東洋人(日本人)が西洋近代科学を発見できなかった原因と理由

歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/アイザック・ニュートン
広告

 東洋人が近代科学を発展させれなかったのは東洋人に原因と理由が存在する。

広告

不安に弱い→現実を歪める

 事実:東洋人は不安を感じる時、彼らは不安に弱いので、現実を歪めるようにして話す。この結果、彼らは現実を適切に表現できてこなかった。

税金は布施でない

 上記の日本人は天才物理学者であるらしい。しかし、彼もまた無自覚的に嘘を繰り返してきた。税金は布施でなく、借りている!お金である。

立川はお金を返す義務を嫌う。なぜなら、義務は不安を立川に与える。その結果、彼はお金を借りる行為を布施と嘘をつく。この行為はほぼ無自覚的に行われる。

人類でなく、白人男性

 日本人の学者気取りは人類は科学を発展させてきたと繰り返してきた。しかし、科学を発展させてきたのは白人男性である。日本人がその事実と向き合う時、日本人は不安を感じるので、彼らは人類という単語を繰り返す。

同意や共感

 日本人の学者気取りは同意や共感を求める話し方を好む。そして、同意や共感が得られた時点で、彼らは現実を放棄する。

例えば、日本人の学者気取りは雑用のために研究できてこなかったと弱者打ってお金を踏み倒そうとする。要するに、契約相手が彼らに同情して、「しょうがないですね」といって欲しい。

日本人女性は白人ハーフの子供を産んで、自慢したい。それを日本人と呼ぶことによって、彼女らは日本人がイケメンになった気分を味わいたい。さらに、彼女らは歴史的な義務や責任を負いたくないので、白人ハーフの子供を「日本人」と呼ぶ。

 異人種や中間種は日本列島の先住権を大陸東洋人に対して主張できないが、女性は現実よりも彼女ら自身の不安を優先するので、彼らは日本人男性が白人ハーフを日本人と認めてくれると安心する。日本人とは東洋人の一派であるが、女性は現実に興味を持たない目くらである。

東洋人の大部分も現実に興味をもってこなかった。その結果、彼らは近代科学を発展させれなかった。日本人の学者気取りは不安を過度に恐れて、安心感を求めて話す。

善悪の判断の欠如→非論理性と非計算性

 事実:東洋人は高い数理能力や計算能力を持つが、善悪の判断を下せない。その結果、彼らは論理的であることや計算することが良いか悪いかを判断できてこなかった。彼らは不安を感じると、論理や計算を排除しようとする。

非論理性(二重国籍)

 日本人の学者気取りの非論理性は二重国籍や政治問題で発揮される。彼らは人間は皆平等であると言った後に、二重国籍が欲しい、二重国籍を認めるべきと言ってしまう。たとえ俺が彼らを機会不平等に関する発言に関して批判するとしても、彼らはごねてそれを認めようとしない。

なぜなら、日本人の学者気取りはそもそも論理的であろうとしない。なぜなら、彼らは論理的であることが良いか悪いかを判断できない。彼らは不安を恐れ、白人と同じじゃないと嫌であるという子供じみた精神で生きてきた。

彼らにとって我欲や動物的衝動が彼らの世界の全てであり、そこに善悪の判断や理性は存在しない。

非計算性(科学はいつ役に立つ)

 契約相手は科学はいつ役に立つかと尋ねてきた。その行為に対して、日本人の学者気取りはいつか役に立つと返答した後、彼らはファラデーの発言を引用した。しかし、彼らはいつ役に立つのかを計算しようとしてこなかった。

ケプラーやアリストテレスやニュートン

 ケプラーやアリストテレスやニュートンの才能は資料の採取や論理的であることや証明することを良い・善と判断したことである。だから、彼らは惑星に関する資料や論理に関する研究や証明を実行した。歴史も数理情報の製造も善悪の判断から始まる

約束や契約の概念の欠如→定義能力や言語能力の欠如

 東洋人は約束や契約の概念を認識できない。そのため、彼らは単語を定義する能力や言語能力を失ってきた。

科学も数学も法律も定義もイタコや呪文

 日本人の学者気取りは学問や法に関係すると、彼らはイタコ化する。法律や定義は他者との約束や取り決めの延長であるが、彼らはその意味を把握できない。その結果、彼らは定義や法律を彼らが唱えれば相手を黙らせる何かであると錯覚する。

