不定冠詞aは未知数xであり、定冠詞theは物理定数

フラレガイガール / さユり full covered by 春茶

 日本語には、冠詞それ自体が存在してこなかった。だから、日本人にとって冠詞を理解することは非常に難しい。ここで、俺はそのくだらない解決法を提示する。

その解決法とは不定冠詞を未知数xとみなし、定冠詞を物理定数とみなすことである。そのとき、英語を母国語としない人間の一部は冠詞への理解に少し近づくだろう。

さて、以下で、君は冠詞に触れよう。ただし、俺の母国語は日本語であり英語でないので、君は以下の情報を一切信用しない。

1:不定冠詞aは未知数x

 不定冠詞はしばしば「ある」や「ひとつ」のと訳されるが、この訳は素晴らしくない。なぜなら、君は不定冠詞を数を表現する何かと錯覚する。不定冠詞は苗字に対する未知の名前(未知のfirst name)に等しい。

a Tokugawaのaは「ある徳川」でなく、x Tokugawaの「徳川x」に近い。x objectは「ある対象」でなく、「対象x」に近い。a Tokugawaのaは数を表す何かでなく、名前を表す何かである。

だから、Ieyasu xはx家の家康である。

2:定冠詞theは物理定数

 定冠詞theはしばしば「それ」と訳されてきたが、定冠詞theは定数や物理定数に近い。

the Tokugawaは「その徳川」よりも「徳川家のその人」に近い。日本人はthe Tokugawaと聞いて、徳川家康を連想するはず。

3:一本の花はa flowerか?

 A flowerは一本の花でなく、花xに近い。aは名前であり、flowerは苗字である。一本の花はone flowerである。

まとも

 不定冠詞a:a Tokugawa=名前+苗字。a flower=名前+苗字

不定冠詞は数を表現する何かでなく、未知の名前(first name)

タイトルとURLをコピーしました