親しき中にも礼儀あり〜この信仰の目的と人工的対立

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 信仰の現実的目的:信仰の現実的目的の一つとは人工的対立を形成することである。

 礼節と陰陽:親しき中にも礼儀ありは君にとって陽である。礼儀なしの状態は陰であるので、陰には陰を適用する。

 一部の日本人女性は日本人男性と同じ民族であることに甘えて、日本人男性を侮辱してきた。その時、彼女らは白人男性を崇拝してきた。例えば、男女平等の平等はキリスト教的平等であるが、日本人女性はその平等性を日本人に押し付けようとしてきた。

しかし、日本人女性はインド人男性やアラブ人男性に同じように男女平等を押し付けない。なぜなら、そのとき、日本人男性は日本人女性を守らない。つまり、日本人女性は日本人男性に殺されないと思って、彼女らは日本人男性をどkまでもバカにしてくる。

さらに、日本人女性は災害や戦争においても、日本人男性が日本人女性や彼女の夫や彼女の中間種の子供を助けてくれると自分勝手に期待している。要するに、彼女らは日本人男性に子供のように甘えている。明治維新の影響のために、親しき中にも礼儀ありという考えが忘れ去られた。

 人工的対立:人工的対立とは同じ人種や同じ民族や同じ部族が人工的に対立する状態である。

 具体例としては、国籍や宗教による対立が人工的対立である。イギリス人の米国民とイギリス人の英国民は人工的に対立している。ユダヤ教徒の白人とキリスト教の白人も人工的に対立している。

 甘(あま):甘(あま)とは、殺されないと思って甘え、かつ損害を与えてくる対象である。

 人工的対立と礼節:人工的対立が存在するとき、何をやっても殺されないという甘えが排除されて、親しき中にも礼儀ありの状態が維持される。

 人工的対立の重要性は白人崇拝の日本人女性を見るときに認識される。彼女らは日本人男性に殺されないと思って、彼らはどこまでも人種的民族的に侮辱する。例えば、彼女らは日本人男性をジャップオスと呼ぶ。

しかし、この種の日本人女性は中国人男性や朝鮮人男性をチョンと呼ばない。なぜなら、下手すると、彼女らは殺される。そして、彼女らは日本人男性に助けてもらえないと感じている。

だから、日本人女性は朝鮮人男性や中国人男性を侮辱しない。何かあっても日本人男性が日本人女性を助けるという幼児的甘えが彼女らを侮辱行為に導いている。人工的対立はこの問題を解決する。

 人工的対立と侮辱行為:たとえxが君と同じ人種や民族や部族であるとしても、もしxが人工的対立状態を形成して損害を君に与えるならば、xは君によって中絶させられる歩く胎児である

 甘と中絶:もしxが甘であるならば、xは君によってx中絶されられる対象である。

タイトルとURLをコピーしました