言論及び報道及び学問の自由でなく義務

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 この信仰では、君は言論の自由や報道の自由、学問の自由でなく義務を重視する。君は言論を車体の警笛音に対応づける。警笛音は義務に従い発せられるべきであり、自由に発せられる時、交通はめちゃくちゃになる。

1:観察された行為

 癌的行為:癌的行為とは内部の人間が戦争状態にならない事に甘えて内部の人間ばかりを侮辱する行為である。

在日ある外国人、特に西側白人は日本人ばかりを人種的に民族的に侮辱する。

 例えば、フィリピン人が日本人を日本列島上で殺すとき、彼らはフィリピン人を批判しない。しかし、彼らは日本人がフィリピン人を少しバカにすると、人種差別とわめいて日本人を説教しようとする。また、日本人がフィリピンに言ってフィリピン人を殺すとき、彼らは日本人を人種差別と批判する。

アスペルガーが嫌がられる本当の”別の理由”
ここでは、ネットでのアスペルガー症候群の人たちの発言についてではなく、現実の職場や友達つきあいでのことを書きます。(私の従兄がアスペルガーで、知人友人にアスペがいます。) アスペを描写する内容で以下

この種の白人は日本社会に入った後、彼らは日本人ばかりを批判する。しかし、たとえ中国人がウイグル人やチベット人を虐殺するとしても、彼らは沈黙する。アスペだけでなく、女性や学者気取りもこの種の行為を好む。

この種の人間は俺らの内部や家に入ってきて、俺らを侮辱する。彼らは敵対行為を明確にとっているのに、彼らはなぜか殺されないと感じている。彼らは殺されると、逆恨みして私怨で復習しようとする。

2:問題点

 不公平性:西側白人は不公平な審判を繰り返す

 一方性:批判行為が一方的である。彼らの大事なものは批判されない。大事なものとは、例えば民族や人種や国家や宗教である。

 非礼:他人の家に入ってきて、その家を批判する事は非礼である。合わないならば、出て行けば良い。

 不公平な審判とは、球蹴りの審判を思い浮かべよ。有色人種ばかりにレッドカードを出す白人の審判は不公平な審判である。しかし、この批判行為に対して、この審判は彼は自由に審判していると返答するかもしれない。

ここに言論の自由の間違いが存在する。また、一方性も問題である。この種の白人は自分が批判されない立場に彼らの身を置きながら、他者を一方的に侮辱する。

君が宗教施設に入った後、君はその宗教を延々と侮辱する時、その教徒は怒る狂うだろう。

3:解決案

 言論の義務:言論は義務に基づき、公平性かつ両方向性かつ礼節に基づいて行われる。君はそれぞれを言論の公平性、言論の両方向性、言論の礼と呼ぶ。

 言論の不干渉:言論の不干渉とは他人からあーだこーだ言われない状態である。

 君は言論を車体の警笛音に対応づける。警笛音は義務に従い発せられるべきであり、自由に発せられる時、交通はめちゃくちゃになる。だから、言論の義務は言論の自由よりも重要である。

日本人を含む東洋人は言論の自由よりも白人からうるさく言われない権利を重視するように見える。

おまけ:一般化

 報道はマスゴミと呼ばれ、学者は知の肉便器と呼ばれた。なぜなら、自由が問題あった。重要なのは自由でなく義務である。

さらに、報道や学問は中間媒体である。だから、中間媒体は自由をなおさら持つべきでない。

タイトルとURLをコピーしました