食事行為とその正当性

俺らの信仰
http://www.masa10xxx.com/entry/kutyaler

 宗教や信仰と食事は密接に関係する。例えば、イスラム教では豚肉、ヒンドゥー教では、牛肉が禁止されてきた。この信仰では、人肉を含めて基本的に何も禁止しない。

ただし、君は目的性食事行為を重視する。

 食事行為:食事行為とは人間が食物を食べる行為である。

 目的性食事行為:目的性食事行為とは目的を持った食事行為である。

1:陰な食事行為

 音立て行為:音立て行為とは食事中に音を立てる行為である。

 くちゃらー行為:くちゃらー行為とはくちゃくちゃ食べる音立て行為である。

 すすり食い行為:すすり食い行為とはすすりながら音を立てて食べる音立て行為である。

 ガツガツ行為:ガツガツ行為とは食事をガツガツ食べる行為である。

 肘立て行為:肘立て行為とは食事中に肘を立てる行為である。

 犬食い行為:犬食い行為とは犬のように食べる行為である。

 一品食い行為:一品食いとは一品のみを集中的に食べる行為である。

 クンクン行為:クンクン行為とは出された料理の匂いを嗅ぐ行為である。

 手ぶら行為:手ぶら行為とは片方の手をぶらぶらさせながら食べる行為である。

 前屈み行為:前屈み行為とは極度に前かがみになりながら食べる行為である。

 食事行為と陰陽:陰な食事行為は陰である。

 分岐大原則によって、食事行為は基本的に正当化される。簡単に言うと、君は食事を動物のように食べない。だから、君は動物の食事をよく観察して分析した後、君は動物のような食事法から分岐するように、君の肉体を操縦せよ。

目的性食事行為

 目的性食事行為:目的性食事行為とは目的を持った食事行為である。

 例えば、食事行為は楽しむ行為や美味しい行為でない。食事行為は君の肉体や信仰の目的を達成する行為である。この信仰は食事行為の目的とその目的の正当性を与える。

タンパク質はカルシウムの摂取は陽である。なぜなら、この信仰は長身を陽とする。

 目的と陰陽:目的性食事行為は陽である

 目的は物質的世界に存在しないので、君は目的を分岐された対象と認識する。この信仰では、目的は陽であるので、目的性食事行為も陽である。

食事行為の一般化

 食事行為の一般化:君は食事行為を対象による物体の消費・消化(吸収)と認識する。

タイトルとURLをコピーしました