大局的自立と対峙と自己認識の形成

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 ここで、俺は大局的自立に関する肉体の操縦を提示する

1:大局的自立

 大局的自立:大局的自立とはある人間が大局的に自立する状態である。大局的に自立している状態とはたとえその人間を複製しても社会が維持される状態である。大局的自立にある人間を大局的自立者と呼ぶ。

 依存者:依存者とは大局的に自立していない人間である。

 大局的自立に関する君の肉体操縦:もしxが大局的自立者であるならば、xは依存者でない。

 大局的自立に関する君の肉体操縦:もしxが依存者であるならば、xは管理される人間である。

 もしxが依存者であるならば、xは大局的自立者でないので、xは管理される人間である。例えば、大局的自立者でない人間は子供やボケ老人が存在する。

2:対峙

 対峙者:対峙者とは彼ら自身の宗教や文明や遺伝子を持って異なるそれらを持つ他人と対立する人間である。

 大局的自立と対峙:もしxが対峙者であるならば、xは大局的自立者である。

 女は男性に依存してきたので、女性は誰とも対峙できない。女性は他者と対峙するための文明や宗教を創造できない。女性は対立を認識できないので、白人のいたこを繰り返して白人男性をすぐに崇拝する。

女性は東洋人が異なる文明に所属して、西洋人と対峙しなければいけないことを認識できない。東洋人男性は白人との対峙者であるので、東洋人は彼ら自身の遺伝子や文明や宗教を彼ら自身で創造しなければいけない。

もしxが大局的自立者でないならば、xは対峙者でない。もしxが大局的自立者でないならば、xは依存者である。

 依存と対峙:もしxが依存者であるなら、xは対峙者でない。

3:自己認識の形成

 自己認識の形成者:自己認識の形成者とは彼自身の遺伝子や文明や宗教など自己を彼ら自身で形成できる人間である。

 自己認識の形成者と大局的自立者:もしxが自己認識の形成者であるならば、xは大局的自立者である。

タイトルとURLをコピーしました