学者や弁護士や政治家が先生と呼ばれる理由と心理

高浜町元助役 地元では「天皇」 関電幹部に金品、原発誘致の先頭に - 毎日新聞
 関西電力の幹部らに多額の金品提供をしていた福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(今年3月に90歳で死亡)は原発誘致で大きな役割を果たし、退職後も関電への影響力を背景に地元では「天皇」と称された。関電の八木誠会長は「先生」と呼び、27日に記者会見した岩根茂樹社長も「長く地域対応の助言、協力を頂いた。関係

 先生の法則:もしxが先生と呼ばれる対象であるならば、xは無能で高慢であるが、白人にビビって何も言えない対象である。

 俺が弁護士や学者や政治家を先生と呼ぶことに関して、強烈な違和感を覚える。さらに、彼らは互いを互いに先生と呼び合っているが、多くの人間はそれを気持ち悪いと考えている。ここでは、俺はその問題について語る。

問題点

義務の欠如→職業の欠如

 日本人の学者や弁護士は職業の概念を認識できない。なぜなら、彼らは義務を認識できない。その結果、彼らは労働という概念すら認識できない。

結局、日本人の学者や弁護士は義務を認識できないので、彼らは弁護士や学者を実質的な身分か何かを錯覚する。これは認識の問題であり、知識の問題でないが、彼らは高い認識能力を持たないので、彼らの状態は変わらない。

さらに、日本人の弁護士や学者は貴族性に反対してきたが、この行為は実に喜劇的である。先生と呼ばれて貴族のような特権を受けてきた人間たちが貴族性に反対している。もし彼らが貴族性に反対するならば、彼らは先生と呼ばれるべきでない。

審判や判断の欠如→問題解決の欠如

 先生という呼称の問題点は彼ら自身の審判能力や判断能力の欠如にも見られる。彼らは弁護士や学者が先生と呼ばれることに関して、「気持ち悪い」と審判できない。さらに、彼らはその気持ち悪さを悪いと判断できない。

これは日本人の弁護士や学者が互いを先生と呼び合ってることに気持ち悪さにも通じる。彼らは気持ち悪い状態を気持ち悪いと審判できないし、その気持ち悪いさを悪いと判断できない。さらに、彼らはその判断を肉体の操縦に結びつけて、問題を解決できない。

弁護士も法律家も学者も白人によって作られた

 先生という呼称の問題はその歴史にも関係する。日本人の学者や政治家や弁護士は白人気分を味わい、白人気取りになりたいように見える。彼らが先生と呼ばれる時、彼らは白人になった気分を味わえる。

日本人の学者や弁護士や政治家は白人を神とする白人橋であり、彼らは白人様の意志を読み取り、日本人に伝えるイタコ(司祭)である。彼らを先生と呼ぶことの気持ち悪さは白人やその中間種を先生と呼ぶことににている。

お金の問題

 アメリカ先住民は未開であったので、彼らはお金の概念を持ってこなかった。日本人の学者は彼らと同じモンゴロイド人種であり、彼らもまたお金の概念を認識できない。日本人の日本国民は彼らの契約相手であり、部下でない。

日本人の日本国民は単なる不良債権を先生と呼ぶので、日本人の学者は勘違いしてきた。その結果、彼らはノーベル賞を取ってやってんだから、もっと研究費をよこせという勘違いまでしてしまった。契約相手が望むことは彼らがノーベル賞を取得することでなく、借りたお金をきちんと返すこと、そして損害を契約相手に与えないことである。

心理

王子様ごっこやお姫様ごっこ〜キャバクラ〜

 日本人の弁護士や学者は彼らの職業に承認欲求やちやほやを求めてきた。だから、彼らは先生呼ばわりをやめられない。彼らは彼らを先生と互いに呼び合う時、彼らはえらくなった気分、王子様気分やお姫様気分、キャリアウーマン気分を味わえる。

日本人の弁護士や学者が互いを先生と呼ぶことはキャバクラに等しい。彼らは公私を区別できないので、彼らは公開キャバクラを日本人に見せつけている。日本人はかれらを君の悪いオブジェクトとみなす。

日本人の弁護士や学者の行為は公開された赤ちゃんプレイや幼児プレイと同じである。

白人様
白人様

 互いに先生とおだてあって、いい気持ちになりたい。外部の人間はそれを気持ち悪いと審判する。

ご褒美

 日本人の学者や弁護士はお金や先生という呼称を「頑張ったご褒美」であると錯覚する。要するに、彼らはいままで勉強や研究を頑張ってきたのだから、彼らは先生と呼ばれて当然、お金をもらえて当然であると錯覚する。

その結果〜能力の欠如

 先生は白人の業績に関する高い運用能力を持つ。しかし、彼らが白人と対峙して自己紹介するとき、彼らの無能さがあきらかになる。彼らは彼ら自身のことを彼ら自身で解決できない。

