Jew(ジュー)はユダヤ人でなくユダヤ教徒では?訳と白人の奇妙さ

 無宗教の東洋人にとって、白人社会の宗教問題(キリスト教とユダヤ教)を理解することは一番難しい。白人社会の宗教問題はインドのカースト制度に似ているように見える。カーストも宗教問題も人工的な概念と生物的な事実が入り混じるので、東洋人が彼らが何を話しているかを全く理解できない。

 日本では、jewはユダヤ人と訳されてきた。しかし、日本人の一部はユダヤ人が何かに関して疑問を持ってきた。実際、知恵袋では、ユダヤ人とは白人じゃないのか?という素朴な質問が投稿されてきた。

 俺もまたユダヤ人をカーン・イギリス市長やグーグルのインド人CEOのような人々(インド人やアラブ人みたいな顔)と勘違いしてきた。だから、彼らが白人の見た目を持っていると知って、非常に驚いた。もしmuslimやchristianがイスラム教徒やキリスト教徒と訳されるならば、jewはユダヤ教徒と訳されるべきであるように見える。

 無宗教の東洋人は以下の情報を信用しない。なぜなら、俺は大学を卒業するまで、ユダヤ教やイスラム教が何かを知らなかった(笑)。ザビエルとイエズス会という名前は知っていた。ハゲだったから。

「白人」と「ユダヤ人」 違いが分かりません。
アメリカ映画のセリフです。英語そのものの意味ではなく、「文化的な意味」が分からなくて質問します。女性2人連れに友達が「2人で何してるの?それも白人とユダヤ人で」といったニュアンスで問いかけるシーンが... - TOEFL・TOEIC・英語検定 解決済 | 教えて!goo

1:なぜ白人社会の宗教問題が意味不明に見えるか

 日本人を含む東洋人にとって、白人社会におけるキリスト教とユダヤ教に関する宗教問題が意味不明である。説明されても一切理解不能である。なぜ彼らが急に怒るのか、なぜ彼らが白人同士で虐殺するのか、東洋人の大部分はそれを理解できない。ここでは、俺はその原因を探ろう。

その原因はおそらく白人のアスペルガーが原因である。アスペルガーの特徴は主語の狂い、文字依存的思考、局所→大局的思考、定義重視で認識軽視、不自然で人工的思考、先祖の概念の欠如、視界と世界の区別の欠如などである。

1:主語がおかしい

 宗教問題に関する白人種のおかしさは主語のおかしさである。白人種の行為の全ては狂った主語の下で行われるので、東洋人は彼らの行為の理由をいまいち掴めない。

宗教は中東発祥では?:キリスト教やユダヤ教やイスラム教は中東あたりで発祥したはず。にも関わらず、なぜかキリスト教徒の白人とユダヤ教の白人が欧州大陸で互いに憎しみあい争っている。東洋人はこれを見て、彼らの行為は奇妙であると審判する。

さらに、白人種はローマやギリシアの文明をまるで彼ら自身の文明のように語り、勝手に後継者を名乗る。白人、特にゲルマン民族はローマや古代地中海世界の破壊者(加害者)であり、後継者でない。

君がドイツ人を見る時、白人の主語の狂いっぷりを認識する。ドイツ人は殺人鬼の子孫(ナチスの子孫)であるが、彼らはそれを認識しているように見えない。その結果、彼らは俗に言う「お前が言うな案件」を繰り返す。俺はこの種の行為を「脳みそわきが行為」と呼ぶ。

原因はアスペ体質:この主語のおかしさの原因は白人種の遺伝的なもの(アスペルガーと関係しているようにみえる)である。具体例として、日本人の学者はモンゴロイド人種であるのに、なぜか多様性を賛美する。しかし、その多様性は彼らの虐殺の結果である。彼らはバカでないが、主語が狂った発言を繰り返す。

