ユダヤ教徒の白人の米国民は米国を支配できるか、または支配しているか?

 米国では、ユダヤ教徒の白人は大きな影響力を持っている。これは陰謀論でもなく、単なる事実である。彼らは東南アジアにおける華僑や印僑に似ている。では、彼らは米国を支配できるだろうか?

俺の回答はいいえである。

ただし、彼らは努力家であるので、大きな影響力は持ち続けるだろう。以下では、なぜユダヤ教徒の白人は米国を支配できないかについて述べる。

1:統治の経験不足と維持の軽視

 ユダヤ教徒の白人は商業や金融に長けているが、統治能力や軍事能力に長けていない。また、彼らの国家概念は希薄であり、彼らは国家を運営することを苦手としているように思える。

歴史的に、ユダヤ教徒の白人は土地の所有や国家運営に関係することを禁じられていたはずなので、彼らはその経験を持っていない。その代わり、彼らは金融に関する経験を持っている。

キリスト教徒の白人の一部はソ連やボリシェヴィキにおけるユダヤ教徒の白人を批判してきた。ソ連の悲劇はユダヤ教徒の白人の陰謀よりもむしろ彼らの統治能力の不足であるように思える。簡単に言うと、彼らは人間社会を統治する才能を持っていないので、ソ連は失敗した。

 上記の事実は華僑や印僑を見れば、君はそれを容易に理解するだろう。華僑や印僑は商売上手であるが、彼らは東南アジアを富ませていないように思える。商売の才能は統治の才能や国家の繁栄とは無関係であるように思える。

さらに、ユダヤ教徒の白人は人間社会を維持することを苦手とするように思える。この点、彼らはドイツ人に少し似ている。商業は生産や交換活動であり、商業や金融は維持活動でない。彼らは、長い間、商業や金融に関係してきたので、維持活動を苦手とする。

その結果、彼らは米国で影響力を持ちすぎると、米国という国家の維持がおろそかになって、崩壊するだろう。もともと、白人の米国民は国家や社会の維持を苦手とするけれども。人間社会の統治には、維持行為の重要性は忘れ去られるべきでない。

2:大局的自立の欠如と対峙能力の欠如

 ユダヤ教徒の白人は大局的に自立できない。また、彼らは非常に臆病であり、他者との対峙を嫌がってるように見える。その結果、彼らは統治能力を喪失してきた。

キリスト教徒の白人が組織や国家を作った後、ユダヤ教徒の白人がそこに入ってきて、商売や金融や流通に関係する。西洋の歴史はこんな感じである。

俺の印象によると、キリスト教徒の白人は大局的に自立できて、他者との対峙能力を持つ。しかし、ユダヤ教徒の白人は大局的自立能力を持たない。その代わり、もしユダヤ教徒の白人がキリスト教徒の白人社会に関係しないならば、キリスト教徒の白人社会は金融や流通面でおそろしく縮小して、世界覇権を一発で失うだろう。

3:軍事的に弱く、どこか頼りない。

 無宗教の東洋人から見ると、ユダヤ教徒の白人は軍事的に弱く、どこか頼りない。彼らは米国の支配者や統治者には向いていないように思える。どんなに頭が良くお金を持っていても、もし彼らが弱いならば、東洋人は彼らを統治者と認識できない。

近代から現代は白人種の圧倒的暴力によって、世界が破壊されてきた。だから、有色人種は軍事力の重要性を認識してきた。

また、ユダヤ教徒の白人は批判されると、もろく、被害者として振る舞い、彼らは反セム主義と相手と批判して、批判の矛先を下げてもらおうとしている。この様子もまたある種の頼りなさを東洋人に印象付けている。

おまけ:キリスト教徒の白人の慈悲に依存している

 ユダヤ教徒の白人が殺されないのは、キリスト教徒の白人の慈悲深さのおかげである。彼らはキリスト教徒の白人の慈悲に依存している。他人の慈悲や優しさや善悪に依存した集団は世界を支配できないように見える。

結局、無宗教の東洋人はキリスト教徒の白人に依存できない。彼らは俺らを虐殺するかもしれない。日々、東洋人はこの種の恐怖と戦ってきた。

東洋人はキリスト教徒の白人の慈悲や優しさや善悪に依存できない。しかし、この事実は裏を返せば、東洋人は世界を支配する能力を持っている。

タイトルとURLをコピーしました