日本人(東洋人)が三段論法や論理や証明を発見できなかった原因と理由

対象
https://www.youtube.com/watch?v=xKWm-zPHnrw terrence taoの幼少期らしい
広告

 論理学の発見の大部分はコーカサス人種由来である。しかし、東洋人の知的能力は劣等でない。にも関わらず、彼らは簡単な論理法則すら発見できなかった。

その原因と理由とは何であるか。ここで、俺はそれについて述べる。上記の画像は数学者:テレンス・タオの幼少期である。彼ですら論理法則を発見できなかった。

テレンス・タオは天才と呼ばれてきたけれども、彼の業績はアリストテレスのようには残らないだろう。一方、孔子の業績は不変的であるだろう。

広告

原因

 原因1:東洋人は推論行為それ自体を苦手とする→推論してこなかった→その結果、推論に必要な道具(論理)を開発する必要が生まれなかった。

 原因2:東洋人は彼ら自身の脳みそを人工的に操縦することを苦手とする。もし彼らが何かを発見できないならば、人工的な操縦の欠如がその原因である。

推論行為が苦手

 東洋人は推論行為を苦手とする。東洋人は記憶行為や引用行為を得意とするが、彼らは推論行為を苦手とする。もっと言うと、東洋人は推論を彼ら自身の脳みそを使ってしてきていない。

日常的には、論理は真理を与えるのでなく、推論のための道具である。つまり、材料が資料(情報)であると仮定すると、論理は調理器具である。推論をしないとは料理をしないことであるので、そもそも推論それ自体が発達してこなかった。

記憶行為と引用行為と推論行為は走る行為、飛ぶ行為、しゃがむ行為くらい互いに異なる。

自由意志

 日本人の学者気取りは彼ら自身の脳みそを人工的に操縦することを軽視する。科学的発見は棚から牡丹餅でなく、人工的に行う。例えば、瞬きには、無意識的なものと意識的なものが存在する。

後者は意志による人工的な肉体操縦であり、前者は科学的な現象である。あるいは、車体の運動でも同じである。車体の運動には自動的な運動と意識的な運動が存在するだろう。

新発見とは、人工的な肉体操縦から導かれる。

理由

 理由1:善悪の判断を下せないので、彼らは論理的であることが良いかを判断できない。彼らはいつまでも論理的であろうとしないので、論理が発達しない。

 理由2:論理は正当化のための道具であるが、彼らは彼ら自身の発言を正当化しようとしない。その結果、彼らは論理の必要性を審判できないので、論理が発達しない。

善悪の判断の欠如

 東洋人が論理や証明を発見できなかった理由とは彼らが善悪の判断を下せないことである。その結果、彼らは証明することが良いか、論理的であることが良いかをコドバで表現しない。彼らは論理の素晴らしさや歴史を引用して披露する。

しかし、彼らは論理的であることがなぜ良いかを表現しない。上記でも述べたが、日本人の学者気取りの発言は引用行為や記憶行為であり、審判行為や判断行為、そして推論行為でない。しかし、日本人の学者気取りは学者と呼ばれてきたけれども、彼らは審判行為や推論行為、そして判断行為を行えない。

具体例として、大学組織と文部科学省の関係が存在する。日本人の学者気取りは文部科学省が悪いとも悪くないとも言わない。しかし、彼らは「だって、文部科学省が〜だったんだもん」と引用や実況する。この本音とは、日本人の学者気取りは日本人が文部科学省を悪いと思って欲しいと期待するである。

正当化の欠如

 日本人の学者気取りは彼ら自身の発言を正当化しようとしない。例えば、物質的世界には、男女公平が良いか、男女平等が良いかが存在しない。だから、人間は男女平等を正当化しなければいけない。

西洋社会では、その正当性はキリスト教における神の下では皆平等であるによって正当化される。しかし、聖書の引用だけでは、不十分であるので、白人は聖書の発言を論理によって正当化してきた。

この種の考えは男女平等だけでなく、その他の善悪の判断や人生の目的にも応用される。要するに、物資的世界には善悪の判断が存在しないので、人間はそれを人工的に創造しなければいけない。しかし、そのとき、公平と平等を巡って、お家騒動が生じるので、人間(白人)は平等を聖書+論理で正当化しなかればいけなかった。

宗教とそれが与える社会性の欠如

 社会性と論理は密接に関係する。なぜなら、人間が自分の意見を正当化する時、人間は論理を使用する。

社会が形成される時、会話行為に関する取り決めが生じる。その帰結として、自己の意見を正当化するための論理が発達する。そして、その社会は宗教によって形成される。

しかし、東洋人は彼ら自身の宗教を持たないので、彼らは会話行為に関する取り決めを彼ら自身で決定できない。会話行為が決定されないので、会話の一種である論理も発達してこなかった。

タイトルとURLをコピーしました