喜劇的にも、弁護士や学者は先生と呼ばれて勘違いしているので、彼らは彼らの無能さすら認識できない。彼らは国民を愚民と勘違いしてる。実際、日本人の平均程度は世界で優秀であるので、日本国のダメな部分はエリート(笑)にある。

白人は日本人の中流層は優秀であるといってきたが、その発言の意図は日本人の学者や弁護士や政治家が馬鹿であるである。しかし、勘違いした弁護士や学者は白人の発言の意図すら認識できない。

法律家の無能さ

 日本人の弁護士を見ると、俺らは彼らの無能さに驚く。彼らは彼ら自身の身を守る法制度すら作成できない。日本人の弁護士は日本人に不利な法律ばかりを作成する。

日本人の弁護士は法律を呪文か何かであると錯覚している。彼らは契約や約束の意味を認識できないので、彼らは法律を引用すれば、日本人はそれに従ってうごくと期待する。さらに、彼らは罪の意味を認識できないので、キリスト教徒でない日本人を殺人罪で罰しようとする。

日本人の弁護士はこの宗教的侮辱を認識できない。彼らは仏教徒を罪の概念で裁くことの意味すら認識できない。人権や男女平等という概念ですらキリスト教由来であるが、日本人の学者や弁護士はそれすら認識できない。彼らは廃仏毀釈の意味すら認識できない。

 実際、日本の法律はザルであるが、日本人の弁護士も学者気取りも弁護士気分や学者気分を味わっているだけである。彼らは現実の問題に対して完全に無力である。例えば、同和や外国人の横暴、大学組織、朝鮮人の横暴や背のり行為、女に有利な制度(レディーファーストやレディースデイ、女性の親権)、外国人労働者などがそれである。

日本人の弁護士や学者は無能すぎて、日本国民を危険にさらしている。彼らは先生でなく切支丹大名やからゆきさんを作った女衒に等しい。彼らは日本神話に登場する村人、彼らは彼らの娘をヤマタノオロチ(外国人の隠喩)に生贄として捧げた。

日本人の弁護士は損害を日本人の日本国民に与え、彼らは日本人を不利な立場においてきた。にも関わらず、彼らは政府(国家)からの免許で保護されている。

学者の不良債権化

 学者の大部分は不良債権であり、損害を契約相手に与えている。しかし、彼らはそれすら認識できない。学者は損害と賠償すら認識できないので、彼らは人類の役に立ってる気分を味わいたいだけである。

解決案

先生呼ばわりをやめる

 日本人側も弁護士や学者や政治家を先生と呼ぶことをやめる。「さん」づけで良い。日本人が彼らを先生と呼ぶから、彼らは勘違いする。

善悪の判断を表現させる

 先生という卑しい呼称の問題は昔から指摘されてきた。しかし、弁護士や先生は先生という呼称に対する善悪の判断を下さないので、この問題はいつまでも解決しない。批判に関して、日本人の弁護士や学者や政治家は「説明」で返答しようとする。

 先生呼ばわりは良いのか悪いのか?

彼らは上記の質問に答えるべき。しかし、彼らは上記の質問に回答できないだろう。なぜなら、善悪の判断を問う質問に関して、彼らは不安を感じる。

幕藩体制や身分制度

 俺が弁護士や学者や政治家を見るとき、俺は身分制度を復活させるべきであると感じる。身分制度が存在しないとき、人間は権威を求めて延々に争う。結局、身分制度が存在しなからこそ、彼らは単なる職業や博士号に「実質的身分」を求める。

さらに悪いことに、学者や弁護士は身分を求めるが、その身分に伴う義務や責任を果たそうとしない。彼らは「ちやほや」や「承認欲求」ばかりを渇望する。この様子はまるでフィリピン人や日本人女性が白人の夫や白人ハーフの子供を求めて争う様子ににている。

白人や白人との中間種はアジア地域で歴史的に加害者であり、被害者でない。しかし、この種の人間はアジア人からのちやほやを求めるので、加害者としての歴史的義務や責任を果たそうとしない。上記の弁護士や学者は彼女らやそお子供達ににている。

あの~どうして弁護士は「先生」なのでしょうか?
法律事務所で事務員として働き始めて一年の者です。 業務内容には、やりがいを感じるので、このまま事務職員として働き続けたいのですが、法律事務職員というより、秘書、...
弁護士の方をなぜ『先生』と呼ぶのですか?ウィキで調べたところ、一般的な教育者や政治家、小説家、法律家、医師、いわゆる専門家、その他の有資格者、専門性の高い職...
弁護士の方をなぜ『先生』と呼ぶのですか?ウィキで調べたところ、一般的な教育者や政治家、小説家、法律家、医師、いわゆる専門家、その他の有資格者、専門性の高い職業(研究者や美容師など)とありました。過去の質問でもあるように、職場のトラブルで友人から弁護士の方を紹介していただける事になりました。まだ 面識はないのですが、近々...
タイトルとURLをコピーしました