サンドラ・ヘフェリンの本音と民主主義の終わり〜二重国籍と国民国家と言論の自由

これは「サンドラ・フェヘリン」の続きである。

 俺がサンドラ・ヘフェリンを見るとき、民主主義はもう寿命であると感じる。俺はこんな人間のために民主主義も国民国家を維持したいと思わない。

サンドラ・ヘフェリンの本音は私怨

 サンドラ・ヘフェリンは日本人を執拗に侮辱してきた。彼女は日本人や日本国が不利になるような発言ばかりを繰り返してきた。その本音は以下である。

アジア人であるのが嫌なので、日本人に復讐

 サンドラ・ヘフェリンは半分アジア人であることを嫌がってる。だから、彼女は私怨で日本人を侮辱してきた。彼女は白人に媚を売ってヘラヘラするが、日本人には高慢で説教しようとする。

日本人に死んで欲しい、抹殺したい

 サンドラ・ヘフェリンは日本人に死んで欲しいと感じてきた。サンドラ・ヘフェリンは日本人を混血させて、彼女自身と同じ苦しみを味あわせてやりたいと感じてきた。悪いのは彼女の両親であり、日本人でない。

どうせ死ぬので、どうでも良い

 サンドラ・ヘフェリンは中間種であり、彼女は過去も未来も持っていない。だから、彼女は日本人を道連れにしたい。日本国をハチャメチャにしたい。

サンドラ・ヘフェリンは誰か?

ナンバープレートをつけずに走る団地の日本人か?

 サンドラ・ヘフェリンは人種や民族や国籍も明らかにせずに、政治的発言や社会的発言を繰り返してきた。彼女の行為は公道をナンバープレートをつけずに、走るようなものである。彼女は批判されたくないので、一方的に批判したいので、

ドイツ出身という単語の本音

 サンドラ・ヘフェリンはドイツ出身という奇妙な単語を使用してきた。この意図は批判されない立場や歴史的義務や責任を負わない立場に自分を置きたい。でも、彼女は日本人のみを批判したい。

歴史的義務や責任を負う単位が設定されない

 サンドラ・ヘフェリンはハーフという単語を好んできた。なぜなら、彼女は批判されない立場や歴史的義務や責任を負わない立場に自分を置きたい。でも、彼女は日本人のみを批判したいからである。

二重国籍が欲しい理由

逃げ道を用意したい

 サンドラ・ヘフェリンは国籍を何重にも持って、逃げ道を自分だけ用意したい。たとえ日本国や日本人がうまくいかなくなっても、彼女は日本列島から逃げて、別の国へと逃げる。そして、また平等な権利を行使したい。

人間社会の維持や負担を押し付けたい

 サンドラ・ヘフェリンは人間社会の維持や負担を日本人やドイツ人に押し付けたい。この行為は他者の奴隷化や家畜化である。

歴史的義務や責任を回避したい

 サンドラ・ヘフェリンが何重にも国籍を持つとき、彼女は常に被害者の立場を獲得できる。また、彼女は責任を何重にも追う必要がない。さらに、彼女は濃くs系を使い分けて、責任や批判を回避できる。

タイトルとURLをコピーしました