ドイツ人サッカーと不器用とぎこちなさとアスペルガー

人間について
https://ja.wikipedia.org/wiki/オランダ黄金時代の絵画#/media/ファイル:Vermeer_-_The_Milkmaid.jpg
Schimpansen Kanzi kan göra upp eld
グーペ

 これは「ドイツ人と感情のなさ」の続きである。

 ドイツ人、ゲルマン民族は優れた肉体を持つ民族である。彼らの筋肉は立派であり、長い手足、そして高身長と立派な体格、、、。しかし、彼らの動きは少しぎこちないので、運動「神経」が悪いように見え、アスペの動きを連想させる。

一般的に、白人種の運動能力はパワー系運動能力であり、クマの動きを連想させる。一方、西アフリカ人種の運動能力は瞬発系能力であり、ライオンやトラなどのネコ科を連想させる。東洋人種の運動能力は器用系運動能力であるが、哺乳類では該当する種が存在しない(強いて言えば昆虫や蜘蛛)。

ここでは、俺はドイツ人の動きとアスペの動きについて述べよう。

1:ドイツ人サッカーとぎこちなさ

 ドイツ人のサッカーは非常に素晴らしい。しかし、彼らの動きは機械的でありどこかぎこちなく、彼らの運動神経は悪いように見える。言い換えると、彼らは彼らの身体能力の低さを恵まれた体格や筋肉で補っているように見える。

この種のぎこちなさは白人種に広く見られる。例えば、トーマス・ミュラーもアリエン・ロッベンも非常に優れたサッカー選手であるが、彼らの動きはどこかぎこちない。彼らはその欠点を非常に恵まれた体格や骨格や筋肉や高身長で補っている。

1:トーマス・ミュラー

 トーマス・ミュラーはドイツ人のサッカー選手である。君が彼のうごきを見る時、彼はアスペルガーでないかと勘ぐる。彼の動きはおろのろ、のそのそ、かくかくしている。

→参考記事(12)。

2:機械式サッカーor実行式サッカー

 ドイツ人のサッカーは黒人のような瞬発能力を生かしたサッカーでなく、彼らのサッカーは機械的なサッカーである。白人種は高身長、かつ立派な骨格、そして素晴らしい筋肉を持つので、この種の機械式サッカーが白人に適合する。

ドイツ人は監督が設計した行動手順(プログラム)に従って機械的に動いているように見える。その結果、白人の動きはどこかぎこちない。彼らのサッカーは軍人のoperationのようである。

3:中南米や西アフリカ人との比較

一方、中南米や西アフリカ人のサッカーは瞬発能力を生かしたサッカーである。彼らはネコ科の動物のように動く。彼らの動きは予測不可能である。

2:不器用さとぎこちなさ

ドイツ人はとても不器用、でも一つの物事にじっくりと取り組み、
道具もとにかく正確に作る。んで、そんなしっかりした道具を使って
またまたじっくりものづくりに励むので、出来上がるものはとても質が高い。

http://hamatsu.hatenablog.com/entry/20080911

1:ドイツ人はアスペであるので不器用

 日本人にはドイツの機械は精巧で堅牢とのイメージがあるようです。特にお医者様には好感度が高いようです。
最近思うのですが、ドイツの機械の優秀さはドイツ人の不器用さからきているのではないかと。

http://globeinc.jugem.jp/?eid=43

 近代におけるドイツ製品は非常に素晴らしかった。だから、日本人を含む東洋人は彼らを尊敬してきた。しかし、ドイツ人彼ら自身は器用でなく、アスペ特有の不器用さを持っている。

白人種、特にドイツ人は不器用である。しかし、彼らは設計能力を持つので、商品の機械的製造に長けている。

2:製造における肉体の機械化と産業革命

http://hunterxhuntersmoon.com/aiueo%20ra%20Lovely%20gost%20writer.html

 この記事の画像はオランダ人によって機械的に製造された絵画である。白人種はアスペであり、一般的に不器用である。だから、彼らは彼らの肉体を言語という行動手順(プログラム)で機械化して、絵や商品を機械的に製造する。

その結果、白人は産業革命を起こすことができた。産業革命の本質は自動性と機械化である。白人は商品も絵画も機械的に製造する。彼らは何かを書くや作るよりも、何かを機械的に製造する。俺らが何かを機械的に製造する時、設計図が必要である。

その設計図がプログラムである。ドイツ人のサッカーも同様である。彼らはサッカーを競技するのでなく、彼らはサッカーをプログラムに従って実行する(operation)。

3:アスペの動きに似てる、、、。

グーペ

うちの長男曰く
「ドイツ人は、Motorikに問題があるから」とのこと。
Motorik とは「脳の運動神経による身体の運動能力」のことで、ドイツ人は長い手足が邪魔をして、神経が隅々まで届いていないのではないか、と思うような動きしかできないことがある。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054888618196/episodes/1177354054888735334

1:白人種、特にドイツ人の不器用さはアスペ気質

 そういう日本人の女性とドイツ人(特に男性)は、器用か不器用かという話をしたことがあります、私はドイツ人は全体的に見て不器用ではないかと思いましたので、こんなふうに聞いてみました。
 「ドイツ人って不器用ですよね。両手が左手(つまり両方とも利き手ではない)って感じで(左利きの人ごめんなさい。左利きの人の方が器用な人は多いのですが、あくまで一般の話)」
 その発言に対して、ドイツ人と結婚しているその話し相手の女性は、こんなふうに返してきました。「両方左手ならいい方よ。うちの人なんか両方前足じゃないのってくらい不器用よ」

http://werft-berlin.blogspot.com/2010/11/blog-post_07.html

 上記の観察は非常に鋭い。しかし、日本人は何かを審判することを苦手とする。ドイツ人の不器用さはアスペルガー由来である。正確に言うと、ドイツ人は不器用でなく、アスペ由来の運動能力である


近年, 発達障害の当事者による手記が数多く出版され, 彼らが抱えている身体の問題について徐々に注目さ れ始めている。その中で「身体の動きにくさ」についての記述は数多く,「ボディイメージが弱く, 自分の幅 がどこまであるか分からない」(岩永・藤家・ニキ:2008),「手先を動かす作業は圧倒的に遅い」(岩永・藤 家・ニキ:2009)など,当事者が自身の身体の動きにおいて困難を抱くことは多い。

https://core.ac.uk/download/pdf/33467725.pdf

グーペ

タイトルとURLをコピーしました