個人主義と組織主義と非干渉主義

俺らの信仰
wikipedia 家紋

 この信仰では、組織主義と非干渉主義を採用する。それらは分岐的大原則によって正当化される。

1:個人主義

 個人主義:個人主義とは人間の行動単位が個人である主義である。個人がばらばらに動く主義である。

 個人主義は狩猟民族や未開で観察される。未開人の大部分は個人主義的であり、彼らは組織を形成できない。言い換えると、彼らは社会性を持たない。

具体例として、日本人の学者気取りは個人主義的である。彼らは農耕民族でなく狩猟民族に近い。彼らは個人主義であり組織を認識できないので、彼らは外部との外交を認識できない。

その結果、日本人の学者気取りは官僚や政治家に何かを直接的に訴えようとする。

2:組織主義

 組織主義:組織主義とは人間の行動単位が組織であると主義である。

 組織主義はより強い。君が政治や外交を行うとき、君は組織主義を採用する。きちんと団結された組織は国家や文明において権力を持つ。

文明を持たない人間は組織主義を採用しないので、彼らは頻繁に支配されてきた。実際、東南アジア人は組織を形成できないし、アメリカ先住民はそのために虐殺された。

この信仰では、君は歴史を重視するので、同じモンゴロイド人種に学べ。

3:非干渉主義

 非干渉主義:非干渉主義とは他人に干渉しない主義である。

 非干渉主義は学問の世界で重要である。学問をやるとき、適切な孤独や他人から干渉されない状態が重要である。君は君の肉体を車体と仮定すると、非干渉主義とは他人の車の運転に干渉しないことにつながる。

白人社会は他人に干渉しすぎるので、彼らが作る社会は異常に息苦しい。少なくとも俺にとって、他人が神を信じるかなんてどうでも良い。俺は他人が他人に肉体を安全に運転することを望む。

タイトルとURLをコピーしました