イスラエルとユダヤ教徒の白人と白人的思考、そしてアメリカ合衆国

歴史
https://en.wikipedia.org/wiki/Hebrew_Bible

 無宗教の東洋人(日本人は白人じゃないよ!)にとって、イスラエルやユダヤ教徒の問題は意味不明である。上記の発言(古代ユダヤ人と現在のイスラエル人が結びつかない)を見ればわかるように、なぜイスラエルの地域に白人が存在するのかを理解できない。当然、俺も理解できない。

1:東洋人(日本人)の疑問と回答

なぜ白人が中東に存在するか?

 東洋人の大部分は白人が中東地域に存在する状態を不自然と審判する。そして、その不自然さはハリウッド女優のおっぱいのように不自然であると関連づける。言い換えると、その不自然さはおかしい。

東洋人が白人の歴史を学習するとき、この白人の超人工性と不自然さにぶち当たる。しかし、東洋人は白人種の性質とは不自然であり超人工的であると審判するべきである。この人工性はフランス庭園の人工性やアメリカ合衆国の人工性やイスラエルの人工性、そしてユダヤ教徒の白人の存在の人工性である。

古代ユダヤ人とユダヤ教徒の白人は人種的に一致するか?

 俺はユダヤ教徒の白人の原住地は欧州である、つまり人種的に一致しないと審判する。ユダヤ教徒の白人はアメリカ人(実際はアメリカ国民)のような存在である。古代のユダヤ教徒とユダヤ教徒の白人には、なんらかの遺伝子的なつながりが存在するだろう。

しかし、そのつながりは北アフリカ人がフェニキア人の遺伝子を持っていたり、または日本人が縄文人の遺伝子を持っているようなものである。日本人は実際縄文人の遺伝子を持つが、日本人はアメリカモンゴロイド人種でなく、東洋モンゴロイド人種(東洋小人種)である。同様に、ユダヤ教徒の白人種は遺伝的に白人種である。

俳優の阿部寛は縄文寄りの顔を持っているように、ユダヤ教徒の白人の一部は地中海人種的な目(鼻でない)を持っているように思える。それでも、俺は彼らは中東人種(エジプトやペルシャやイラク人)には見えない。

2:東洋人が注意すべき白人の思考

 東洋人が白人の思考を知りたいとき、彼らはドイツ人(宗教に無関係)を調べると良い。おそらく、東洋人がイスラエルやイスラエルのユダヤ教徒の白人を調べても、イスラエルの存在の奇妙さは解決されない。

人工優位性

 白人種は自然を軽視して世界を人工的に認識する。例えば、国民や教徒や語族は人工的な概念であり、人種や民族や部族、性別は生物的事実である。しかし、白人種はそれらを混同して、さらに悪いことに、彼らは教徒や国民を優先する。

その結果、東洋人は白人の行為や状態を不自然であると審判する。例えば、ユダヤ教徒の白人は白人に見えるが、キリスト教徒の白人はかれらを白人と認識しない。その結果、キリスト教徒の白人はユダヤ教徒の白人を虐殺してきた。

外部から見ると、白人が白人を殺しているように見えるが、彼らは自然(人種)でなく人工(教徒)を優先するので、ある種の行為を選択する。実際、欧州連合も非常に人工的であり、イタリア人やスペインじんやギリシア人はトルコ人と同じ地中海人種であるが、なぜか白人種はトルコ人を排除してイタリア人やスペイン人やギリシア人を欧州連合に加えてきた。白人種と地中海人種の関係は東洋人種と東南アジア人種の関係に似ている。

脳みそわきが性

 白人種は自己や主語を正確に認識できない。その結果、ユダヤ教徒の白人は彼ら自身を白人でなくユダヤ人であると認識してしまう。この種の行為は不思議でない。

例えば、日本人の一部は彼ら自身を縄文人の子孫であり、東洋人でないと認識してきた。また、白人コンプレックスをこじらせた日本人の学者気取り、例えば、大栗博司や村山斉は彼ら自身をアジア人であると「絶対に」認めようとしない。白人種はそもそも自己に対する認識能力を持たないので、東洋人は彼らの行為を奇妙と審判する。

