意味付け行為と一致行為

俺らの宗教(主体)
鹿鳴館 wikipedia
広告

 過去の状態と行為:日本人の学者気取りは物事の意味を認識できてこなかった。そのため、彼らは鹿鳴館における振る舞い(白人気取りや白人ごっこ)を今でも繰り返してきた。日本人の学者気取りの大部分は意味を認識できないので、彼らは風刺画を読めてこなかった。

日本人の学者気取りは彼ら自身を白人でなく東洋人であるといまいち認識できてこなかった。その結果、彼らはアメリカ先住民の国家概念の希薄さや外交や政治概念のなさを学んでこなかった。

たとえ俺が清王朝における外交の希薄さについて述べるとしても、日本人の学者気取りはその事実を自己の外交概念の欠如に結合させれなかった。彼らはその事実を傍観して聞いて終わった。その結果、日本人の学者気取りは国家概念も外交概念も持ってこなかった。

 この状態の原因はおそらく日本人の学者気取りの知的欠陥、つまり意味付け行為の欠如と一致行為(identify)の欠如であるように思える。そこで、この信仰では、君は二つの行為を重視する。正当化は分岐大原則による。

 意味付け行為:意味付け行為とは対象に意味をつける、または関連づける行為である。

この意味付け行為は人間の意志で人為的に引き起こす。日本人の学者気取りは意志薄弱であるので、風刺画の意味を読み取れないように思える。

日本人の学者気取りは多様性を意味付けできないので、彼らは多様性を賛美するなと注意されても、ぼーっとしている。

 一致行為:一致行為とは対象を他の対象に一致させる行為である。特に、ある対象を自己に一致させるとき、君はそれを自己一致行為と呼ぶ。

日本人の大学教員気取りは日本人やアメリカモンゴロイド人種が侮辱されても、ぼーっと傍観している。なぜなら、彼らは日本人やモンゴロイド人を彼ら自身(自己)に一致させれない。

また、21世紀の現在でもイヌイットがカナダで虐殺されるとしても、彼らは何も反応しない。彼らはイヌイットを彼ら自身と一致させれないように見える。これは彼らの知的能力の欠陥性である。

タイトルとURLをコピーしました