階級制度(信仰貴族と自己認識の形成層及び維持層と軍人層)

広告

 この信仰では、階級制度を採用する。なぜなら、貴族が存在しないとき、博士号やお金や夫といったくだらない基準が生じる。人間はなんらかの階級を必要としているように見える。

バカな学者や学歴や夫でまうんとごっこするくらいならば、きちんとした階級を設定したほうが良い。なぜなら、醜い争いが生じない。

広告

1:信仰貴族

 信仰貴族:信仰貴族とはこの信仰における「核」となる人間である。信仰貴族はその遺伝的血統によって認識される。

 信仰貴族と下記の自己認識の形成層が統治者にふさわしい。統治者に関する記事は「統治者の創造」と「統治者の性質」である。

2:自己認識の形成層と維持層

 自己認識の形成層:自己認識の形成層とは自己の遺伝子や文明を創造できる、形成できる人間である。

 維持層:維持層とは自己を維持する人間である。

 自己認識の形成層は俗にいうエリートである。当然、日本人のエリートは本物のエリートでなく白人の業績の運用者である。維持層は中流層や中間層と呼ばれる。白人の天才は東洋人の天才よりも天才であるが、白人は社会の維持を軽視するので、西洋文明は滅亡するだろう。

何かを維持することは非常に重要である。多くの人間は人生の意味や目的を佐賀hして戸惑うが、何かを維持することそれ自体を目的と認識すれば良い。

 維持層と形成層の関係:もしxが維持層であるなら、xは自己認識の形成層によって公平に評価され、決して軽視されない人間である。

 君は東洋人であるので、君は維持の重要性を容易に認識できるだろう。

3:軍人層

 軍人層:軍人層とは他者と対峙する人間である。

 軍人の問題点は戦争の目的や正当性を創造し続けることができないことである。だから、宗教貴族層が必要になる。戦争に正当性が存在しないとき、反乱が生じやすくなる。

 軍人層と信仰貴族:もしxが軍人層であるならば、xは信仰貴族によって現実的に干渉されない人間である。

 宗教関係者が軍人のような現実が要求される人間に関係するとき、君は戦争に敗北するだろう。だから、戦争が発生するときはなるべく宗教や信仰を排除する。

おまけ:産業層

 産業層:産業層とは製造や商業を担う人間である。

 権力とお金:権力とお金は両立しない。

 産業層と軍人層:もしxが産業層であるならば、xは軍人層によって統治される人間である。

 産業層は階級というよりも職業に近い。

タイトルとURLをコピーしました