例えば、ドイツ人はナチスの子孫であるが、彼らはそれをうまく認識できない。その結果、彼らはナチスを他人事のように糾弾したり、日本人をヒトラーやナチスと例える。その行為に対して、日本人は「お前がナチだろ」と返答したい。

定義及び合意>認識(現実にネイティヴでない)

 白人種は認識を軽視して定義や合意を軽視する。東洋人は定義や合意を軽視して認識を重視する。東洋人はユダヤ教徒の白人を白人種と認識する。

しかし、白人は定義や合意を重視するので、ユダヤ教徒の白人が定義上白人種でない時、彼らは白人でなくなる。さらに悪いことに、白人種はその定義を合意してしまう。

その結果、ユダヤ教徒の白人は白人と東洋人によって認識されるが、キリスト教徒の白人は定義や定義に関する合意を重視して、彼らを白人と認識しない。さらに、下記で見るように、白人は文字ありきの思考を重視するので、文字上白人でない時、ユダヤ教徒の白人はなぜか白人扱いされない。

文字ありき

 白人種は現実を幾何学的でなく、文字に依存して認識する。白人はバカでないが、現実に対する高い認識能力を持たない。その結果、東洋人が白人の顔を見分けることを苦手とするように、白人は現実を見分けるのを苦手とする。

その結果、東洋人が白人を白人の名前で見分けるように、白人は現実を名前(文字)で見分けようとする。これは上記の人工優位性にも関係する。教徒と人種は文字上の文字であるので、白人はwhiteとjewをしばしば混同する。

先祖の概念の欠如→歴史の欠如

 白人種は彼ら自身の先祖を認識でき無い。その結果、白人種は歴史の概念をインド人のように持っていない。また、白人種は彼らの先祖がどういう風に分岐したかをいまいち認識できない。

上記のつぶやきでは、古代ユダヤ人と現在のイスラエル人が結びつかないと書かれた。なぜなら、白人は先祖を認識できない。だから、古代ユダヤ人とイスラエル人が結びつかなくとも、当然である。

俺の印象によると、ユダヤ教徒の白人は彼らの先祖がどこからどういう風に分岐したかについて答えられない。

思考が局所→大局

 白人種は現実を局所から大局へと論理的に構成しようとする。その結果、彼らの思考は論理的であるが、彼らの思考は認識的でない。東洋人はモンゴロイド人種→東洋小人種→大和民族→と認識を重視して、現実を把握する。

しかし、白人種はアイルランド人→イギリス民族→白人小人種→コーカサス人種→と構成的に定義する。その結果、ユダヤ人という奇妙な存在が生まれる。

関係性思考でない

 白人種は彼ら自身の肉体と土地を関係付けて思考できない。その結果、白人種はインド大陸における白熊を見て不自然であると認識しない。上記のつぶやきでは、なぜイスラエルに白人が存在するのかという疑問が定義された。

 何千年も前にパレスチナに白人が住んでいたの?

この種の疑問は東洋人が現実を関係性思考を用いて認識するので、生じる。東洋人は人間と土地の関係を認識して、不自然かどうかを審判する。しかし、白人種は白人という対象それ自体と法律や文字(人工優位性+文字ありき+認識軽視+定義及び合意)で、現実を定義するので、彼らは不自然さを感じない。

3:アメリカ合衆国とイスラエルはそっくり

類似点

 アメリカ合衆国とイスラエルは非常に似ている。第一に、両国は超人工国家であり、かつ不自然である。また、土着の先住民に対する虐殺も似ている。

東洋人の大部分は北米の上の白人やレヴァント地域における白人を見て、彼らは白人種が北米やレヴァントにいることは不自然であると審判する。しかし、白人はその不自然さを認識できない。

相違点

 パレスチナ人とユダヤ教徒の白人のイスラエル国民は同じコーカサス人種である。しかし、アメリカモンゴロイド人種と白人の米国民は異なる人種である。また、イスラエルは黒人奴隷によって繁栄してきていない。

タイトルとURLをコピーしました