「女性少なくないですか?」ホラン千秋と二重国籍と政治家への野心

 ホラン千秋(中央アジア的中間種でウエンツに似てる)やサンドラ・ヘフェリン(中央アジア的中間種で完全な白人に見える)や水原希子(中央アジア的中間種で半分朝鮮人)を見ると、俺は強烈な違和感と不快感を覚え、民主制度の終わりを予想する。その不快感や俺の予想の正体は彼女らは誰であるか?である。彼女らは彼女らの出自も国籍も本当の名前も明らかにしないが、彼女らはなぜか日本人や日本社会を人種差別的に批判する。

ホラン千秋やサンドラ・ヘフェリンや水原希子はナンバープレートをつけずに、公道を走る自動車と同じである。たとえ俺が彼女らのこの種の行為を批判するとしても、彼女らは彼女らの行為をやめない。なぜなら、彼女らは人間社会を維持する意志を持たないので、彼女らは何かあれば逃げれば良いと考えている。

ホラン千秋やサンドラ・ヘフェリンや水原希子は二重国籍を持ち、西側の白人の価値観を持って日本人やその他の東洋人を侮辱する。このとき、俺は二重国籍の奴隷的性質や家畜的性質を感じる。ここでは、ホラン千秋と二重国籍の問題について語ろう。俺の印象によると、彼女は二重国籍を維持した状態で政治家になりたいように見える。

「女性少なくないですか?」ホラン千秋が内閣改造に苦言し賛否呼ぶ - ライブドアニュース
タレントのホラン千秋が、第4次安倍再改造内閣の人事に疑問を呈し、ネットからさまざまな反応が集まっている。ホランは11日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演。番組では、内閣改造に関するニュースを扱
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1172283108466421760

1:なぜ二重国籍が問題か

 俺が中間種の女性アナウンサーを見るとき、俺は強烈な違和感を覚える。彼女らの大部分は多重国籍であり、彼女らは単国籍の人間に対して二重の機会や二重の雇用を受けている。この状態は男性は二重染色体であるので、男性は女性の競技やトイレにx染色体として参入できる。しかし、女性はダメと言っているようなものである。

1:機会不平等

 中間種の人間は二重国籍を保有しているのに、彼らは雇用に関して平等な採用や平等な権利を求める。この状態こそが差別的であるが、彼らは彼女らはこの状態を意図的に放置する。

 実際、ホラン千秋は二重国籍を保有しているので、単国籍の人間に対して不当に有利な状況でアナウンサーとして採用された。この状況は男性は男子医大や女子医大も受験できるが、女性は女子医大のみで男子医大に受験できないことに似ている。または、二重国籍者は日本国でもアメリカでも日本代表やアメリカ代表としての就職する機会を獲得できるが、単国籍の日本人はその機会を得られないことに似ている。

 さらに「女性少なくないですか?」と言ったホラン千秋は日本社会や日本の政治状況に関してまるで自国民のように口を出している。しかし、この種の批判的行為も機会不平等である。日本人はアメリカやアイルランドの政治状況に関して二重に干渉できない。

2:維持の軽視と負担、奴隷化

 二重国籍を求める人間は人間社会の維持に貢献しない。彼らは単国籍の人間に人間社会の維持をさせようとしている。彼らは人間社会を維持する負担を一切追わないので、二重国籍が欲しい、外国人参政権が欲しい、多様性(私たちモンゴロイド人種の虐殺の結果)、多民族国家、地方参政権が欲しいと気軽に言える。

二重国籍を求める人間は人間の社会にともなう負担を有色人種の先住民に押し付けて、有色人種の先住民を奴隷化しようとする。負担は他者に対する損害であるが、彼らはその損害に関して賠償しようとしない。

3:大局的な自立

 二重国籍を求める人間の問題は大局的な自立である。彼らは二重国籍の何がいけないのかと主張するが、もしそれが良いならば、彼らは日本国やその他の国家から独立して、二重の国家を維持すれば良い。誰かにたかり依存することなく、彼らは二重の国家を維持できない。

 特に軍事的な侵攻に耐えられないだろう。実際、ホラン千秋は日本人や日本国を人種的にかつ白人至上主義的に侮辱してきたが、もし彼女が日本人を嫌い、日本国を下等で遅れた国家とみなすならば、彼女らは独立して大局的に自立すれば良い。

2:なぜホラン千秋は二重国籍に賛成か?

