蟲的世界の信用的拡張、特に視蟲の拡張について

俺らの信仰
wikipedia 家紋

 ここで、俺は蟲的世界の信用的拡張について述べる。

前提

 前提:君は君の視蟲の外を知覚できない。

 君は君の視蟲(視界)の外を知覚できない。だから、君は君の肉体を動かして、物質を視蟲の中に入れてその物質を知覚してきた。

視蟲の外を知る方法(読書、推論、直感的把握)

 視蟲の外を知る方法:読書や伝聞

 君は視蟲の外を知覚できないので、君は視蟲の外の世界を知る必要があった。だから、君は他者が書いた本を読み、伝聞を聞いた。そして、君は君の世界を広げてきた。

 視蟲の外を知る方法:推論

 君は視蟲の中の情報から推論によって君の世界を拡張する。

 視蟲の外を知る方法:直感的把握

 君は視蟲の中の情報から直感によって他人の感情などを把握する。

蟲的世界の信用的拡張

 蟲的世界の信用的拡張:蟲的世界の信用的拡張とは視蟲の中の情報から視蟲の外の世界を信用的に拡張する行為である。

 例えば、信用的拡張とは論理による拡張や計算による機械的拡張である。言い換えると、意志が介在しない、または意志が適切に排除された物質的世界のような拡張である。俺らが太陽の運動を疑わないのは俺らが無神論者であり、俺らは太陽の運動には意志が存在しないと思考するからである。

タイトルとURLをコピーしました