ユダヤ教徒の白人とキリスト教徒の白人の違いと類似点

 無宗教の東洋人から見ると、ユダヤ教徒の白人もキリスト教徒の白人も同じ白人種である。しかし、彼らは文化的(宗教的)にはかなり異なるように見える。ここでは、俺は彼らの違いについて語る。

1:ユダヤ教徒の白人とキリスト教徒の白人の違い

 ユダヤ教徒の白人は「印僑(グーグルのピチャイ)」に似ている。彼らは宗教の概念を持つが、領土や国家や歴史の概念を持たない。実際、インド人は「歴史」を認識しない。歴史を認識しない人類の存在は不思議でない。

印僑は頭が良く商売上手であるように、ユダヤ教徒の白人も頭が良く商売上手である。彼らは華僑に似ているように思える。

1:歴史と国家と領土の概念の欠如

 ユダヤ教徒の白人とキリスト教徒の白人の違いは歴史と国家と領土の概念である。前者はこれらを認識できない。その代わりに、彼らは宗教と商売でこれを埋めている。彼らは昔のヴァイキングに少し似てるかも。ヴァイキングも彼ら自身の土着の宗教と交易を持っていたが、歴史や国家や領土をうまく認識できなかった。

例えば、日本人の学者気取りもアメリカ先住民もユダヤ教徒の白人と同様に国家概念を認識できない。だから、日本人の学者気取りは彼ら自身の国家の自己認識を形成できてこなかった。しかし、ユダヤ教徒の白人も日本人の学者もバカでなく、国家概念を認識できてこなかっただけである。

例えば、ユダヤ教徒の白人は領土の概念を認識できないので、彼らは多様性や混血(実質的な民族浄化)を主張する。しかし、土着の人種や民族が存在しなくなると、土地の先住権が他の人種や民族に移る。

 日本人が日本列島からいなくなると、先住権は大陸東洋人へと移る。だから、日本人は彼らの人種や民族を守る必要がある。しかし、ユダヤ教徒の白人はこの事実をうまく認識できないように見える。これは中間種や女性や日本人の学者気取りも同様に認識できない。

ユダヤ教徒の白人は人種や民族の維持を差別や多様性や血にこだわる、ナチス、白人至上主義といって妨害しようとする。なぜなら、彼らは領土の概念をうまく認識できない。人種や民族は領土や歴史に密接に関係するので、無くなると歴史の話もできないし、領土に関する戦争が発生する。

人類はそれを悪いと判断するので、人種や民族の維持を重視する。

 ユダヤ教徒の白人の歴史認識はキリスト教徒の白人のそれよりもより宗教的であるように見える。彼らはエジプトの歴史を彼ら自身の歴史と認識しているように見えるが、白人種は中東には存在しないだろう。キリスト教徒のドイツ人もしばしば古代ギリシャやローマの歴史を彼ら自身の歴史のように語るけれども、キリスト教徒のドイツ人は古代ゲルマン人の歴史を彼ら自身の歴史と認識できるように見える(つまり、欧州は未開であった)。

しかし、ユダヤ教徒の白人の歴史概念は完全に宗教的である。ユダヤ教徒の白人は古代の白人の歴史を彼ら自身の歴史と認識できないように見える。なぜ彼らの肌の色は白いのか?なぜなら、彼らは直射日光の少ない地域、つまり欧州大陸に住んできたからである。

2:製造と商業

 ユダヤ教徒の白人は商業に強く、キリスト教徒の白人は製造に強い。彼らは住み分けをしているように見える。これは中国人と日本人の関係に似ているかもしれない。中国人は商業の民であり、日本人は製造の民である。

近代における白人種の発展はユダヤ教徒の白人の商業とキリスト教徒の製造がうまく合わさった結果である。彼らは二人で一つであるように見える。

3:軍事と金融

 ユダヤ教徒の白人は金融に強く、キリスト教徒の白人は軍事に強い。前者は他者との対峙を過度に恐れる。なぜなら、彼らは非常に臆病である。

キリスト教徒の白人が外で狩りをする男性であり、ユダヤ教徒の白人が家計の管理をする妻である。ユダヤ教徒の白人は家計管理を得意とするので、他者との「対峙」を認識できない。

俺の勝手な知識によると、キリスト教徒の白人は金融を宗教的にあまりこのまない。その結果、金融業に従事してきたユダヤ教徒の白人はキリスト教徒の白人によって宗教的に嫌われてきたように思える。

