経験と商いと先祖

広告

 この信仰では、君は経験を重視する。では、経験とは何であるか。

広告

1:経験

 経験:経験とは自己の蟲的世界に入ってきた対象たちである。

 君が蟲的世界を球体とみなす時、その中に入ってきた何かが君の経験である。当然、体を動かすととも経験である。日常的には、経験とは君の身に実際に生じたことである。

2:商いと経験

 経験的商い:経験的商いとは、先祖や自己の歴史や経験を重視する商い行為である。

 遺伝子的な優秀さが必ずしも成功に結びつかないのはこの経験の差である。例えば、先祖が商売を起こした経験を持つ時、火災保険や地震保険に関する経験が蓄積される。この経験は教科書では学べない。

さらに、土地に関する感覚もそうである。土地に関する資料だけでは、不足していて、現地の人間の発言が絶対に重要になってくる。

3:経験と先祖

 経験と先祖:先祖の経験を子孫へと語り継ぐことは陽である。

 先祖のヌシは物質的世界から分岐された対象であるので、陽である。先祖の経験には、商売や軍経験や病気の経験が含まれる。病気の経験は医学に応用され、商売の経験は商売に応用される。

タイトルとURLをコピーしました