ユダヤ人が白人扱いされず、被害者ぶる原因と理由

広告

 キリスト教徒の白人の一部はユダヤ教徒の白人を白人扱いしてこなかった。これに対して、東洋人は不可思議に感じてきた。さらに、ユダヤ教徒の西側白人は被害者として、有色人種の前ですら振舞ってきた。これに対して、東洋人は強烈な不快感を覚えてきた。

ここでは、俺はなぜユダヤ教徒の白人が白人扱いされずに、かつ彼らが被害者ぶるかについて述べよう。

広告

1:なぜユダヤ人は白人扱いされないか

原因:白人種は現実に対する高い認識能力を持たない。 

理由:白人は世界の造り主の意志を実現させるために、神の言葉に忠実である。聖書上、彼らはセムの子孫で白人(ヤペテ)でないはず(たぶん)

原因は認識能力の低さ

 白人はアスペ体質であるので、現実に対する幾何学的な能力を持たない。だから、彼らはユダヤ教徒の白人を白人と認識しずらい。アイルランド人も白人扱いされなかったはず。

白人はまるで現実に対してノン・ネイティヴのように振る舞う。例えば、日本人を含む東洋人は白人の顔を見分けられないので、東洋人は白人の名前で彼らを分類する。白人は現実それ自体を見分けられないので、彼らは文字に依存して現実を見分ける。

その結果、白人はアイルランド人やユダヤ教徒の白人をなぜか白い黒人と認識してきた。実際、ユダヤ教徒に対する侮辱画(反セム主義)では、中東人種の顔が描かれてきた。東洋人がこの侮辱画を見る時、東洋人はユダヤ教徒の白人の顔は中東人種の顔と異なるように見えると感じる。

理由は聖書に忠実

 白人は聖書に忠実である。聖書の言葉は神の意志であり、人間は神の意志を実現する義務を負う。聖書では、ユダヤ教徒はセムの子孫であるので、たとえユダヤ教徒の白人の人種が白人種であるとしても、ユダヤ教徒は神の意志を実現しなければいけないので、彼らは白人でない。

2:なぜユダヤ教徒の白人は被害者ぶる

 理由:聖書上、ユダヤ教徒は被害者として描かれる。白人は世界の造り主の意志を実現させるために、神の言葉に忠実である。聖書上、彼らは被害者であってきたはず(たぶん)

原因はアスペ

アスペルガーの場合は、被害者意識がかなり強いケースが多く、それだけ傷つきかたも大きいのです。

https://www.shimada-ryoiku.or.jp/pokke/event-42.html

 アスペルガーの人間は被害者意識が強い。証拠として、ドイツ人は加害者であるのに、なぜかナチスに苦しめられたかわいそうな俺らを演じる。

 アスペ→「ドイツ人とアスペ

理由は聖書に忠実

 白人は聖書に忠実である。聖書上、ユダヤ教徒が被害者であるならば、ユダヤ教徒が被害者であることは神の神の意志の実現であるので、ユダヤ教徒は被害者としての歴史を書かなければいけない。

ユダヤ教徒の白人の被害者行為の正当性は彼らの聖書によって正当化される。無宗教の東洋人の大部分は被害者と加害者の関係は歴史によって認識されると考える。しかし、ユダヤ教徒の白人は宗教を歴史よりも重視するので、たとえ彼らが有色人種に対して歴史的な加害者であるとしても、彼らは有色人種の前ですら被害者として振舞う。

なぜなら、ユダヤ教徒の白人が彼我者であることは神の意志の実現でもある。そもそも、キリスト教の白人もユダヤ教徒の白人も人種的には白人種であるので、ユダヤ教徒の白人団体は宗教的団体である。だから、彼らが宗教、つまり彼らの神の意志の実現を重視するのは当然である。

政治戦略

 ユダヤ教徒の白人が被害者ぶるのは政治戦略(生存戦略)かもしれない。キリスト教では、弱者に対する慈悲が重視される。だから、ユダヤ教徒の白人はこの慈悲深さを利用して、生存戦略を取っている。

3:東洋人の対応

同情しない

 ユダヤ教徒の西側白人は有色人種に対して加害者側であり、被害者側でない。だから、東洋人は彼らに同情しない。ユダヤ教徒がナチスに同情しないように、東洋人は白人に同情しない。

見下される場合ははっきり対応する

 ユダヤ教徒の西側白人は白人種であるので、彼らは日本人を人種的に見下している。その場合、日本人は彼らを差別主義者としてはっきりと批判する。一般的に、白人は批判しないと、どこまでもつけあがる。

被害と加害の関係は宗教(神の意志)でなく、歴史で!

 東洋人は歴史における加害と被害の関係を宗教でなく、歴史によって認識せよ。白人は宗派に関係なく、宗教を歴史よりも重視しようとする。東洋人はこれを絶対に認めない。

東洋人は宗教上の神の意志の実現よりも、現実的な記述を重視せよ。