人間の本質に対する渇望大原則

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 これは「人間の本質」の続き

 渇望大原則:渇望大原則とは君が人間の本質を渇望する大原則である。

 この信仰では、君は君の肉体を分岐大原則に従って操縦する。それだけでなく、君は「人間の本質に対する渇望大原則」も重視する。

日本人は人間の本質に対する無関心さを持ってきた。彼らは人間の本質を単なる文字の羅列と知覚した。彼らは人間の本質の意味やそれを感覚的に把握しようとしてこなかった。

なぜなら、日本人は家畜や奴隷の意味を認識できない。その結果、日本人は人間の本質に無関心であったきた。奴隷文明や家畜を扱う遊牧民では、人間と奴隷の境界や人間と家畜の境界が重視されてきたので、白人や遊牧民は人間の本質を強く欲してきた。

1:この原則の背景

 東洋文明は奴隷の存在を前提とした奴隷文明でない。日本人は家畜や牧畜の意味を感覚的に把握できない。この状態は幼児的であり、君はこの幼児性を悪いと判断する。

例えば、日本人の大部分は黒人奴隷の意味を認識できない。日本人は黒人も東洋人も同じ人間であると思い込む。なぜなら、黒人は日本人と同じ形(デザイン)を持っている。

だから、日本人は黒人も彼らと同じ人間であると審判する。しかし、奴隷文明であるコーカサス人種やモンゴルのような牧畜文明はそのように考えない。だからこそ、彼らは黒人奴隷をまるで物や家畜のように扱い、彼らを交配させて、彼らを所有して処分してきた。

 以下では、君は彼らの死生観を眺めよう。

 デザインと人間の本質:デザインは人間の本質を与えない。

 白人が黒人を奴隷にする時やモンゴル人が漢民族を家畜のように扱う時、日本人を含む東洋人は強烈な違和感と不快感を覚える。なぜなら、黒人や東洋人は彼らと同じ形(デザイン)を持っている。だから、黒人も漢民族も同じ人間であると感じてしまう。

しかし、白人やモンゴル人は人間をそのように認識しない。彼らは人間の本質を肉体のデザインに見出さない。だから、黒人や漢民族が同じデザインを持つとしても、彼らは黒人や漢民族を同じ人間と認識しないので、彼らは黒人や漢民族をまるで物や家畜のように扱う。

日本人は「同じデザイン→同じ人間」と認識するので、黒人や漢民族を物や家畜のように扱う白人やモンゴル人を見て非常に驚く。この驚きには、以下のど人的人間観が隠されている。

 土人的人間観:土人的人間観とはデザインや要素などを人間の本質と認識する人間観である。

 土人的未分化状態:土人的未分化状態とは、人間の本質とデザインが未分化である状態である。

 土人的論理:もしxが君と同じデザインを持つ対象であるならば、xは君と同じ人間である。

 これが土人的人間観である。もしこの具体例が正しいならば、もしロボットが人間の形を持つならば、そのロボットは人間である。知的能力の低い動物は同じ形を持った対象を同じものと知覚する。

例えば、子供は人間の形を持つロボットを人間と誤認して、そのロボットをまるで人間のように扱う。物質的世界から分岐されず、深く埋め込まれ束縛された動物、例えば犬は犬の形を持つ人形に嫉妬する。なぜなら、犬は同じ形→同じ犬という論理を適用する。

要するに、下等生物であればあるほど、彼らはデザインを人間の本質と認識する。実際、日本人、特に日本人女性は白人崇拝を好む。なぜなら、白人の肉体のデザインは実際により優れている。

 重要なもの:重要なものとは、人間の肉体のデザインや肌の色である。しかし、それは人間の本質でない。

 しかし、日本人は土人的であり、人間としての白人の本質と白人のデザインを区別できない。君が肉体を車体とたとえる時、車体のデザインと車体の性能が互いに異なるように、白人の肉体のデザインと白人の発言は互いに異なる。繰り返すが、日本人は上記の犬や土人のような劣等な対象に近いので、彼らはデザインそれ自体を人間の本質と認識する。

肌の色も肉体のデザインも人間にとって重要なものであるが、それらは人間の本質でない。実際、シャチはしろくまや白い対象を食べるが、シャチは黒人を食べない。シャチですら人間が何かであるかを肌の色と認識しない(ただし、シャチも所詮下等生物であるので、彼らは人間の形を人間の本質と認識するかも)。

しかし、フィリピン人やタイ人を始めとする東南アジア人は肌の色を人間の本質と認識するので、彼らの知的能力はシャチ未満である。日本人、特に学者気取りや日本人女性も土人的であるので、白人の肉体のデザインの優秀さを見て、白人を崇拝する。なぜなら、彼らは重要なものと本質を認識できない。

2:人間の本質の意味

 人間の本質の意味と取り決め:もしxが人間でない、つまりxが人間の本質を持たない対象であるならば、xは家畜や奴隷として所有され、処分され、誅や法が適用されない。

 人間の本質の意味は所有行為や処分行為によくあわられる。副次的なものとして、誅や法律の適用に人間の本質の意味があらわれる。人間の本質とは、日本人の学者気取りが主張するところの知的好奇心でなく、宗教的信仰的な産物や政治的な産物である。

日本人は家畜や奴隷の意味を認識できない。だから、彼らは人間の本質に対するかつぼうを持ってこなかった。

 未開民:未開民とは奴隷や家畜の意味を認識できない対象である。

 未開民に関する取り決め:もしxが未開民であるならば、xは人間の本質を渇望しない。

 未開民及びその取り決めに対する陰陽:君は未開民及び上記の取り決めを悪いと判断する。

 この悪いは君は君の肉体をそのように操縦しないである。「禁止」は外部からの強制である。

3:爬虫と人間の本質

 爬虫:爬虫とは人間の本質を渇望しない対象である。

 爬虫取り決め:もしxが人間の本質を渇望しないならば、xは人間でない。言い換えると、もしxが爬虫であるならば、xは人間でない。

 これは分岐大原則によって正当化される。

タイトルとURLをコピーしました