過去及び信頼と未来及び信用

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 この信仰では、君は過去及び信頼を未来及び信用よりも優先する。白人種は彼ら自身の文明を持たないので、彼らは未来及び信用や論理及び宗教を優先してきた。以下では、俺は離散者や転校生や遊牧民の例をあげながら、なぜ過去及び信頼が重要であるかについて述べよう。

以下の考えは「にわか株主」に対する違和感にも通じるだろう。白人種は過去や先祖の信頼を軽視するので、東洋人との衝突が絶えない。白人は視界と世界を区別できないので、彼らは過去を認識できないし、彼らは先祖すら存在しない。

だから、白人は近代において多くの人間を虐殺してきたのに、白人は黒人と同じ国家で自由意志を発現させようとするし、彼らが有色人種の国家の国籍を取得した後、平等な権利を主張しようとする。たとえ彼らがその新たな国家を破壊するとしても、彼らは別の国家へと行って、また平等な権利を主張する。

 当然、この種の行為は彼らのキリスト教にも関係する。彼らは告白や懺悔や贖罪をした後、罪が洗い流されると解釈するらしい。その結果、彼らは彼らの過去と頻繁に断絶して、予防を怠り、また同じ間違いを繰り返してきた。

この信仰では、俺は彼らの行為に関して強烈な違和感を覚える。だから、白人の問題を解決するために、以下の案を提示する。この信仰の信仰者は以下の行為に従って、ものごとを考えるべし。

転校生の不公平な行為と文明の衝突

 東洋人の習性:東洋人は過去と過去における信頼を未来及び信用や宗教よりも重視する。

 具体例:白人が日本国籍を取得した後、その白人は平等な権利を主張する。この時、日本人は平等に関する奇妙な違和感を抱く。その正体とは「過去の欠如」と「不自然さ」である。

日本人の先祖は日本列島を長い間維持してきた。しかし、白人種の先祖は日本列島を維持してこなかった。にもかかわらず、白人は日本人と同じ平等な権利を持っている。

しかし、白人は未来における信用や契約を主張して、彼らは日本国憲法やきちんとした契約に従って動くと主張する。実際、白人は契約をきちんと守るけれども、、、。

なぜ日本人(東洋人)は白人のこの行為に関して違和感を抱くのか?

 その回答は過去の欠如である。つまり、東洋人は過去における白人の信頼を見ている。東洋人は白人は平等な権利を主張する前に、日本人や東洋人と同じだけ義務を果たした後、平等な権利を主張しろと要求する。白人は過去における信頼を形成せずに、平等な権利を主張しようとする。

だから、東洋人は違和感、つまり不公平性と先祖の欠如を感じる。例えば、半月ごとに転校するような転校生がクラスの重要な決定権を握る。それに対して、転校しない人間は違和感、クラスを維持してきた義務の欠如と不公平性、そして後始末の能力など、を抱く。

上記の話をまとめると、次のようになる。

 過去と信頼 

 不公平性:先祖が義務や社会を維持する義務を果たしてきていないのに、転校生が平等な権利を持っている。この状態は不公平である。

 先祖の欠如:転校生は先祖を認識できないので、先祖の義務を認識できない。その結果、転校生は過去における信頼という概念を持っていない。

 負担と奴隷化:不公平性にもつながるが、先祖が社会を維持してきてないのに、平等な権利を持つ。この状態は先祖が社会を維持してきた人間に対する負担である。負担は損害である。

 権利の強奪:東洋人は先祖が育ててきた作物や土地を強奪される気分を味わう。

 

 未来における問題点

 後始末能力の欠如:転校生はすぐに転校するだろうので、彼は彼の行為の後始末をつけることができないだろう。

 先祖の欠如と陰陽:先祖の欠如は陰である。

 不公平性と陰陽:不公平性は陰である。

 解決案は次である。

 早打ちマック:早打ちマックとは後始末能力及びその意志を持たない人間である。

 過去後始末者:過去後始末者とは、過去に後始末をしてきた人間である。

 未来後始末者:未来後始末者者とは、後始末をつける能力とその意志を持つ人間である。

 二重信頼法:二重信頼法とは、過去後始末者と未来後始末者のみが信頼される取り決めである。権利は二重信頼法を通過した後に獲得する。

タイトルとURLをコピーしました