でたらめな言葉遣い

 日本人の学者気取りはでたらめな言葉遣いを繰り返す。その結果、彼らは始皇帝のような言葉遣い、つまり先生がイケメンといえばイケメンみたいな言葉遣いを好んできた。なぜなら、彼らは審判能力を持っていない。

例えば、彼らは学者や学問やイケメンという単語を好むが、日本人の大部分は日本人の学者を学者と認識していないし、イケメンは実際雰囲気イケメンである。

取り決めを作成する能力が低い

 日本人の学者気取りは単語や言語や文法をある種の取り決めと認識できない。その結果、彼らは単語の定義や数式や文法を作成する能力をもってことなかった。彼らは単語や文法を取り決めと認識できないので、彼らの発する言葉はとにかく言いっぱなしである。

意志の欠如

 東洋人は意志薄弱であり、計算や論理や実験を実行する意志や意欲に欠けてきた。近代科学の発展は実験の実行でもある。実験の実行行為には、人間の意志が関係する。

計算の実行

 日本人の学者気取りは計算しない。彼らは科学や数学はいつか役に立つだろうと言ってきた。その後、彼らは過去の歴史に関する知識を披露した。

計算の実行という行為は人間の意志に関係してきた。彼らは彼らの不安のために、彼らは計算を彼らの意志で実行してこなかった。その結果、計算に関する見識が広がらなかった。

論理の実行

 日本人の学者気取りは論理的でない。なぜなら、彼らは論理という推論を彼ら自身の意志で実行してこなかった。その結果、彼らは推論という行為に関する見識を広げることができなかった。

実験の実現

 日本人の学者気取りは豊富な知識を持つが、実験を怠ってきた。なぜなら、彼らは実験を実行するという意志を持ってこなかった。実験という行為は自然現象でないので、その行為は人間の意志による。

会話できない(意思疎通能力の欠如)

 東洋人、特に日本人の学者気取りは会話できない。特に、彼らは善悪の判断に関する会話をかわせない。なぜなら、善悪の判断は彼らに不安を与える。その結果、彼らは論理的であることが良いか悪いかを判断できてこなかった。

引用や記憶

 日本人の学者気取りは引用行為や記憶行為ばかりを繰り返す。彼らは実況ばかりを繰り返す。引用や記憶や実況行為からは科学や数学は生まれない。

彼らは審判行為や判断行為を行わないので、彼らは何も発見できない。

騒ぐ、叫ぶ、ヒステリ

 日本人の科学者気取りは不安を感じると、彼らは騒き叫び、ヒステリを引き起こす。彼らは契約相手をヒトラーやスターリンと呼んで侮辱する。

例えば、俺が論理に関する善悪の判断を質問するとしても、彼らは善悪の判断に不安を感じてヒステリを起こす。その結果、俺は彼らと会話できない。そのため、彼らは彼らの非論理性を修正できない。

社会性や組織性の欠如

 科学事業それ自体は社会的事業である。しかし、東洋人はばらばらであり、狩猟民族的であってきた。その結果、東洋人は科学事業を起こす組織を作れなかった。

借りたお金を返さない

 日本人の学者気取りは借りたお金を返さない。そのとき、人々はお金を彼らのために貸そうとしない。なぜなら、彼らは信用を失ってきた。

法律の欠如

 日本人の学者気取りは法律の概念を認識できない。法は人間の行為を適切に設計する。この設計は日本人の学者気取りにとって難関であった。

その結果、科学事業は発展してこなかった。

宗教や文明の欠如

 日本人の学者気取りは宗教や文明を持っていないので、思考の基盤を持ってない。宗教や文明はOSであり、肉体(遺伝的優秀さ)はハードである。たとえハードが存在するとしても、OSが存在しないので、彼らの肉体は機能してこなかった。

遺伝的原因

幼児性

 幼児的であることは善悪の判断を下せないことである。幼児は論理や計算が良いか悪いかを判断できない。同様に、日本人の学者気取りはその幼児性のために、論理や計算の善悪を判断できてこなかった。

審判能力

 日本人の審判能力は低い。その結果、日本人の学者気取りは合気道の達人になりやすい。合気道の達人は現実に興味を持たないので、彼は科学的発見を達成できない。

同様に、日本人の学者気取りも審判能力の欠如のために、科学的業績を達成できなかった。

判断能力

 日本人の学者気取りは判断能力を持たない。その結果、彼らは論理が良いか悪いかを判断できてこなかった。そのため、彼らは論理に関する基本的な発見を達成できてこなかった。

タイトルとURLをコピーしました