おまけ:秀才と天才

 ユダヤ教徒の白人は秀才が多く、キリスト教徒の白人は天才が多い。前者は東洋人的であり、安定的である。後者は白人的であり、不安定である。

No.1はキリスト教徒の白人であるが、No.2からNo.4くらいまでユダヤ教徒の白人。

2:ユダヤ教徒の白人とキリスト教徒の白人の類似点

1:アスペ体質

 ユダヤ教徒の白人もキリスト教徒の白人種もアスペ体質である。彼らは文字に弱く、彼らの世界は文字から始まる。そして、彼らは主語を正確に認識できない。彼らは世界に対する認識でなく定義を重視する。

ナチスも黒人奴隷も同性愛の迫害も白人の行為である。しかし、白人はアスペであるので、それを認識できない。その結果、彼らは無宗教の東洋人をナチスや黒人差別主義者やLGBT差別主義者と呼ぶ。

俺は白人によるこの種の行為を「脳みそわきが」行為と呼ぶ。俗に言う、「お前が言うな案件」である。

2:被害者意識の強さ

 キリスト教徒の白人もユダヤ教徒の白人も被害妄想が強く、被害者意識が強い。例えば、ドイツ人は加害者であるのに、なぜか彼らはヒトラーやナチスによって苦しめられたかわいそうなドイツ人を演じる。同様に、ユダヤ教徒の西側の白人は有色人種に対して加害者側であり被害者側でない。

しかし、ユダヤ教徒の白人は有色人種の前ですら被害者として扱われようとする。これは歴史修正主義的である。ユダヤ教徒の白人の米国民が立っているその土地は俺らモンゴロイド人種の土地であり、君らは俺らに対する加害者である。

西側の白人種は三つのモンゴロイド人種のうちの一派を絶滅させた。モンゴロイド人種は白人種と地中海人種、中東人種のうちのひとつを絶滅させる権利を持つ。復讐として。

 キリスト教徒の白人もユダヤ教徒の白人もアスペ体質であるので、彼らの認知は歪んでいる。しかし、彼らはそれに気づかない。例えば、アメリカ大陸の多様性はモンゴロイド人種の虐殺であるが、モンゴロイド人種である日本人の前で多様性を賛美すると、日本人はその種の白人種を嫌う。

しかし、彼らは差別されたと解釈する。カメルーンやイスラエルで黒人奴隷やナチスを賛美すれば、嫌われるのは当然である。しかし、白人の認知は少し歪んでいるので、白人は日本人が差別主義者であり排外主義者であるから嫌われたと認知する。

3:自己の欠如

 キリスト教徒の白人もユダヤ教徒の白人も自己を持っていない。彼らは彼ら自身の文字や宗教や法制度や文明を持っていないように見える。

白人種は遺伝子的も文明的にも彼ら自身が誰であるかを認識できないように思える。だからこそ、彼らは宗教に過剰に依存する。そして、人工的な何かに自己を求める。

おまけ:人工性

 キリスト教徒の白人もユダヤ教徒の白人も人工を過剰に重視する。彼らはハリウッド女優のおっぱいみたいな人工的思考である。だから、彼らは人種や民族(subrace)でなく、エスニックや国民や教徒や語族を重視する。

白人種は人工的な自己認識と自然な自己認識を持っていない。前者は種であり、後者は畑である。重要なことは白人種かつユダヤ教徒またはキリスト教徒である。白人種は畑であるが、彼らは畑と種を対立するものとして捉える。

おまけ:維持が苦手

 キリスト教徒の白人もユダヤ教徒の白人も維持を苦手とする。彼らは国家の維持や社会の維持や文明の維持、そして彼ら自身の人種や民族の維持すら苦手とする。

白人種は強いが脆い。なぜなら、彼らは維持を苦手とする。

3:ドイツ人やユダヤ教徒の白人はいつ人工的に形成されたか。

 南ドイツ人の基盤はケルト民族であり、北ドイツ人はゲルマン民族である。ドイツ統一後、彼らはドイツ・エスニックとして人工的に形成された。白人種+ドイツ語族+キリスト教徒がドイツ・エスニックを与えた。

俺の印象によると、ユダヤ教徒の白人種はエスニックを人工的に形成したのは比較的最近であるように見える。ユダヤ教徒の白人の歴史は約1500年であるが、長い間、彼らは単なるユダヤ教徒の白人であってきたはず。

タイトルとURLをコピーしました