や認識)が重視されてきた。その帰結が血統主義である。先住民が血統を重視することは非常に自然である。

自然は東洋人の自己認識でもあり、東洋人の歴史でもある。もし東洋人が自然を重視してきた歴史を持つならば、東洋人はその歴史を正当とする。

タイトルとURLをコピーしました