未開人が数の概念を持たず、物の数を1、2、3、たくさんと数えるように、日本人の学者や白人は「自己認識能力」を持っていないように見える。しかし、彼らは未開人と異なり、バカでないし、知能指数も低くない。

2:文字依存的思考と文字及び視覚の混同

 白人世界では、神はまず初めに文字あれといった。

 白人は現実に対する認識能力を持たないので、白人の思考や現実認識は文字から始まる。言い換えると、彼らは文字に非常に弱く、文字を利用した洗脳に弱い。その結果、白人は文字上異なる何かとして互いを知覚して、宗教問題が発生するように見える。

文字と現実認識:東洋人は白人や黒人の顔を見分けるのを苦手とする。その結果、黒人や白人に対する東洋人の認識が白人や黒人の名前、つまり彼らの文字に依存するように、白人種は世界に対する認識を文字に依存する。

ユダヤ教徒の白人もキリスト教の白人も単なる白人でしかないが、文字上はjewやchristianになっているので、彼らは互いを何か異なる対象を見ているように見える。ユダヤ教徒の白人の一部は古代のエジプトや中東における出来事をまるで彼ら自身の出来事のように語る。しかし、白人は中東にはいないように思える。

俺の勝手な憶測によると、彼らの奇妙な行為の原因は文字に弱いという白人の性質であるように見える。白人は文字上の一致を現実と錯覚して、彼らは文字に従って運動する。だから、彼らの行為は現代美術のように意味不明である。

具体例は料理本、現代美術、銅像:文字に依存する具体例として、現代美術や白人による料理本、像に対する地中海人種と白人種の認識の違いを見ると、東洋人はその奇妙さを認識する。

白人種の料理本は文字ばかりであり、写真がない。また、現代美術は文字依存的であり、外部からはゴミにしか観えない。彼らは単なるゴミを「言葉で」肯定しようとする。それに対して、東洋人は何か胡散臭いものを感じる。

銅像に対する違いもそうである。地中海人種は視覚を比較的重視するので、銅像を好む。それに対して、白人種は銅像でなく文字や抽象的な何かを好むように見える。俺の自分勝手な憶測によると、キリスト教プロテスタント派はキリスト教カトリック派ほど、像や幾何学をあまり重視しないように見える。

なぜなら、プロテスタントは「白人」の宗教である。それに対して、カトリック派には、地中海人種が混ざっている。地中海人種の血が混ざると、幾何学的になるように見える。

日本人と日本国民の違い:白人の世界は文字から始まるので、彼らは文字上日本人であると、彼らは彼ら自身を日本人と認識してしまう。イギリス人のイギリス国民もイギリス人のアメリカ国民もイギリス人のオーストラリア国民も単なるイギリス白人でしかない。しかし、白人は彼ら自身をamericanやbritishやaustraliansと認識して、行動する。

たとえ白人が日本国籍をとるとしても、白人は日本人(東洋人の一派)にはなれない。白人は白人の日本国民になるだけ。白人種は日本国籍をとって、文字上日本人になると、彼らは日本人になったように振る舞う。

その後、彼らは日本人の歴史、例えば徳川家や卑弥呼の歴史を日本人(白人)の歴史として描いてしまう。その日本人は日本語の歴史や神道を彼ら自身が発明したと錯覚する。なぜなら、その日本人は文字上日本人である。

白人のこの種の性質が白人がなぜか地中海文明や中東文明の後継者を自称した過去につながっているように見える。

 当然、彼らは非常に真面目であるので、東洋人は彼らを笑うべきでないけれども、、。白人種は文字に弱く、主語が狂ってるので、東洋人は彼らの行為や言動をいまちい把握できてこなかったように思える。

ユダヤ教徒の白人が奇妙な存在(白人であるが、白人とみなされてこなかった)になったのは彼らの性質であるように見える。彼らはユダヤ教徒に改宗した後、彼らは文字上jewになったので、そのjewは聖書の文字に従ってなぜか中東の歴史をまるで自分の歴史のように語ってしまった。なぜなら、白人種は文字上の一致を現実と認識する。