 ホラン千秋やサンドラ・ヘフェリンは二重国籍を渇望してきた。では、なぜ彼女らは二重国籍を渇望してきたのか?

1:逃げ道を用意したい

 ホラン千秋やサンドラ・ヘフェリンは歴史的な義務や責任を一切負いたくない。でも、口は出したい。日本人や日本国が虐殺されても、崩壊しても彼女らは自分たちだけは逃げようとする。その逃げ道としての手段が二重国籍である。当然、単国籍者はヤマタノオロチの生贄である。

2:日本人に責任を押し付けたい

 ホラン千秋やサンドラ・ヘフェリンは黒人奴隷やアメリカ先住民の虐殺や朝鮮併合や南京事件の歴史的な義務や責任を日本人や白人、その他の東洋人に押し付けたい。言い換えると、彼女らは歴史的な出来事に関して批判されたくないが、誰かを一方的に批判したい。

3:常に被害者でいたい。

 多数派が二重国籍になる時、その社会や国家は維持されない。だから、二重国籍者は常に任意の国家で被害者で居続けれる。たとえ彼らがどんなに加害行為を繰り返しても、少数派という理由でキリスト教的な哀れみや同情の対象として扱われたい。

3:ホラン千秋と民主制度の終わり

 近代は白人の時代であったが、現在それが終焉に向かいつつある。これは俺ら色つきにとって素晴らしい。その没落とともに、民主制度も廃止され日本国は幕藩体制に朝鮮は李王朝に中国も王朝に戻るだろう。

 すくなくも、俺にとって中国やロシア、そしてインドや欧州におけるイスラム教徒の台頭は歓迎すべきものである。

1:誰が中間種や二重国籍者のために民主制度を維持したいと思うのか?

 二重国籍を求める人間は人間社会の維持や文明の維持に貢献しない。二重国籍の下での民主制度など奴隷化制度やたかり制度や負担押し付け制度に等しい。民主制度の崩壊の理由は維持の軽視と人間的感情(動物的衝動でない)の軽視である。

黒人は彼らを奴隷とした白人の意志介入を嫌うように、単国籍者は二重国籍者の意志介入を嫌う。有色人種は殺人鬼の子孫である白人種やその共犯者である中間種の意志介入を嫌う。俺はなぜ米国民が民主制度を維持できるかが不思議でならない。

二重国籍を求める人間は社会制度や国家や文明の維持を日本人や朝鮮人に押し付けてきた。二重国籍を求める人間は歴史的な義務や責任を日本人のみや単国籍者のみに押し付けてきた。

2:二重国籍と民主制度の終わり

 二重国籍は二重の能力を持つが、国家に関する二重の責任を一切負うつもりがない。彼らの二重国籍は彼らの行為の責任や後始末を回避するための手段でしかない。これは国民国家や自由民主制度の精神を根本的に破壊しているだろう。

 また、上記を見ればわかるように、二重国籍者は逃げ道を用意したい、他人に責任を押し付けたい、そして常に被害者でいたい。この種の心理はあらゆる社会制度を破壊するだろう。

 彼らの行為の負担の全ては単国籍者が負う。この状態は明確な「奴隷状態」である。

3:中間種と民主制度の終わり

 中間種は歴史的な義務や責任を一切負うつもりがない。だから、彼らは常に被害者ぶる。分岐されていない人間の数が増加する時、歴史的な義務や責任を負う主体が消えて無くなる。その結果、社会や政治に口を出すが、責任や後始末を一切負わない、しない人間の数が増加する。

 その結果、国民が選挙権を通じて自由意志を表現して、人間社会を形成するという考えの正当性が失われる。彼らのやってることは他人の家庭や妊婦の子供に干渉するが、堕胎すると逃げるような人間と同じである。それは自由でなく、損害を与える行為である。

タイトルとURLをコピーしました