在日朝鮮人の通名制度と日本の法律と弁護士及び法学者の問題

 俺が在日朝鮮人の通名制度を見る時、日本の法律と弁護士及び法学者の無能さを知った。彼らは現実の問題に対処できない。彼らは白人が問題を解決するまで何もできない。

在日朝鮮人の通名制度とは

 通名制度:通名制度とは朝鮮人が日本人の名前と朝鮮人の名前を使い分ける制度である。

 通名制度は車のナンバープレートを都合よく使い分けることに似ている。朝鮮人は都合よく日本名と朝鮮名を使い分けて、彼ら自身を批判されない立場に置こうとする。彼らは拉致問題に関して批判されそうになると、彼らは彼ら自身を日本人と呼んで批判をかわそうとする。

日本の法律のごみっぷりとザルさ

 日本の法律の問題:日本の法律は日本人を守る何かでない。

 日本の法律はまったく機能していない。通名制度が許されると、日本人は朝鮮人と歴史的な話を交わせないし、朝鮮人が違法行為に手を染めるとき、それが日本国民でなく、日本人のせいになる。通名制度は民則的な損害を日本人に与えている。

キリスト教徒の白人が犯罪行為に手を染めるとき、ユダヤ教徒やイスラム教徒の名前を名乗るとき、厳しく批判される。同様に、朝鮮人が日本名を名乗るとき、その行為は厳しく批判されるべきである。しかし、日本の法律はこんな簡単な問題すら解決できない。

日本人の弁護士や法学者の問題点

 日本人の弁護士の問題点:日本人の弁護士や学者気取りは外国人との対峙を恐れる。でも、日本人には偉そう。

 日本人の弁護士も法律も「国際的対峙能力」を持っていない。彼らは外国人との対峙を恐れるので、彼らは外国人の機嫌を損ねないような法律を制定しようとする。その結果、彼らは日本人が不利になるような法律を制定する(政治家も含む)。

さらに、日本人の弁護士や学者は宗教や文明を認識できない。彼らは法律を真理や呪文か何かであると考えている。無宗教の東洋人は法律を単なる取り決めと認識する。

実際、日本人の弁護士や法律か、学者は国際問題に何も役にたたない。なぜなら、彼らは白人との対峙を恐れるので、彼らは彼ら自身の意見を一切言おうとしない。

 法律は役に立たない!いらない!

白人様
白人様

 言い返さないと、対策を取らないと不利益を被るのは当然である。しかし、日本人の学者や弁護士は白人や朝鮮人にびびって、通名制度すら廃止できない。

伏犠(藤崎版)
伏犠(藤崎版)

 ほんとに情けなくて、あきれさせられる。彼らは合気道の達人:柳龍拳と同じである。

タイトルとURLをコピーしました