山口貴士(ヤマベン)や小倉秀夫(オグリン)弁護士と弁護士の問題点

大和民族について

 山口貴士も小倉秀夫も高い知能指数を持った人間である。しかし、俺が彼らを見るとき、日本人の弁護士のダメな部分を知る。

1:正当性の概念はどこへ?

 日本人の弁護士は正当性を認識できない。その結果、彼らは白人の考えのイタコ芸を繰り返してきた。彼らは真理を主張すれば、他人が自分の真理の通りに動くと錯覚しているように見える。

1:引用ばかりを繰り返すので、弁護行為がイタコ芸になる

 山口貴士も小倉秀夫は法律を引用して説明しようとする。しかし、日本人やその他の東洋人は法律の正当性を求めている。

 殺人鬼の子孫が作った憲法や法制度は正当性を持つか?

オウム真理教の子孫が作った法制度は正当性を持つか?

 正直、俺は殺人鬼の子孫が作った法制度に従いたくない。西側の白人はモンゴロイド人種を虐殺してきた。

 俺にとって、法律や憲法や西洋的価値観は他人の家のルールと同じである。俺は東洋人であり、俺は東洋文明に所属する。

2:キリスト教の考えはシャリーア法と同じでは?

 キリスト教の概念をキリスト教徒でない日本人や東洋人に押し付けることはキリスト教を仏教徒やイスラム教徒に押し付けることに等しい。しかし、山口貴士も小倉秀夫は正当性の意味を認識できないので、彼らはキリスト教の概念を日本人に押し付けようとする。

 なぜキリスト教徒でないのに、キリスト教徒の教えに従ってさばかれなければいけないの?

 俺は裁判制度や憲法や法律についてこう思う。

 白人種は民主制度を色つきに押し付けた。まるでシャリーア法を押し付けるように。その押し付けられた制度の中で失敗すると、日本人や東洋人はキリスト教的な概念によって虐待される。この状態は俺にとって悲劇的である。

 俺らはまるで家畜のようである。白人は白人の価値観や制度を日本人や色つきに押し付けた後、その制度の下で失敗すると、日本人を含む色つきはなぜかその制度を押し付けた白人によって虐待される。白人と色つきのこの関係は羊飼いと家畜の関係を連想する。

2:知識はあるが、意味を認識できない

 山口貴士も小倉秀夫も非常に勤勉な人間であり、豊富な知識を持つ。しかし、彼らは幼児的であり、物事の意味をうまく認識できない。この種の状態は日本人の学者、大栗博司や村山斉にも見られる。

1:言論の自由の自由は自由意志の自由では?

 俺の印象によると、山口貴士も小倉秀夫も自由意志を意味を認識していないように見える。当然、彼らは自由意志の定義や知識を持っているかもしれない。しかし、日本人の理論物理学者と同様に、自由意志の意味をどうしても認識できない。

 言論の自由が脅かされそうになる時、彼らは憲法や法律や言論の自由に関する文を引用する。しかし、彼らは西洋における自由の意味を認識できるのか?俺の印象によると、彼らは自由の意味を認識できないように見える。

 俺は「人間の本質やその本質としての自由意志に対する渇望を山口貴士も小倉秀夫から一切感じないので、彼らの発言はmattのような白人風メイクに見える。

2:彼らはキリスト教徒か?

 山口貴士も小倉秀夫はキリスト教徒でないように見える。にもかかわらず、彼らはキリスト教に深く関係した法律概念を引用する。彼らは彼らの行為の意味を認識できるのか?

 自由意志も〜罪もキリスト教の概念である。本来であれば、東洋人は礼と罰の文明である。しかし、なぜか東洋人は罪によって裁かれる。この種の状態は正当でない。

 罪、寛容、人道、人権、愛、、、これらはキリスト教的である。日本人がこれらの概念に服従しない時、日本人は差別主義者や悪魔や魔女と呼ばれ虐殺される。この状態はまるで中世。

3:弁護士は身分でなく職業

 弁護士は職業であり身分でない。しかし、山口貴士も小倉秀夫は互いを先生と呼び合っている。これは奇妙である、この奇妙さは俺にとって悪い。

1:なぜ彼らは互いを先生と呼び合うか?

 俺の印象によると、山口貴士も小倉秀夫は職業の概念を認識できないように見える。山口貴士も小倉秀夫は東洋人であり、かつ儒教の強い影響下で生きてきた。だから、彼らは弁護士を身分をみなす。

2:科学者との類似点

 この考えは科学者にも言える。日本人の科学者は先生や「ファラン」と呼ばれたいように見える。

タイトルとURLをコピーしました