奴隷状態と家畜状態

俺らの信仰
ウィキペディア コンゴとベルギー

 奴隷と物蟲ヌシ:君は奴隷状態を物判断と判断する。

 日本人は奴隷や家畜を認識できない。しかし、この信仰では、奴隷や家畜に対する認識を重視する。現在の自由民主制度の自由はこの奴隷や家畜の概念に密接に関係する。

コーカサス人種は奴隷文明であったからこそ、彼らは人間の本質を自由と認識してきた。奴隷という認識は自由と強制、維持に密接に関係する。

自由と強制と奴隷

 一般的な奴隷の印象:奴隷とは人間の自由意志が制限または禁止される状態、あるいは人間の意志に反してなんらかの状態や行為が強制される状態である。

 奴隷と強制:もし君が強制状態に存在するならば、君は奴隷状態である。

 奴隷や家畜は自由を持たない。なぜなら、奴隷の所有者が彼らの人生を決定する。強制という単語は自由意志の否定、つまり奴隷化や家畜化を意味する。

強制という単語は禁止にも通じる。一般的に、強制や禁止が嫌悪されるのはそれが奴隷状態や家畜状態に結びつくからである。だから、この信仰では、君は自発的な義務を重視する。

奴隷を連想される単語

 禁止、否定、強制、制限

 安易な禁止は強制を導く、他者意自由意志の否定は強制を導く、安易な行為の制限も半強制を導く。

奴隷と維持の軽視

 維持奴隷状態:維持奴隷状態とは維持が他者によって君に押し付けられた状態である。

 この信仰では、君は維持を重視する。コーカサス人種は人間社会の維持を軽視するので、彼らはローマのようにすぐに滅びる。

具体例:たとえば、二重国籍は維持奴隷状態である。

物質的世界の奴隷

 物質的世界の奴隷:物質的世界の奴隷とは君のヌシが物質的世界の奴隷になっている状態である。

 この信仰では、君は君のヌシは物質的世界に奴隷化されていると認識する。例えば、物質的世界は日本人の知の肉便器をホモ・サピエンスと知覚させるように強制してきた。なぜなら、君のヌシは物質的世界の奴隷であり続けてきた。

不自然奴隷とアメリカ大陸

 不自然奴隷状態:不自然奴隷とは不自然な購入や不自然な所有や不自然な侵略状態や不自然な占有状態や不自然な占領状態が強制された状態である。

 アメリカ大陸はモンゴロイド人種の所有物である。しかし、なぜか俺らが石油や食料を白人から購入しないといけない。君はこの状態を奴隷状態と審判する。

これは白人が俺の部屋に入ってきた後、なぜか俺の家族の部屋の冷蔵庫を勝手に開けて、それを俺らに売りつけようとしている。そして、俺らは俺らの家族の部屋の石油や食料を購入するためになぜか働かないといけない。

タイトルとURLをコピーしました