職業と義務

俺らの信仰
家紋 wikipedia

 この信仰では、君は職業を以下のように認識する。一般的に、何が職業であるかは当然であるように見える。しかし、日本人の学者気取りや弁護士や日本人女性、特に女医をみればわかるように、彼らは職業を認識できない。

彼らは職業を身分か何かであると錯覚する。その結果、女医をみればわかるように、彼女らは「女性が働きやすい環境」を叫ぶ。この発言の本音とは男性(政府)が女性が働きやすい環境を作って欲しいである。

女性は女医ですら職業を認識できなし、女性は社会性を認識できない。女医の環境は女医が作るべきであり、女医の義務は職業義務を果たすことである。しかし、彼女らは男性が労働環境も組織をも作ってもらって、それを維持して欲しいと無言で期待する。

 職業:職業とは労働の義務である。それは身分でない。

 労働:労働とは相互的な認識及び合意に基づき、かつ生計をたてるための行為である。

 ここでは、仕事と労働を区別しない。

 職ボケ:職ボケとは職業を認識できないホモ・サピエンスである。

 具体例:日本人の学者気取り。高慢な女医。弁護士や政治家。この種の動物は義務を認識できないので、なぜか日本人や日本国にやってもらおうとする。その証拠として、バカな女医気取りや学者気取りは「女性がはたらきやすい環境」と叫ぶ。

男性は自分の職場くらいを自分で作れよと突っ込みたい。

 陰陽:職ボケは陰である。

 分岐大原則はこれを正当化する。物質や動物は義務を認識できない(実際の状態)。分岐は陽であるので、君は君の肉体を動物から分岐するように操縦する。

タイトルとURLをコピーしました