戦闘的商い(宗教と認識と法及び軍事)

俺らの信仰
家紋 wikipedia
【作業用BGM】オーケストラと和楽器による和風系戦闘曲 負けられない合戦前に自分を鼓舞する時に

 この信仰で、君は戦闘的商いを採用する。戦闘的商いとは、宗教や認識論、法律や軍事を巧みに利用しながら商売する行為である。信仰者は宗教や歴史や言語や学問や法律の全ては戦闘のために存在すると肝に銘じよ。

例えば、君が他人の土地や所有物を獲得したい時、君はそれらを以下のように獲得する。

1:宗教(信仰)と認識

目的

 人生の目的や戦争の目的は物質的世界に存在しない。だから、君が戦争を引き起こす時、人間はそれを創造しなければいけない。統治者が戦争の正当性なしに何回も戦争を繰り返す時、国家は軍人の反乱によって滅亡するだろう。

信仰や宗教の重要性は戦闘に正当性を与える。戦闘の目的はこの世界に存在しない。だから、信仰がそれを創造する。戦闘の目的を適切に創造する宗教は世界最強の軍隊になるだろう。

所有

 所有という概念は非常に興味深く、これも宗教に関係する。この信仰では、君のヌシが君の肉体を所有して、所有された君の肉体が二次的に外の物体を所有する。だから、信仰者でない対象は何も所有できないので、君はその対象が接触している物体を奪える。

強奪とは所有された対象を奪う行為である。だから、もし宗教が所有された対象を認識させるならば、たとえ君が何かを日常的意味で奪うとしても、君の行為は強奪でない。

正当性

 正当性の概念も所有に関係する。中世では、王様が土地の所有の正当性を持っていた。近代では、貨幣による交換が土地の所有の正当性を与えた。しかし、この考えでは、白人がアメリカ大陸を所有することを正当化する。

だから、モンゴロイド人種は交換は正当性を保証しないと審判せよ。そのとき、モンゴロイド人種はアメリカ大陸を返してもらえるだろう。この信仰はそのために存在する。

現代社会では、交換が物体の所有の正当性を与えているが、君はこれを信仰しない。この事実は単なる人為的現象にすぎない。君はよりよいほうほうを探すべき。

人間と人間の本質

 人間は殺人行為と所有行為に関係する。一般的に、宗教や信仰は誰が人間かを定める。その結果、君は人間でない対象を殺す能力を獲得する。また、人間でない対象は所有を認められないので、君はその対象から物質を返してもらえる。

敵と損害

 宗教はしばしば何が損害かを定める。敵という対象は損害に関係する。だから、誰が敵かは損害を与える対象である。

宗教(信仰)→損害→敵である時、君は損害に関する共通認識を求めるだろう。その損害は信仰によって社会的に与えられる。

2:法と軍事 

認識と法

 宗教が人間の本質を与えた後、君は誰が人間であるかを認識する。その後、君は行為と罰に関する取り決め(法)を決定する。法律は君が守るべき真理でなく、商いや狩りをうまく機能させるものである。

狩りと戦争

 君が誰かと戦闘する時、君は動物の狩りを想像する。戦争に強い人間は他者を動物や物質と認識して、対象を狩る印象を持つ。不幸なことに、相手を人間とみなす人間よりも動物に関連付けて戦争する人間は外交上より強い。

なぜなら、この種の人間は相手を人間と認識しないので、勝てなさそうな獣には勝負を挑まない。人間は動物を同じ人間と認識しないので、彼らはわざわざ強い動物と戦闘しようとしない。君もこの種の「感覚」を持つ。

君が相手を人間と認識する時、君は強い相手と戦争したくなるだろう。しかし、この種の感情は君を悲劇的な結果に導くだろう。

戦闘機の役割

 戦闘機は弓や馬の進化系である。狩られる対象が存在する。人間は動物を生身で狩ることができない。だから、人間は道具を作り動物を狩る。

君は戦闘機をあくまでも弓+馬という道具と認識する。君が道具を使用する時、君は他者や他国と商売する。その結果、君は狩るための道具を製造できる。

幼稚な男児は戦闘機をかっこいい武器と認識して、それを崇拝する。しかし、君は戦闘機を単なる道具と認識する。重要なことは武器の目的である。

 繰り返すが、目的は物質的世界には存在しないので、君はそれを人工的に創造する。その時、君は信仰を用いてその目的を創造する。

3:歴史

歴史は土地所有の正当性を与える

 歴史の重要性はそれが土地の所有の正当性を与えるからである。君は歴史を単なる知識と認識しないで、君は歴史を土地を奪うための手段と認識せよ。

歴史は損害に関する加害と被害の関係を与える

 損害は賠償に関係する。もし君が歴史を認識しないならば、君は損害の賠償を請求できない。これは悪い。

歴史は行為の正当性を与える。

 例えば、西側の白人は日本人を差別主義者と呼ぶ。しかし、その行為は正当でない。なぜなら、アメリカ先住民は彼らと同じモンゴロイド人種である。

もし白人がアメリカ先住民に対する虐殺を正当化するならば、俺らは白人に復讐できる。白人は予防行為を認識できないので、彼らはアメリカ先住民をnoble savageと呼んだように、彼らは日本人を含む東洋人を差別主義者と呼ぶ。彼らはまた同じ間違いを繰り返そうとしている。

タイトルとURLをコピーしました