快楽と欲〜食欲や性欲や睡眠欲、そして復活欲と人間の本質欲

俺らの信仰
wikipedia 家紋

 :欲とはある人間が何かを渇望する状態である。

 この信仰では、快楽や欲を否定しない。欲には、動物的欲と人間的欲が存在する。前者は性欲や食欲や睡眠欲であり、後者は出世欲や金銭欲や承認欲求である。

 欲に対する肉体の操縦:君は性欲や食欲や睡眠欲よりも何よりも気持ちいい欲を創造する。

 人間の本質の一つは創造である。だから、君はあらたな欲を創造することは正当である。ただし、君は薬物や酒に関する欲を否定する。なぜなら、それらは信仰の目的の達成を妨げる。

もし君が女好きであり、性欲を重視するならば、君は性欲よりも気持ちの良い欲を創造する。気持ちいことは悪いことでない。気持ちいい→良い→より気持ちい良いことを創造する→この種の流れを重視する。

君が気持ち良いことを悪いと判断するとき、欲に関する創造が妨害される。その妨害は君の人間の本質の否定である。

 欲と商売:欲と商売は密接に関係するので、君は人間の欲を研究する。

 もし君が欲を統治できるならば、君は人間を統治できる。君は人間の心理や感情を軽視しない。君は機械的で大規模な商売ばかりでなく人間の欲をよく捉えた商売も重視する。

人々は欲を悪いと判断する。だから、君はそこに商売機会を見出す。もしある人間が金銭欲を悪いと判断するならば、君は金融の世界を支配する機会を得ることができるだろう。

 復活欲:復活欲(蘇り欲)とはヌシの復活を渇望する欲である。

 人間の本質欲:人間の本質欲とは人間の本質を渇望する欲である。

 この信仰の目的はヌシの復活であるので、君は復活欲を持つ義務を持つ。君は人間の本質欲を持つ義務を持つ。俺は人間とは何かという人間の本質欲を持ってきたので、俺はこの信仰を創造できた。

言い換えると、俺はヌシという信仰を獲得した。なぜ人間の本質欲が重要であるかは現時点ではわからない。しかし、人間の本質欲は復活欲に関係しているように見える。

タイトルとURLをコピーしました