俺の印象によると、東洋人は現実に対する高い認識を持つので、東洋人は彼ら自身をアメリカ人やカナダ人と認識していない、そして、東洋人は宗教と人種をきちんと区別できる。なぜなら、その種の認識は現代美術のような認識であり、東洋人はその種の認識を採用しない。

3:局所から大局を構成するので、白人は彼ら自身が誰かをいまいち認識できない

 東洋人の思考は大局→局所であるので、彼らは彼ら自身をモンゴロイド人種→東洋小人種→大和民族→東日本部族→と認識する。しかし、白人種は局所→対極であるので、白人の自己認識は奇妙に見える。その結果、彼らは同じ民族同士で虐殺し合う。

アイルランド人とイングランド人の証拠例:例えば、アイルランド人やイングランド人は同じイギリス民族であるが、彼らは互いをひどくに汲んできた。なぜなら、彼らは彼ら自身をまずはじめに、england(anglo-saxon)やirish→british→white→caucasoidと認識する。

 それに対して、東洋人はcaucasoid→white-race→british-subrace(民族)→anglosaxon-subsubrace or irish-subsubraceと認識する。東洋人と西洋人では、対象に対する認識が完全に逆転しているように見える。

ユダヤ教徒の白人に対する東洋人の捉え方:この種の思考はユダヤ教徒の白人にも応用される。彼らの自己認識も非常に不安的でかつ刹那的である。彼らは彼ら自身をwhite-raceとみなしていないように見える。

では、彼らはどこに所属するのか?この質問に対して、彼らは彼ら自身のraceをjewと宣言するように見える。なぜなら、白人の思考は局所→大局である。彼らの世界観は点から世界を構成する。

それに対して、東洋人はユダヤ教徒の白人を大局から局所へとこう捉える。彼らがコーカサス人種であるのは確定である。コーカサス人種は白人種、地中海人種、そして中東人種に分類される。

彼らの肌の色や目の色は白く明るいので、彼らは白人種である。彼らの一部(体格でなく顔、特に目元)は地中海人種に似ているので、彼らの一部は地中海人種か、その混血か、北ベトナム人のように東洋人と東南アジア人の中間にいるような人々である。

白人種は彼らの自己認識を点から構成するので、彼らの自己認識は奇妙に見える。白人なのに、白人でないような人間が生まれる。一千万人しかいない人間が単一の人種を作れるわけない。ただでさえ、混血しまくっているのに。

歴史における白人種の思考の欠点:フェミニキア人やシュメル人に対する東洋人の認識も白人のそれとかなり異なっている。東洋人はフェミニキア人やシュメル人がどこに所属するのかを知りたがる。言い換えると、フェミニキア人はコーカサス人種か?もしそうならば、彼らは地中海人種か、白人種か、中東人種か?シュメル人はコーカサス人種か、モンゴロイド人種か。

しかし、白人種の認識は局所→大局であるので、シュメル人やフェミニキア人の人種的な所属をしりたがらない。これは古代ローマ人やギリシア人にも言える。日本人は彼らの人種が白人種でなく地中海人種であったことを知りたがる。

白人種はそれを知りがっているように見えない。彼らは局所的な名前を名付けられると、満足してしまう。

 ちなみに、俺は北ベトナム人の一部を東洋人と見なしている。ただし、知的能力が東洋人水準であれば、、、。

4:定義重視で認識軽視

 白人は定義重視で認識軽視であるので、ユダヤ教徒の定義や日本人の定義が重視される。東洋人はそれらは認識されるものであると考える。証拠として、母親がユダヤ教徒ならば、子もユダヤ教徒という定義が存在するらしい。

