着る行為と歩く行為と姿勢行為

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 服装も宗教や信仰に密接に関係してきた。この信仰でも、俺は服装に関する陰陽をて維持する。当然、着る行為の正当性は分岐大原則によって正当化される。さらに、歩く行為や姿勢行為(状態)に関しても指定される。

着る行為

 着る行為と陰陽:裸は陰である。

 上記の正当化は分岐大原則によって正当化される。実際に生じた状態:動物は服をきていない。未開人も服をきていない。

非信仰的には、裸を肯定する時、文明が発展しないので、君は裸を陰と判断する。

自己服

 自己服:自己服とは自己の服装である。

 自己服と陰陽:自己服を着ることは陽である。

 正当化は現時点で思いつかない。ただ、動物は自己を認識できないように思える。

目的と機能

 目的服:目的服とは目的を備えた服である。

 機能服:機能服とは機能を備えた服である。

 陰陽:目的服や機能服を装着することは陽である。

 目的は物質的世界に存在しない分岐された概念?である。分岐大原則により、君は目的を蟲的、またはヌシ的であると判断する。だから、君は目的服や機能服をより分岐された服であると審判して、君は目的服や機能服を装着するように君に肉体を操縦する。

君が服装を考える時、マッチョを思い出す。マッチョの筋肉は明確な目的や機能を持たないので、君はマッチョを分岐された対象を審判しない。一方、肉体労働による筋肉は機能、または意味を持っている。

歩く行為

 猿歩き:猿歩きとは両足を地面に引きずるようにして歩く行為である。

 猫背歩き:猫背歩きとは猫背で歩く行為である。

 すぼみ歩き:すぼみ歩きとは両肩をすぼめるようにして歩く行為である。

 うつむき歩き:うつむき歩きとはうつむきながら歩く行為である。

 上記の行為は陰である。または、上記の行為は動物的、または蟲や蟲判断に対応する。

姿勢行為

 猫背と陰陽:猫背は陰である。

 これは分岐大原則による。猿は猫背で歩くので、君は猫背から分岐するように歩け。

 正座:正座行為は陰である。

 君が正座する時、君の足、特に膝下は短くなり、君の体型の比が崩れる。なぜなら、君は正座する時、おそらく血流が阻害されて、君の膝下の長さが短くなる。

君はこれを陰陽と判断する。なぜなら、君がサルを見る時、君は彼らの膝下が短いと審判する。分岐大原則により、君はひざしたの短さをインと判断して、長くなるように、君の肉体を操縦する。

つまり、君は正座行為を回避する。

タイトルとURLをコピーしました