先祖及び子孫に対する義務

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 この信仰では、君は世界の造り主を信仰しない。君は先祖及び子孫を重視して、彼らの対する義務を果たす。君は白人のような刹那主義を絶対に採用しない。

1:先祖に対する義務

 先祖に対する義務:先祖に対する義務とは君は他人の遺伝子や文明に乞食せずに君自身を君自身で作る状態である。

 君の先祖は君の肉体や文化や言語や文明を自力で創造してきた。君はこれを裏切らない。例をあげよう。

なぜ日本人の数学者は白人の遺伝子に乞食せずに数学や科学を研究してきたのか。なぜ志村五郎や谷山や朝永は数学や物理を彼ら自身で研究してきたのか。もし白人が天才であったならば、白人と結婚して中間種を作り、多様性や国際化を賛美すればよかったはずである。

しかし、日本人の数学者や科学者は数学や科学を自力で研究した。君はこの感情を踏みにじらない。君は彼らの遺志を受け継ぐ必要がある。

 これは肉体のデザインにも言える。東洋人の肉体のデザインは悪い。しかし、東洋人男性は白人の遺伝子に乞食するわけには絶対に行かない。俺らは俺らの肉体のより良いデザインを彼ら自身で創造しなければいけない。

俺らの先祖は少しづつ肉体を改善してきた。他者の遺伝子に乞食することは君の先祖の努力や人間の本質(分岐や創造)、そして人間らしい感情を踏みにじる行為である。君はこれを先祖に対する裏切と冒涜とみなす。

君はこの行為を人間の本質の否定と認識する。君はこれを君の先祖が生きた証の否定と認識する。この先祖の感情や遺志は物質的世界には存在しない。

2:子孫に対する義務

 子孫に対する義務:子孫に対する義務とは君が君と君の先祖の遺志を伝える状態である。

 君は君の子孫に自力で生きろと伝える。他人の遺伝子に乞食せずに君自身を作ってきたことはいつか必ず君の子孫の財産になる。その財産は君の子孫に剣山な自尊心を与え、物質的な価値で測定されないだろう。

一度白人の遺伝子に乞食した中南米人やフィリピン人の醜悪さと醜さを観よ。彼らはこの世のどんな教科書よりも重要なことを君に教える。つまり、人間とは何かである。

君は世界の造り主よりも君の先祖のヌシと君の子孫のヌシを信仰せよ。

3:他者から分岐されていることの意味

 この信仰では、君は分岐を人間の本質と認識する。なぜなら、分岐されてることは先祖が人間として自力で生きてきた証である。

タイトルとURLをコピーしました