 しかし、東洋人の大部分はその定義に対して「だから何?」と感じるだろう。たとえある白人が定義上ユダヤ教徒であるとしても、東洋人がその白人をユダヤ教徒認識しないならば、その白人はユダヤ教徒でない。東洋人の認識はこんな感じ。

 実際、仏教徒の定義は存在しない。寺に入って、念仏を唱えれば、その人間は仏教徒である。たとえ母親が仏教徒であるとしても、子供が一切修行しないならば、東洋人はその子供を仏教徒とみなさない。

 なぜなら、東洋人は定義でなく認識を重視する。ただし、東洋人のアスペルガーを除く。東洋人のアスペルガーは定義を好むので、ユダヤ教徒の母親を持つ子供はユダヤ人と知覚?する。

 東洋人と白人の中間種は両親の宗教に関係なく西アジア的中間種と認識される。しかし、アスペは文字に弱く定義を好み、認識を軽視するので、なぜかユダヤ人という奇妙な存在が生まれる。さらに、彼らは局所的な思考を好むので、自己認識が意味不明になる。

5:不自然で人工的な思考

 イスラエルはユダヤ教徒のための国家であり、ユダヤ教徒の白人のための国家でない。なぜなら、白人はその緯度や紫外線量の地域に存在しない。これはアメリカ合衆国やオーストラリアにも応用される。アメリカ大陸やオーストラリア大陸には、白人が存在することは不自然である。

 東洋人の大部分はなぜ白人がイスラエル辺りで生きているのか、疑問に思う。

 「そこに、白人いないでしょ!」

 東洋人は中東に興味を持たないけれども、彼らはこう感じてきた。なんで白人が旧レヴァント地域で国家を作って、先住民と争っているのか。彼らの行為の全ては東洋人にとって意味不明である。

 この種の思考は関係的思考と分析的思考と呼ばれてきた。東洋人はまわりとの環境を考えて、白人は対象それじたいを見る。その結果、東洋人は中東やアメリカ大陸やアフリカ大陸やオーストラリア大陸における白人の存在に違和感を覚える。

 その違和感とはホッキョクグマがインドにいるようなものである。しかし、白人はホッキョクグマそれ自体のみを知覚するので、彼らはその不自然を認識できない。

6:先祖の概念の欠如

 白人種は視界と世界の区別を認識できないので、彼らの世界には先祖が存在しない。その結果、彼らは彼ら自身が誰かわからない。

 白人種の先祖は宗教に無関係に欧州大陸で生きてきたように見える。だから、彼らの肌の色は白い。なぜなら、紫外線量が彼らの肌の色を作った。

 彼らは先祖を認識できないので、彼らは自己認識は常に断絶し続ける。その結果、白人は文字上の定義、アメリカ人や宗教に強い自己認識を見出す。

 白人種の主流な先祖は中東地域に存在しない。白人種の先祖は欧州大陸に存在する。白人の肌の色が白いのは彼らの先祖が紫外線量の少ない欧州で生きてきたからである。

 また、彼らは先祖を認識できないので、彼らの先祖がだれからどういう風に分岐したかをいまいち認識できないように見える。人種や民族や部族は過去における先祖の分岐の結果である。

 例えば、俺の先祖はモンゴロイド人種であり、氷河期あたりにモンゴロイド人種から東洋人種へと分岐した。その分岐は数万年維持され続けてきた。

 さらに、その東洋人種は殷王朝の時代に大陸の東洋人から分岐した。その分岐が数千年維持された結果、大和民族が分岐によって形成された。

 当然、大和民族は純粋でないが、東洋人種同士でその分岐は明確に認識されている。また、分岐には、首かり効果がつよく働いている。

 白人種は先祖を認識できないので、先祖の分岐も認識できない。その結果、彼らは彼ら自身がいつどこでだれから分岐したのかをいまいち認識できないように見える。その結果、彼らの自己認識はどこか奇妙であり不自然で人工的である。

