ホロコースト否定や犠牲者数と炎上〜ユダヤ教徒の白人の歴史観と宗教観

 ホロコースト否定や犠牲者数に関する発言は世界で炎上してきた。日本人を含む大部分はこの炎上を歴史に関する捏造として批判されてきたと解釈してきた。しかし、俺はこの炎上は歴史における真実に関する炎上でなく、ユダヤ教徒の宗教性に関する炎上であると審判する。

現在、世界人口は70億人であるが、人類の全てが必ずしも歴史概念を認識しているわけでない。実際、インド人は彼ら自身の宗教を持つが、歴史を持たない。印僑は頭が良く商売上手であるが、彼らは歴史を持っていない。

同様に、俺はユダヤ教徒の白人や印僑、そしてキリスト教徒の白人の米国民ですら歴史を持っていないと審判してきた。彼らは「歴史族」でなく「宗教族」である。この観点から、ホロコーストを見よう。

1:歴史と神の意志はどちらが重要か?

 ホロコーストに関する炎上は主にその否定や犠牲者数に関する水増しに関するものである。日本人を含む東洋人の大部分はユダヤ教徒の白人の怒りを歴史における捏造や真実をゆがめていることに関するものであると感じてきた。しかし、俺はこの憶測に反対である。

もしホロコーストにおける犠牲者数が実際よりも多いならば、ユダヤ教徒の白人はその事実をきちんと記録できるだろうか?ホロコーストに関する俺の違和感はこれである。仮に上記のつぶやきが正しいと仮定すると、600万人という数字はユダヤ教徒のうちの1/3であり、これは彼らの聖書由来であるように思える。

白人社会におけるユダヤ教徒(の白人)は非常に奇妙な存在である。スターリン政権下でのユダヤ教徒の数も正確には把握されていない。だから、犠牲者数が実際の数よりも多くても、俺はそれが間違いでないように思える。

 白人は定義を非常に重視するので、ユダヤ教徒の定義次第では、ユダヤ教徒の犠牲者数が仮に多くても不思議でない。繰り返すが、俺が知りたいのは仮にユダヤ教徒の犠牲者数が多かった場合、彼らはその事実を記録できるのか?である。

聖書上の言葉は神の意志であり、ユダヤ教徒はその意志を実現させることを義務とする。だから、たとえ現実と聖書との間に、なんらかの齟齬が生じるとしても、彼らは歴史における真実でなく聖書上の言葉を選択して、神の意志の実現を優先させるように思える。

聖書上の言葉を重視するのは何もユダヤ教徒の白人だけでない。キリスト教徒の白人も同様である。実際、ナチスがユダヤ教徒を虐殺したのは彼らの聖書、つまり神の意志の実現を目指したように思える。ナチスは単なる人種主義や民族主義でなく、イスラム教原理主義よりも原理主義的な行為であったように思える。

 神の意志を実現させようとするのは人間に普遍的な行為である。例えば、日本人、特に日本人女性とエリート(笑)は白人コンプが強く、白人の価値観や白人の意志を日本国で実現させようとしてきた。白人が二重国籍といえば、二重国籍、白人が外国人参政権といえば、外国人参政権、白人が民主主義といえば、民主主義。

白人が科学や論理といえば、科学や論理、白人が男女平等といえば男女平等、白人が多様性といえば多様性、白人がビジネスといえばビジネス。白人が自由主義といえば、自由主義。白人が株主資本主義といえば株主資本主義。日本人女性とエリート(笑)にとって、アメリカの状態は神の意志が実現された状態であり、常に正しいので、彼らはアメリカの状態を日本に実現させようとする。

さらに、日本人の学者気取りは彼ら自身がアジア人であることを嫌でも認めたくないので、彼らは黒人奴隷やアメリカ大陸の多様性やユダヤ教に対するキリスト教徒の虐殺に関する歴史を白人視点で書こうとする。つまり、彼らもまたユダヤ教徒の白人と同様歴史の概念を認識できないで、白人を神と見なし、神の意志を実現させようとしてきた。

白人様
白人様

 日本人の歴史観は聖書に対する白人の歴史観にそっくり。白人が聖書を語る様子は日本人が歴史を語るように非常ににている。

2:ホロコースト否定は宗教的侮辱

 ホロコーストの否定や犠牲者数に関する言及はしばしば炎上してきた。この炎上は南京の否定や原子力爆弾の否定と異なる。具体的には、ホロコーストの炎上は歴史修正主義でなく、宗教的侮辱である。

中世の邪教狩りや異端審問がそれに近いように見える。白人社会は非常に宗教的であり、東洋人はその宗教性に驚く。しかし、彼らの社会における宗教性は変化しないだろう。 

ホロコーストの否定はイスラム教におけるアッラーの擬人化に等しいように思える。ホロコーストという単語自体が宗教的である。

3:東洋人の将来は?

 俺が白人社会の異常な宗教性を見るとき、俺は東洋人は西洋文明から離脱すべきであると審判する。キリスト教徒の白人が衰退して、ユダヤ教徒の白人が台頭してきたが、彼らも宗教すぎる。7世紀のイスラム教の台頭や十字軍を連想させる。

さらに悪いことに、キリスト教徒の白人の米国民ですら歴史を認識できない。日本人の一部は米国民は歴史を知らないと言ってきた。しかし、その発言は適切でない。白人の米国民は歴史を認識できない。彼らはブラジルになるだろう。

無宗教の東洋人は白人の宗教性についていけないので、日本人や朝鮮人を含む東洋人は西洋文明から離脱すべきと俺は審判する。個人的に、俺はキリスト教やユダヤ教に興味を持っていないので、俺は宗教問題に巻き込まれたくない。俺が白人が話していることを一切理解できない。

タイトルとURLをコピーしました