思考と悪意

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 君は論理や正しさでなく、他人の意図や悪意を察知して行動せよ。以下では、俺はいくつかの例を挙げる。

混血や多様性の是非

 一部の人間は多文化共生や多様性を掲げて混血を推進してきた。君はこの種の問題を考える時、多数の種類の思考を試みよ

信仰型

 この信仰の目的は分岐であるので、混血は基本的にしない。分岐は人間の本質を与えるので、混血は人間の本質の否定である。

また、混血すると、文化的ダウン症になる可能性が存在する。文化的ダウン症は人間の否定である。

歴史型

 ごちゃごちゃ混血する時、歴史の話ができなくなる。なぜなら、加害対象と被害対象が存在しなくなるので、歴史の話を真剣にすることは時間の無駄になる。さらに、人種や民族を失うと、先住権も失うので、混血しない。

悪意反応型

 混血や多様性を推進する人間は確信犯的である。彼らは混血して自己を失ったので、日本人や中国人や朝鮮人を道連れにしたい。あるいは、彼らは猫をワニの沼に入れて、殺されるところをみるように、日本人を含む東洋人がくるしむところを見たい。

または、人種や民族や部族が存在する時、人種主義や民族主義や部族主義が台頭する可能性が存在するので、彼らはそれらを混血で抹殺したい。

君が何かを考える時、君は他人の悪意に敏感になれ。

悪意と思考

 悪意と思考:xが悪意を持った対象である時、君は悪意に対処するように行動せよ。

 例えば、上記では、君は混血しないで、多様性や多文化共生を拒絶する。なぜなら、彼らは日本人を含む東洋人を抹殺したいと考えている。

また、悪意は物質的世界に存在しない。悪意は蟲的世界に存在するので、悪意はより分岐された蟲である。蟲は物質よりも分岐された対象であり、それは君にとってより重要である。だから、君は蟲(この場合は悪意)を優先させて、思考せよ。

タイトルとURLをコピーしました