 ユダヤ教徒の白人はどこからどのように分岐したのか。

 俺の印象によると、彼らはこの質問に回答できない。なぜなら、彼らは先祖をうまく認識できないので、彼らは彼らの先祖の分岐も認識できない。当然、キリスト教徒の白人も俺の質問に回答できない。

 だから、彼らは古代ギリシア人や古代ローマ人の文明や業績を西洋文明を名乗っちゃう。分岐は川や枝を想像すると、わかりやすい。

7:視界と世界の区別の欠如

 キッシンジャー(彼もユダヤ教徒の白人男性らしい)はユダヤ教徒の白人は自己中と言ったらしい。しかし、東洋人から見ると、白人は宗教に無関係に自己中である。なぜなら、彼らはアスペルガーであるので、視界と世界の区別をつけれない。

 その結果、彼らはまるで彼ら自身が世界の中心にいるように振る舞う。白人種は彼ら自身の行為の理由を宗教の中に求めるが、東洋人から見ると、白人の行為の原因のほとんどは遺伝的なものであるように見える。ユダヤ教徒の白人が自己中であるの(これは事実)は宗教でなく白人の遺伝子、つまりアスペルガーに問題があるように見える。

 これは女性もそうである。女性の一部は自己中で、彼女らはまるで世界の中心のように振る舞う。なぜなら、彼女らは世界と彼女らの視界の区別をつけれない。

 文字通り、彼らの世界には、他者が存在しない。その結果、彼らは自己中に振る舞う。ドイツ人を見れば、君は彼らの自己中さを認識するだろう。

8:言語的な苗字の問題と機械的思考

 白人は単語の名字を軽視するので、白人の自己認識は曖昧になる。彼らはキリスト教徒や黒人をchristianやblackと呼ぶ。日本語では、名字が重視される。

 キリスト教徒→Chrischanity-believer ?

 黒人→black-human

 英語では、名字がないので、ユダヤ教徒やイスラム教徒はjewやmuslimと呼ばれる。初見の人間は彼らが人種や宗教について話しているかを認識できない。さらに悪いことに、彼らは文字に弱く文字上の認識を現実を思い込むので、人種の話と宗教の話が入り混じる。

 その結果、彼らはユダヤ教徒やイスラム教徒をまるで異なる人種の存在と思い込むように見える。

 さらに悪いことに、白人は機械的思考であり、彼らは物事を一ゼロで考えるので、ユダヤ教徒と白人が同時に成立することをうまく認識できないように見える。当然、単語の名字が存在しないこともこの原因である。

 機械的思考は人種や民族に対する認識を妨げる。東洋人は人種や民族をガス球体のように幾何学的に把握する。ガス球体の各分子が人間に対応する。

 日本人がある人間を自分からの距離で幾何学的に把握する。それに対して、白人は人種や民族を文字や一ゼロ思考や定義で把握する。

 xが白人であるか、xが日本人であるか、xがキリスト教徒であるか。これらの文は東洋人にとってあまり意味をなさない。なぜなら、日本人は自分からの距離で白人や朝鮮人を測定する。

 中原や台湾の東洋人は日本人に距離的に近い。たとえ彼らの宗教がなんであったとしても。それに対して、朝鮮人はモンゴル人のように北方民族によっている(ように感じる)。

 その証拠として、朝鮮人の体型はより優れていて、骨格もがっしりしている。そして、彼らの気性は激しい。この種の性質は北方の東洋人の性質である。

 xが日本人であるかはたいした問題でない。重要なのは自分からの幾何学的な距離である。東洋人の思考はアナログ思考であり、白人の思考はデジタル思考である。

 白人はxがキリスト教徒であるかないか、xが白人であるかないかという一零思考に執着する。その結果、キリスト教徒でない人間や白人でない人間を抹殺しようとしてきた。たとえ虐殺されてきた人間が同じ人種や同じキリスト教徒であったとしても、、、。

タイトルとURLをコピーしました